1. TOP
  2. 1 オカメインコの生態と特徴
  3. オカメインコの雌雄鑑別と繁殖(Ver.2)|マジで可愛い~

オカメインコの雌雄鑑別と繁殖(Ver.2)|マジで可愛い~

1 オカメインコの生態と特徴 この記事は約 6 分で読めます。 44,172 Views

雌雄鑑別

オスとメスは体色が異なり、オスの方が派手です。生後半年くらいになると成鳥になり、雌雄が鑑別できます。

体色として顔の色と羽の模様で鑑別しますが、性格、行動や鳴き声なども異なります。最終的には遺伝子検査で雌雄を鑑別するのが最も確実です。

  • 顔の色
  • 尾羽と風切羽の裏の縞模様
  • 性格
  • 行動と鳴き声
  • 遺伝子検査

顔の色

オス

オスは顔の黄色ならびに頬のチークパッチが明瞭で濃いです。ホワイトフェイスなど品種によってチークパッチが現れない個体や色彩が薄い個体もいます。
 オカメインコ

メス

メスは顔のチークパッチが薄いです。頭部の黄色も薄くて、少し混ざったような色をしているのが特徴です。

ホワイトフェイスでもぼんやりとした顔色をしています。

尾羽と風切羽の裏の縞模様

オス

オスは成長すると、6カ月齢未満の幼鳥で見られた風切羽と尾羽の裏の横縞模様が消えます。ルチノーの場合は目視できないほど薄くなります。オスは男性ホルモンが分泌されてメラニン色素が増えるために縞模様が消えますが、パールは老鳥になると男性ホルモンが少なくなり、再び模様が現れることがあります。

メス

メスは成鳥になっても尾羽や風切り羽の裏の横縞模様が残ったままです。
 

性格

オス

オスは好奇心が旺盛で、遊んだりイタズラしたりと活動的です。人見知りが激しく、臆病な性質もあります。

オカメインコ

メス

メスは物静かな傾向にあり、やや神経質です。一緒に遊ぶよりも1人で遊ぶことが好きな性格をしています。

行動や鳴き声

オス

オスは「ピロロロロ」という甲高い声で鳴くことが多く、発情すると「ウキョキョキョキョキョ…」と変わった声で鳴きます。オス鳴きと呼ばれ、メスにアピールをしています。止まり木で飛び跳ねたり、ダンスを踊ったりすることもあります。鯵の開きと呼ばれる独特なポーズをとりまあす。オスであるアピールなのかのしれません。クワッとワキが開いて、姿勢は低く、全体的にぺっちゃんになります。

オカメインコ

メス

メスは小さい声で「キュキュ」と鳴くことが多いです。発情期になると姿勢を低くして尾羽を上げる交尾姿勢をし、オスがいなくても無精卵を産むことがあります。

遺伝子(PCR)検査

遺伝子検査は、採血をして血液を調べてもらう方法です。専門の検査機関に依頼するので、結果がわかるまでに1〜2週間ほどかかります。遺伝子検査こだと、ほぼ確実に性別が分かります。

繁殖(巣引き)

鳥を繁殖させることは巣引きと呼ばれています。相性がよく、年齢が近い雌雄の番を同居させて、巣を用意してください。容易に発情を起こし、繁殖が簡単にできる鳥ですが、卵づまりなどの繁殖疾患、卵巣・卵管の病気が多いので、計画的な繁殖以外は、無駄な発情をさせないでください。1年中繁殖できますが、冬は低温によるヒナの死亡や卵づまりやなどのリスクが高いため、避けたほうがよいです。

発情や産卵をおさえる方法はコチラ!

性成熟

性成熟は6~9ヵ月齢で迎えます。オスは性的な成熟を迎えると精子が作れるようになり、メスは卵が産めるようになります。

発情

上述したようなオスとメスで発情兆候がみられます。発情させるために、栄養価の高い繁殖期用のペレットやシードに切り替えて下さい。産卵に備えてビタミンやカルシウムなども十分に補給しましょう。

交配

交配はまずはお見合いからです。基本的にオスとメス1頭ずつ同じケージに入れますが、相性が悪ければすぐに喧嘩が始まります。メスとオスのケージを隣同士に置いて、相性を確認してから一緒にすると良いせしょう。発情したオスはメスに対して盛んに求愛行動を示し、交尾をせまります。
 

メスはオスを気に入ると、尾を上げて交尾を許容します。交尾はオスがメスの背中の上に乗って、お尻をこすり合わせて精子を注入します。相性が悪い場合はペアの組み合わせに変えて下さい。

産卵

交尾後にメスのケージに巣箱を用意をしますので、巣材にするために、ワラ、牧草、シュロ、紙などを与えてください。自ら営巣を始めます。巣箱は鳥の種類によって異なります。オカメインコは木製の巣箱が適しています。

オカメ用巣箱ならコレ!

 

サイズもぴったり!

オカメ用巣床ならコレ!

 

上の巣箱にサイズがぴったり!

巣の中に入っている時間が長くなると、それは産卵の兆候の始まりです。産卵は毎日あるいは1日起きに1個ずつ産み始め、産卵数は4~7個です。3~4個産んだ頃から抱卵を始めます。

抱卵は22~23日くらいで、メスは1日中巣にこもりっきりになります(巣ごもり)。出てくるのは糞とエサを食べる時ぐらいなので、1日数回ぐらいしか出てきません。オスは基本的に巣箱の中にこもらず、本来のオスの仕事はエサを抱卵中のメスに届けたり、巣箱の前で見張りをします。母鳥は神経質になっています。巣箱の中を覗いたり、ケージを移動させるのは最低限にして下さい。刺激すると抱卵をやめてしまいます。

ヒナ・子育て

ふ化が始まると、ヒナの鳴き声が聞こえるようになります。ヒナは未熟な状態の赤子で、目も耳も開いておらず、体温調節もできません。母鳥が上手にヒナにエサを与えます。ヒナはふ化後に数日で目が開き、羽も生えてきます。全身の羽が生えそろったら、ヒナでなく幼鳥と呼ばれます。
オカメインコ
巣からヒナが出てくるようになり、この状態を巣立ち(すだち)と言います。33~35日齢が巣立ちの時期です。自分でえさを食べるようになることを一人餌(ひとりえ)と言います。一人餌になったら、別のケージに移してあげましょう。幼鳥は3~5ヵ月後に親の羽に変わります。手乗りに育てる場合には、生後18~20日齢で巣からヒナを取り出し、親変わりにエサを与えます。
オカメインコ

手乗りの方法はコチラ!

オカメインコは手乗りとして育てた場合、なかなか挿し餌から、一人餌に移行できないのが欠点です。
オカメインコ

挿し餌から一人餌に切り替えるコツはコチラ!

表:繁殖知識

性成熟 6-9ヵ月齢
発情 周年繁殖
繁殖回数 1-2回/年
産卵数 4-7個(1日おきに産卵)
抱卵 22-23日
巣立ち 35-45日齢

参考文献
■Cameron M.Cockatoos.CSIRO Publishing.Australia.2007
■Gill FB.Ornithology,3rd ed.W.H.Freeman and Company.New York.2007
■David Alderton.You &your pet bird.Dorling Kindersley.London.1992

オカメインコ好きなら読まないといけないマンガ!

 

オカメインコ中毒になります!いやなっている方もぜひ!

\ SNSでシェアしよう! /

オカメインコ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オカメインコ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • オカメインコってどんな鳥?|知らないといけない生態と特徴

  • オカメインコの品種(Ver.2)|みんなオカメ顔?