1. TOP
  2. 【本気でチンチラを20年以上長生きさせませんか?】

【本気でチンチラを20年以上長生きさせませんか?】

目指せ!チンチラのギネス寿命記録を超す飼い方

●チンチラの平均寿命は10~15歳ですが、20年近く生きたチンチラの話もよく聞きます。
●チンチラの長寿のギネス記録は知っていますか?なんど約29歳8カ月なんです!プロフィールは1985年2月1日生まれ、出身はドイツ、名前はRader(レーダー)、飼い主はChristina Anthony (クリスティナ・アンソニィ)さんです。亡くなったのは2014年9月18日にアメリカのカリフォルニア州でした。人間の年齢に換算したら250歳くらいでしょう。
●チンチラの年齢換算は難しいですが、下記の表を参考にしてください

チンチラ 6ヵ月 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年 15歳
人の年齢換算 12歳 17 24 31 38 45 52 59 66 73 78 123

引用:http://www.age-converter.com/chinchilla-age-calculator.html

●チンチラはげっ歯類に属していますが、多くのげっ歯類の寿命は5年以内、長いもので7~8年の寿命ですが、チンチラが長生きする理由はわかりません。
●長生きする理由は分かっていません。現地では寒冷な気候なため、細胞の代謝が遅いのかもしれません。しかし、ペットのチンチラは極寒にいるわけではないのに長生きですので、この考えはおかしいです。
●チンチラは基本的に温度管理をしっかりとすれば、丈夫な動物であり、腫瘍の発生も他のげっ歯類と比べたら断然少ないです。反対に死亡する原因が何か多いのかを考えれば、長生きできる可能性が高くなるはずです。Dr.ツルのエキゾチックペットクリニックでの見解では、不正咬合、胃のうっ滞・毛球症、腸炎が主な死因となっています。これらを予防する飼育を行えば、長生きの記録がつくられるはずです。そのために必要なことは以下の4つです・・・

①温度管理

②主食を牧草にし、運動をたくさんさせる

③虫歯対策~甘いもの与えないでください

健康診断

●色々なサイトにチンチラの飼育の記事が多く書かれていますが、ここでは細かいことを省略し、フォーカスを上記①~④に絞って専門獣医師が解説をします。その他の情報は以下を参照してください。

チンチラの生態、特徴、品種を知りたい人はコチラ!

マニアックなチンチラの飼い方、エサ、ケアの情報を知りたい人はコチラ!

チンチラの病気情報を知りたい人はコチラ!

①温度管理

●野生のチンチラは標高高い山の岩場に住んでおり、暑さにとても弱いのが特徴です。防寒のために厚い毛皮をもっていますが、その毛皮は日本の夏には適しません。

真夏に毛皮を着ている状態と思ってください(💧)

●チンチラを飼うなら、エアコンのある部屋にケージを設置し、温度が高くなりすぎないように調整する必要があります。環境温度が高くなると、熱中症になり、一般状態が低下し、死亡することもあります。
●チンチラが過ごしやすい温度は10~20℃で、湿度は40%未満が理想といわれていますが、夏場に湿度40%以下の環境をつくるのは正直無理です。多少は湿度を抑えれば温度は高くても大丈夫と思われますが、ほかにも換気によっても体感温度は異なります。決まった温度設定を守るというより、チンチラの動きや食欲をよく観察して、調節してください。

チンチラ

温度は20℃以下?

●チンチラの体で毛が生えていないのは、足の裏以外で、耳介です。この耳介で体の熱を発散していますので、熱を逃して体温調節をすることになれていないのです。
●エアコン以外の温度管理はあまりお勧めしません。経済的な問題がでてきますが、しっかりと温度管理をしないと後悔をすることになりますよ。

チンチラとエアコンはセット!

②主食を牧草にし、運動をたくさんさせる

●チンチラの主食は牧草にし、できるかぎり多くの時間を運動に費やしてください。
●牧草は歯をよく動かして食べるので不正咬合を予防するのはもちろん、胃腸の動きを促進し、胃のうっ滞・毛球症を予防します。
チンチラ不正咬合
●そもそもチンチラが生息している環境も岩場なので、運動量が必然的に多くなり、エサも一年中豊富にあるわけでないので、ペットでのエサも牧草が一番に適しているのかもしれません。
●運動量が増えることで、肥満も予防できますし、ストレス予防になります。

主食牧草、副食運動

③虫歯対策~甘いものは与えないでください

●チンチラの主食は牧草がメインですが、牧草を与える量が少ないと不正咬合になりやすいです。しかし、意外と知られていないのが虫歯です。
●チンチラに虫歯?と思う方が多いと思います。基本的に虫歯は甘いものを食べることが原因となっていますが、チンチラの中には甘い果物やお菓子などは与えていなくても、虫歯になっていることが多いのが不思議です。Dr.ツルもその理由がわかりません。
●ペレットにも糖類が配合されているものも多いですので、成分表をチェックしてください。

甘いものは虫歯の原因になります

●イギリスのある論文では、健康体でも約35%のチンチラが歯のトラブルをかかえ、病院に何らかの問題があり受診にくるチンチラの約55%が不正咬合や虫歯があると報告されています〔Crooley 2001〕
●チンチラは寿命が長いですが、若い時から不正咬合や虫歯になると、歯の処置は全身麻酔になることがほとんどなので、体に負担がかかり短命になります。

チンチラは歯が命?

④健康診断

●上記のチンチラの年齢換算表から、9歳以上は年寄りになります。肝不全や心不全などの病気がとても増えてきます。最近はしっかりと飼育する方が増えているので、高齢のチンチラも増えるにつれ、病気も増えてきます。
高齢のチンチラ
●われわれ人間と同様に老衰が原因でなく、何らかの病気が死因で死ぬことが多いです。その病気の進行を防げば長生きできるはずです。
●若いチンチラ、中年チンチラ、年寄りチンチラによって、検査内容が異なります。意外と色々と異常が見つかりますので、早期発見早期治療に結びつけましょう。中年に多いのは虫歯、年寄りでは肝不全が多いです。
●20歳を目指すには、ぜひチンドック(健康診断)を受けましょう。

健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、チンドック希望と言って、ご予約をおとりください

 

参考文献
■Crossley DA.Dental disease in chinchillas in the UK.J Small Anim Pract42(1).12-19.2001
■http://www.guinnessworldrecords.com/world-records/oldest-chinchilla-ever