1. TOP
  2. 2 ハムスターの飼育
  3. 専門獣医師が解説するハムスターの床材|ネットで買えるお薦め商品ベスト8!

専門獣医師が解説するハムスターの床材|ネットで買えるお薦め商品ベスト8!

 2019/02/25 2 ハムスターの飼育 この記事は約 12 分で読めます。 53,349 Views

床材の役割って?

ハムスターは巣穴を掘って身を隠すため、ハムスターの飼育には必要不可欠なものです。ハムスターの床材の役割は、ずばり以下の3つです。

  • 歩きやすくする
  • 巣穴を掘らせる
  • 保温する

歩きやすくする

ケージの床が滑りやすいと歩きにくいので、基本的にクッション性のあるものを敷いて下さい。床材が細かいと足が埋まって歩きにくいです。

巣穴を掘らせる

ハムスターは巣穴を掘って生活をしています。性格的に床敷に穴を掘って身を隠そうとするため、床材をかきわける行動がよく見られます。
ハムスター巣tつくり
巣穴を掘る行動は習性の一つで、ストレス解消にもなります。巣穴が掘れる材質の床材を厚く敷くか、体が隠れる小屋を用意してあげましょう。

保温する

ハムスターは低温が苦手で、気温が下がる冬は、巣穴に潜って体を暖めます。床材が保温性が高いものだとハムスターは喜びます。

湿度にも影響する

床材はケージ内の湿度にも大きく影響します。糞やオシッコで汚れると、湿気が高くなること以外にも、細菌が増殖してアンモニアが発生します。アンモニアは悪臭のもとになり、さらに目や鼻の粘膜を刺激して結膜炎鼻炎の原因になります〔Reeb et al.1998〕。給水器からの水が床敷に垂れることでも湿度が高くなりますので注意して下さい。
ハムスター結膜炎

床材の量や深さはどうしたらよいの?

ハムスターを床材に潜らせるには、大量の床材が必要になります。ハムスターの体が隠れる量が最低限ですが、大まかな目安としてケージの床面に高さ2~5cmくらい敷き詰めて下さい。潜るのが好きな場合は、2~3倍の床材の量が必要になります。夏になると暖かくなって床材に潜る回数が減るため、様子を見ながら半分程度に減らしましょう。冬は保温のためにやや多めに敷いてあげましょう。

何日毎に交換するの?

床材の交換の頻度は、飼育者の判断になりますが、ハムスターの身体の大きさや飼育頭数、糞やオシッコの量、床材の汚れ具合などによって異なります。交換を毎日することに越したことはないのですが、ハムスターが床材にマーキングのために匂いをつけているため、その匂いが少なくなると不安を覚えるかもしれません。床材を全交換するタイミングは、最低でも月1回の頻度で行って下さい。ハムスターが不不安のようであれば、元の床材も置いておき、半々くらいの交換をしましょう。ハムスターは体が濡れることを嫌がるので、給水器から水が垂れたり、オシッコで濡れたりしたら、すぐに部分的に交換するようにして下さい。

選び方

素材

床材の素材は牧草、木製チップ(ウッドチップ)、紙製チップ(ペーパーチッ)、コーンチップ、綿や布、土などが使われています。素材によって歩きやすさ、触り心地、アレルギーの起こりやすさ、食べても安全なのかと選ぶ基準がたくさんあり過ぎます。

食べても安全な牧草

牧草はハムスターが食べる可能性があり、繊維質の補給になります食べても安全なものを優先する場合は、植物性の素材として牧草がよいです。

牧草でも大きな片のもので、先端が尖っていると、ハムスターが目にケガをする可能性がありますので、よく吟味してから選らんで下さい。

香りが良い木製チップ

一般的に実験動物のハムスターでは木製のチップを厚く敷くことが多く〔Gordon 2004〕、ペットでも床材として最もスタンダードに使われます。スーパーやホームセンターといった場所で購入しやすいです。
ハムスター
吸湿性が高く、保温性に優れているのが特徴です。ハムスターは木の香りを嗅ぐと安心するみたいです。広葉樹や針葉樹などの種類も豊富で、ウッドチップとも呼ばれ、フレーク状に加工されています。細かい木片状~ふわふわのフレーク状まで、カットの仕方で触り心地も抜群になります。

流通している木製チップは、安価なためにマツ(パイン)やスギなどの針葉樹が圧倒的に多いのです。しかし、木製チップは素材によってハムスターへ悪影響します。針葉樹の木製チップは、結膜炎や皮膚炎などを起こすアレルゲンとなります〔生野ら 1988〕。アレルゲンとなるのは成分である芳香族炭化水素で、ラットでは肝不全を起こし〔Buddaraju et al.2003〕、マウスでは発癌性〔Jacobs et al.1978〕も報告されています。
ハムスターアレルギー性皮膚炎 
針葉樹の木製チップも熱処理を行うことによって、芳香族炭化水素の濃度を減らすことができます〔局 1988〕。最近の商品は全てが加熱殺菌されていますので安心して使えます。

ポプラやユーカリなどの広葉樹の木製チップはアレルゲンになりにくいことから、床敷への使用が推奨されています。繊維状になりやすいポプラやシラカバなどの広葉樹のチップは、ハムスターが巣穴を作りやすいといったメリットもあります。

ふんわか紙製チップ

紙を細かくカットした紙製チップはクッション性と吸湿性とに優れています。紙製チップ以外にも、ティッシュやキッチンペーパーなども細かく裂いて床敷に使えます。クッション性が高いので、ハムスターにとって潜り込みやすく、やんちゃなハムスターが高いところから落ちても安心です。オシッコの色や体からの出血があると、紙製の床材が白いと色がついてよく分かります。病気の判断をする際に特別に使用してもらうこともあります。
ハムスター
紙はアレルゲンがないため、皮膚病や結膜炎が見られたら、紙製チップに一時的に交換してみて下さい。デメリットとしては、軽いのでハムスターが潜ってかきまわすことでケージの外まで飛び散ってしまうことです。

  • 新聞紙はどうなの?

市販の紙製チップではなく、新聞紙を細かくカットしたもので十分だと思われている方も多いかもしれません。しかし、毎回細かくカットする手間がかかり、インクによって毛が黒くなってしまったり、インクのにおいを嫌うハムスターもいます。

コーンチップって何?

近年はトウモロコシの芯や穂軸を細かく切断して乾燥させたコーンチップが注目されています。コーンチップは食べても安全で、吸湿性も優れていますが、アンモニアなどの有毒なガスも吸着します〔Perkins et al.1995〕。木製や紙製チップではホコリが気になる場合がありますが、コーンチップではホコリもほとんど出ません。安全性の高いコーンチップですが、高価でペットショップでも取り扱いがないことが多いです。本来食品素材のため、トイレの掃除を怠ると、カビや腐敗する恐れがあります。

綿・布は要注意

化学繊維である綿や布を床敷きとして使われます。綿は保温効果があるため、冬の寒い時にはよいと思います。
ハムスター綿
綿は口に入れて食べてしまうと消化管閉塞を起こすのが欠点です。繊維がほぐれて足に絡まって怪我をすることもあります。綿を木製チップに混ぜて使うことで、ハムスターは巣作りがしやすくなります。

土・砂は・・・

土や砂は野生のハムスターになじみ深いですが、飼育下では濡れていることに気付けなかったり、交換する手間があるので、あまりお勧めはできません。

食べても安全なもの!

床材を食べるハムスターなら、食べても安全な木製チップ、コーンチップ、牧草などを優先的に使って下さい。

アレルギーを起こしにくいもの!

皮膚が敏感なハムスターは、アレルギーを起こすことがありますので、念のために最初から針葉樹の木製チップは避けて下さい。

コストパフォーマンスを考える!

ハムスターの床材はケージに敷き詰めて使用するため、1パックで何回使用することがきるか、お財布の中身とも相談しないといけません。ケージの大きさにもよりますが、10〜12Lの床材1パックで、3~5回分は使用することができます。圧縮パッケージされている商品ならば、よくほぐしてから使って下さい。

お薦め商品

第8位 スドー ハムスターの巣づくり職人

 

巣作り大好きハムスターならコレ!天然ケナフ100%の巣づくり用巣材で、軽くてコシのあるケナフの繊維の商品です。丈夫で心地よい巣を素早くつくることができ、ハムスターが喜ぶ姿が目浮かびます。

 

 

第7位 ドギーマン 快適ふんわりベッド 14L

 


臭いとムレ対策ならナンバー1!オシッコの臭いを抑え、ケージの中のムレやこもる臭いが気になるなら、こちらの商品がお勧めです。松木製チップの天然素材で、通気性と保湿性に優れて、松特有の消臭効果で気になる臭いえおさえてくれるます。飼育時の臭いに敏感な人にもぴったりですね!

 

 

第6位 マルカン ミニマルランド ふかふかソフトマット 30L

 

お財布優しい床材ならコレしかない!ふ松の木製チップで低圧縮のため、ほぐすとボリューム感抜!そしてこの金額であんと30L入りなんです。敷き詰めるとふんわりとほぐれ、わふわした使い心地です。吸水性と保温性に優れており、夏はムレず、冬は暖かく過ごせること間違いなしです。

 

 

第5位 サンコー ケアペーパー 4.5L

 

ただの紙でないです!独自の多層構造!クッション性抜群の紙製チップです。紙を何層にも重ねて、圧縮したものをカットして作られた多層構造は、クッション性が高くなり、吸水性もアップしています。ハムスターが紙チップをほぐせばチップが何倍もの大きさになり、ふわふわ巣穴や寝床を作れます。出血の確認もできるし、アレルギーの出にくいです。意外な狙い目の商品です!

 

 

第4位 マルカン天然消臭ダニよけマット ミントの香り550g

 


ダニ対策ができる床材って?ミントの香りでダニの発生を予防し、針葉樹由来と果実由来の2つの消臭成分により、糞やオシッコの臭い対策をした画期的な木製チップと紙製チップの混ざった商品です。特に暑い夏に大活躍すると思います。

 

 

第3位 マルカンふわふわベッド お徳用 12L

 


ふわふわ感なら任せて!天然のモミを使用した木製チップです。カール状カットされているので、ハムスターが怪我をすることもなく、このふわふわ感は最高過ぎます。もぐり込みやすいのはもちろんのこと、巣作りの材料にもなり、ハムスターもこの床材を変えると怒るかもしれません・・・。

 

 

第2位 サンコー 広葉樹マット 7L

 

歩きやすさ&巣穴掘りやすさ追求の広葉樹マット!広葉樹のポプラ材を100%使用した木製チップです。木製でありながら、しなやかな触り心地にカットされ、ふかふか感もあり、そして適度な硬さもあります。ハムスターの歩きやすさと巣穴を掘る行動を徹底定期にサポートするために作られました。ハムスターにインタビューをとれば、おそらく90%以上の支持を得られるでしょう!

 

 

第1位 ジェックス ハビんぐ 柔ごこち 400g

 

文句なしマルチスーパー床材の登場です!まるで紙製チップのような触り心地の広葉樹の木製チップです。広葉樹を使ってアレルギー対策もできて、このふわふわしたカット製法で歩きやすと通気性もバッチリです!さらに通常の木製チップとは異なり、白色なので出血やオシッコの色の異常も早期発見が可能です。まったく文句のつけようがありません。

 

まとめ

今回はハムスターにおすすめの床材や役割、使い方などを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。床材はハムスターの身を守るために重要なものであり、ストレス無く暮らしていくために必要不可欠です。床材はたっぷりといれて、たくさんもぐったり、体を温めたり出来るようにしてください。汚れたらすぐに交換してあげましょう。どこのペットショップでも安価で入手できますでの、切らさないようにしておいてくださいね。

参考文献
■Buddaraju AK,Van Dyke RW.Effect of Animal Bedding on Rat Liver Endosome Acidification.Comparative Medicine53(6).2003
■Gordon CJ.Effect of Cage Bedding on Temperature Regulation and Metabolism of Group-housed Female Mice.Comparative Medicine54(1).2004
■Jacobs BB,Dieter DK.Spontaneous hepatomas in mice inbred from Ha:ICR Swiss stock: effects of sex,cedar shavings in bedding,and immunization with fetal liver or hepatoma cells.J.Natl.Cancer.Inst61(6).1531-1534.1978
■Perkins SE,Lipma NS.Characterization and Quantification of Microenvironmental Contaminants in Isolator Cages with a Variety of Contact Beddings. Contemporary Topics in Laboratory Animal Science34(3).p93-98.1995
■Reeb CK,Jones RB,Bearg DW,bBedigian H,Myers DD,Paigen B.Microenvironment in ventilated animal cages with differing ventilation rates,mice populations,and frequency of bedding changes.Contemp Top Lab Anim Sci 37.43-49.1998<
■生野麻美子,江副和彦,羽田俊六.皮膚病診療10.693-696.1988
■局博一.環境要因の生態管理と環境基準.5実験動物飼育管理学.最新実験動物学.前島一淑、笠井憲雪編.朝倉書店.東京.51-59.1988

\ SNSでシェアしよう! /

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説するハムスターの回し車の選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト6!

  • ハムスターを2年以上長生きせさるコツ!

  • 専門獣医師が解説するハムスターのサプリメントとネットで買えるお薦め商品ベスト10!

  • 専門獣医師が解説するハムスターのトイレ砂の選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト7!

  • ハムスターの暑さ対策(特に今年の夏は熱中症に注意)|ネットで買えるお薦め保冷グッツ!

  • 専門獣医師が解説するハムスターの小屋の選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト7!