1. TOP
  2. トカゲの尾切り(自切)

トカゲの尾切り(自切)

 2018/06/28 この記事は約 2 分で読めます。 383 Views

トカゲは尾を自分で切断します

概要

一部のトカゲでは尾を自ら切ることができるため、自切と呼ばれれています。トカゲは天敵に捕まえられると、自分で尾をちぎって逃げる話は有名ですよね。切れた尾はしばらくの間はくねくねと動き、天敵の注意を引きつけている間にトカゲは逃走します。これは尾の骨には自切面という箇所があり、切れやすい構造になっているのです。切断面は筋肉が収縮して出血も最小限になります。イグアナ、トカゲモドキ、デグー、カナヘビ、ヤモリは自切をしますが、カメレオン、アガマ、ドクトカゲ、モニターは自切はしません。

グリーンイグアナ                                              

 

切断部位      

切れた後

自切後に生えてくる尾は再生尾(偽尾)と呼ばれ、再生尾には元の色や模様がみられず、暗褐色の細かい鱗で覆われていることが多いです。再生尾の骨は軟骨が伸長したもので、元の尾よりも小型で短く不格好なものになるものが多いです。                

再生尾のレントゲン写真                              再生尾

\ SNSでシェアしよう! /

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ウサギの不正咬合X線診断基準のカラー写真集(獣医師向け)

  • ウサギの腹腔内臓器の解剖のカラー写真集新発売(獣医師向け)

  • 搬入個体(爬虫類・両生類)

  • モルモットの飼育のカラー写真集(獣医師執筆+QRコード動画)

  • ウサギの骨格の解剖のカラー写真集(獣医師向け)

  • ダンボラットとファンシーラットの違い