1. TOP
  2. 爬虫類のバスキングライト

爬虫類のバスキングライト

保温と光のためのライト

●昼行性の爬虫類は太陽光を浴びて体の調整が行われます。特に保温効果と骨・甲羅の硬質化という重要な役割を太陽光は担います。
●爬虫類を飼育する際には、光と保温のためのバスキングライト、骨や甲羅の形成のための紫外線ライトが必要になります。
●バスキング(Basking)は、日光浴という意味ですが、体を暖める役割があります。しかし、注意することは、多くのバスキングライトには紫外線は多くは含まれていませんので、昼行性の爬虫類には紫外線ライトが別に必要になります。
●バスキングライトは爬虫類の体を暖めますが、新陳代謝や食欲の刺激などにも影響を及ぼす重要なものです。
カメ甲羅干し
●一般的にバスキングライトは赤外線と可視光を照射するライトです。
●赤外線は物を温める効果があります。爬虫類は変温動物なので、自ら発熱して体温を調整することができません。ケージ内の温度が彼らの体温に影響します。

ホットスポット
●バスキングライトによる赤外線で、一時的に体温は上昇して活発に活動し、消化を促進させます。十分暖まると木陰に移動したり、水に入ったりして体温を調整します。
カメ甲羅干し
フトアゴヒゲトカゲ
●体温を上げる暖かい場所をケージ内に設ける必要があり、この場所をホットスポットと呼びます。バスキングライトはこのホットスポットにあてるように設置してください。
カメのホットスポット

ホットスポットを作ろう!

●バスキングライトは白熱電球が使われ、電球単体で売られていますが、水槽に取り付けて点灯させるには、電球ソケットやスタンドが必要になります。
バスキングライト
●白熱球のバスキングライトを使用するうえで、注意することは、火災と火傷です。取り付けが甘かったり、生体がコードを引っ掛けたりして落下すると、火災の原因となることがあります。
●生体が電球に触れると火傷をします。電球に直接触れられないようにカバーが必要かもしれません。

火事に注意して!

●いずれにしても、いかに優れたライトでも、太陽光に勝るものはなく、たとえわずかな時間でも直射日光による日光浴をさせることをおすすめします。
太陽光

選び方

ライトの形状は?

●バスキングライトはただの電球にしか見えませんが、散光型と集光型の2つのタイプがあります。

爬虫類用赤外線ライト
●全方向に可視光と赤外線を放射する散光型はクリア球とも呼ばれ、ケージ全体を温めるのが得意で、局所的なホットスポットを作るのはやや苦手です。
バスキングライト
●ケージの温度管理ならびにホットスポットを作る目的であれば集光型がお勧めです。後ろ側が鏡になっていて、前方の狭い範囲にしか照射しません。いわゆるバスキングライトと呼ばれる商品は、集光型にライトに商品が多いです。
バスキングライト

ワット数はどれくらい?

●30~100W程度のバスキングライトが市販されていますが、ワット数が多い方が優れているわけではなく、ケージや設置環境、動物の種類などによって調整する必要があります。
●バスキングライト以外にヒーターなどで温度をコントロールされている場合は、ケージ全体が高温になってしまわないようにサーモスタットなどで調整することができます。
●バスキングライトは、朝点灯し、夕方消灯できる24時間タイマーを使うと管理が楽になります。

性能がよいもの!

●バスキングライトは物理的に弱い器具です。白熱電球はガラス製なので、ぶつけたりすると割れてしまいます。また、水がかかっても割れることがあるため、注意して扱ってください。
バスキングライト
●水ガメや多湿な環境で飼育する爬虫類では防滴のライトを使ってください。

カメバスキング
●白熱電球の寿命も比較的短く、1年前後でフィラメントが切れて使えなくなります。常時予備の電球を用意してあおくことをお勧めします。なお、外国で製造された商品よりも、信頼がおける国産の商品の方が、フィラメントが切れにいともいわれています。丈夫なハロゲン球を使ったバスキングライトの商品もあります。
バスキングライト

光の色とは?

●バスキングライトは赤外線が多いとオレンジ色~赤色を帯びて、保温力が高まります。なお、赤色系の光は爬虫類が見ることができないわれています。
バスキングライト
●オレンジ色や赤色のライトの明かりは、自然光とはかけ離れているので、爬虫類はホルモンの分泌や精神的にも不調を起こす可能性が示唆されています。対策として太陽光に近いライトを選ぶか、明るいライトを併用して使います。
バスキングライト

夜のためのバスキングライト

●夜行性の爬虫類は太陽ではなく、月明かりの中で生活をしています。夜の月明かり程度の光と適切な温度管理するために青色~紫色の光をした夜用のライトが販売されています。
バスキングライト

●爬虫類が見えないとされる赤色の光だけをだす保温用のライトもあります。保温ライトのため、昼行性の種類でも、冬などの寒い時は24時間点灯させてもかまいません。夜用保温ライト

●青色や赤色の光ですが、夜間に生体を観察するのに適しています。

お薦め商品

第8位 ポゴナクラブ バスキング ライト 40W

 

最近みなくなった散光型ライト!ケージ内全体を照らし、とても明るいです、40w、60w,100wがありますので、ケージの大きさに合わせて選んでください。

第7ゼンスイ ストロング ムーンライトランプ

 

レオパならコレ!月の光を再現し、紫色の光を発する夜用ライトです。ヒョウモントカゲモドキ、クレステッドゲッコー、夜行性のヘビなどの夜に活動する爬虫類向けです。20W、40W、60W、100Wのライトがありますので、爬虫類とケージの大きさで選んでください。

第6位 ジェックス ヒートグロー赤外線照射スポット ランプ

 

保温重視ならコレ!集光型のライトで、赤色をしており、昼はバスキング、夜は保温球として兼用できます。気温が下がるとエサを食べなくなうような成体に使ってくだい。50W、75W、100W、150Wのライトがあります。

第5位 ジェックス エキゾテラ スワンプグロー 防滴ランプ

 

水ガメにはコレしかない!水がかかってライトが割れてしまうと泣きますよね?水がかかっても割れない強化ガラス仕様の集光型のバスキングライトになります。湿度を高めに保たなければならない生体にもピッタリです。50Wと70Wのライトがあります。

第4ZOO MED バスキングランプ

 

コストパフォーマンスならコレ!反射鏡が2重構造のために同W数のタイプのバスキングランプよりも30%以上明るいです。25W、50W、75W、100W、150W、250Wのシリースがあるので、大型の爬虫類にも使えるし、他のメーカーの一つ下のW数のものを選ぶとよいです!

3位 マルカン バスキングライト

 

光の質にこだわるならコレ!太陽光に近い色の光を出します。爬虫類にとって体内のバランスも良くなり、そして生体が綺麗に見えやすくなります。30Wと50Wの2つのタイプしかないので、約60cm以下の水槽向けの商品になります。

第2位 カミハタ ネオハロゲン

 

最高の日光浴にこだわるならこのハロゲンライト!ハロゲン電球は白熱電球と比べてパワーがあり、保温と明るさも高く、寿命も長いです。衝突緩衝機能まであり、とっても丈夫!3000時間も持つなんて、さすが日本メーカーですね。27Wと50Wの2つの商品があります。

第1位 ジェックス エキゾテラサングローバスキングスポットランプ

 

バスキングライトで悩んでいるならコレ!同メーカーでホットスポットを作りやすいタイトビームは、同じW数でも他のライトより暖かく、結果的に省エネで、大ヒットしました。しかし、光がやや赤色を帯びて太陽光とはかけ離れていました。この欠点を改良し、太陽光に近い明りを再現したのがサングローバスキングスポットランプです。25W、50W,75W、100W、150Wと幅広くタイプがあるので、爬虫類やケージの大きさによって幅広く選ぶことができます。意外ですが、価格も安いのでコストパフォーマンスめちゃよいです。

まとめ

バスキングライトはただ明るいだけでなく、よい電球を選べば、それだけ生活の質が上がります。ぶっちゃけて安い電球は、すぐに壊れて交換が必要になります。思い切って奮発するべきでしょう。