1. TOP
  2. 1 チンチラの生態と特徴
  3. チンチラってどんな動物|知らないといけない生態と特徴!

チンチラってどんな動物|知らないといけない生態と特徴!

 2019/03/20 1 チンチラの生態と特徴 この記事は約 8 分で読めます。 1,898 Views

全てが変わっている・・・

●チンチラは南米の限られた地域にだけいる特殊なげっ歯類で、独自の進化を遂げました。体形はもちろん、生理機能も特徴的ですので、知っておかなければならない知識がたくさんあります。
●チンチラは古代から南米のアンデス固有の動物で、ペルーのインカ族やチリ北部のアタケメニョス族はチンチラを毛皮や食肉目的で捕獲していました。16世紀頃、スペイン人がインカ族を征服するまではチンチラは原住民しか知られていませんでした。スペイン人はチンチラの毛を王様へ贈り、その後1828年から毛皮の商業利用で、ヨーロッパの市場に出回るようになりました。1枚のコートを作製するのに100枚以上の毛皮を使用し、1900年代初頭では毛皮のために絶滅寸前まで乱獲されました。野生の数が激減したが、現在は政府の保護下に置かれ、ワシントン条約第Ⅰ掲載種になり、国際間の取引きは禁止されています。しかし、日本で飼われているペットのチンチラは国内繁殖なのでワシントン条約の違法にはなりません。
チンチラ毛皮

チンチラの暗黒時代!

●チリの鉱山技師のアメリカ人、マティアス・F・チャップマン(Mathisas F.Chapman)氏はチンチラに興昧を引かれ、現地でチンチラを買い取って飼育を試み、1923年にアメリカにはじめて輸出した歴史があります。しかし、飼育を始めて11年後、1934年チャップマンは亡くなりましたが、子供のレジナルド(Reginald Chapman)氏は繁殖に成功したのがペットのチンチラの始まりです。
●日本では1961年三島市の動物愛好家によって導入されたのが最初と報告されています〔富永1977〕。

チャップマンさんありがとう!

分類・生態

●チンチラというと、猫のチンチラ、ウサギにもチンチラが存在しますが、ここではネズミの仲間であるチンチラ に関して詳しく解説します。
チンチラ

猫じゃね~よ!ウサギじゃね~よ!

●チンチラはアニメ映画の「となりのトトロ」のトトロのモデルになったともいわれています。よく見ると似ていますね。

チンチラトトロ

分類

ネズミ目(げっ歯目)チンチラ科チンチラ属
●学名:Chinchilla lanigera
●英名:Chinchilla
●ペットのチンチラはオナガチンチラ(Chinchilla lanigera)といわれていますが、近縁のタンビオチンチラ(C. brevicauda)やコスチナチンチラ(C. costina)や、あるいは交雑種ともいわれ、分類学的に論議されています。これらの分類や種類は論議され、確定されていません。

分布

チリ北部
チンチラ分布地図

身体

●頭胴長:25.4~35.6cm
●尾長:15.2~20.3cm
●体重:400~600g

生態

環境
・南米大陸のアンデス山脈地帯西側に生息しています
・標高4500mの傾斜のある岩場で、寒冷(-15~-20 ℃)な乾燥地帯で〔Carpenter 1966 〕、降雨量も少ないため、エサとなる植物も少ない過酷な環境です。

チンチラのいる所は極寒の山の上!

●行動
・山の斜面の岩場などの乾燥地帯で生活をしています。
・12~100 頭の群れで生活をし、2~5の家族が岩の割れ目などの巣穴で生活しています〔Hoefer 1994〕。
・夜行性の動物で夕方から活動を始めますが、昼に活動することもあります。
●食性草食性で、草の葉や茎、根、樹皮、サボテンやコケなどの植物質を食べ、雪解け水や岩場に結露した水滴などを飲んでいます。
●寿命野生での寿命は約10 年ですが、飼育下での最長の記録は17.2 年〔Weigl 2005 〕、一部の報告では20 年以上ともいわれています〔Nowak 1999〕。

チンチラは20年以上生きる!

特徴

習性

●警戒心が強いですが、好奇心旺盛で活動的な面をもち、意志表示も明確です。
●興奮したり、嫌なことをされると、「ギーギー」、「グーグー」と甲高い声をあげることもあります。
 

チンチラはギーギーと鳴く!

●夜行性の動物ですが、意外と昼間も活動的に動きます〔Hoefer 1994〕。

身体

●耳と尾が大きく、四肢が細くて長いです。

●特に後足は前足と比べて発達しているため、大きな尾とともに跳躍に役立っています。
●尾の先端にも長くて硬い剛毛が生えており、ヒゲと同じに感覚器官です。

●耳以外は細いしなやかな2~3cmの長さの毛で被われ、1 本の毛根から約60本の細い毛が密生しています〔Walker  1975〕。厚い毛皮のコートをつくり、野生では高山にいるため、寒さに耐えています。
チンチラ毛皮  チンチラ毛皮
●皮脂からの脂性の分泌物は皮膚の乾燥を防いでいますが、毛が脂で絡まないように、砂浴びをして毛を整えています。
●ヒゲは重要な感覚器官です。触毛とも呼ばれ、岩の巣穴の中での障害物との接触、風の方向や強さなどを感じとる役目をしています。
チンチラヒゲ

ヒゲと尾が長い~

●肛門の頭腹側に1つの肛門腺がありますが、その臭いは人には感じられないです。
チンチラ肛門腺  
●乳首は鼠径部と外側肋骨部に2対(4個)みられます。
●目は大きく、虹彩は縦長のスリット状をしています。その理由は分かりません。

●丸い耳は大きくて薄く、聴覚が発達しています。可聴域が人よりもかなり広いです。音の刺激に敏感な面もあるので、騒がしい環境にしないでください。
チンチラ耳
●指の数は前後足ともに4本で、犬や猫のような肉球を備え、小さな平爪があります。
チンチラ後足  チンチラ爪
●前足には2つの発達した偽指(ぎし)と呼ばれる突出部分がみられ、親指の代わりに使用して物をつかむことができます。
チンチラ擬指  

器用に物をつかみます

●歯は前歯と奥歯があり、全部で20本です。前歯も奥歯も常生歯で、生涯にわたり伸び続けます。前歯のエナメル質は黄色や橙色で、これは銅や鉄などの色素がカルシウムと一緒に取り込まれるためです。
チンチラ頭蓋骨

●胃は深い袋状の形をしており、食道とつながる噴門部(入口)と十二指腸とつながる幽門部(出口)が接近していて、それぞれの直径が細いのが特徴です。このような胃の形のために、チンチラは吐くことができません。

チンチラは吐けない!

●チンチラの消化器で最も特徴を持つのが盲腸です。お腹の大半を占めるほど大きいです。盲腸にはたくさんの微生物が共存し、繊維の細胞壁を壊し、消化吸収を行う発酵タンクとしての重要な役割をしています。
薬に対して敏感で、特に抗生物質の内服投与により腸内細菌叢が崩れやすいです。その結果、悪玉菌が増えて腸炎を起こし、下痢や食欲不振がみられます(抗生物質性腸疾患)。悪玉菌が毒素を出して、全身状態が悪化して死亡するようなこともありますので、注意してください

抗生物質の内服投与は注意!

●チンチラに抗生物質を与える時は、乳酸菌などの善玉菌も一緒に与えて腸炎を予防してください。モルモット専用の乳酸菌はありませんが、胃酸で失活しないような生菌が理想です。モルモットに使える生菌剤の商品は以下の2つになります。

バイオ・ラピス

 

お求めは写真をクリック!(動物病院専用)

 

イギリスでウサギで認可された専用生菌剤!ウサギに認可された生菌剤と電解質成分配合のサプリメントです。生菌剤は、強い胃酸で壊れないようマイクロカプセル化されており、生きたまま腸まで届きます。軟便・下痢を予防し、水分補給に適した電解質とビタミン類も配合されており、これまでにない画期的なサプリメントです。飲水に混ぜてもよし、水で溶いて飲ませてもよし!薬を与えているウサギであれば、下痢などの副作用がでないように、投薬期間だけバイオラピスを与えている飼い主さんが多いです。

バイオラピス

ネットではここでしか売っていない!

 

シンバイオテックスD-C

 

 

お求めは写真をクリック!(動物病院専用)

 

胃酸に強いスーパー生菌剤!抗生物質を与えている期間は1日2~3回、1回0.5~1カプセル与えてください。

ネットではここでしか売っていない!

●盲腸では盲腸便と呼ばれる柔らかい便がつくられ、チンチラはこれを直接肛門から食べ、再び消化吸収します。

チンチラをもっと勉強するならこの本(お求めはコチラ!)

 

獣医大学、動物看護師学校の教科書指定本!チンチラのことが詳しく書いてあります。

参考文献

■Hillyer EV,Quesenberry KE,Donnelly TM.Biology,Husbandry,and Clinical Techniques.Guinea Pig and Chinchillas.In Ferrets,Rabbits,and Rodents.Clinical Medicineand Surgery.Hillyer EV, Quesenberry KE.eds.WB Saunders. Philadelphia.US.1997
■Hoefer HL.Chinchillas.Veterinary Clinics of North America. Small Animal Practice 24(1).p103-111.1994
■Nowak R.Walker’s Mammals of the Warld. Johns Hopkins University Press.Baltimore.1999
■Walker EP.Mammals of the World. 3rd ed. Vol.II. Johns Hopkins University Press.Baltimore.US.1975
■Weir BJ.Chinchilla.In Reproduction & Breeding Techniques for Laboratory Animals.Hafez ESE ed.Lea&Febiger.Philadelphia.p209-223.1970
■Weigl R.Longevity of Mammals in Captivity from the Living Collections of the World.Kleine Senckenberg- Reihe 48 Stuttgart.2005

\ SNSでシェアしよう! /

チンチラ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チンチラ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • チンチラの雌雄鑑別と繁殖|お見合いが難しい!

  • チンチラの品種|いろんな色がいます!