1. TOP
  2. 1 ボタンインコ・コザクラインコの生態と特徴
  3. コザクラインコの品種|色変わり何百種?何千種?

コザクラインコの品種|色変わり何百種?何千種?

1 ボタンインコ・コザクラインコの生態と特徴 この記事は約 3 分で読めます。 39,253 Views

色変わり種類が多すぎ・・・

色や模様により多くのカラーが作られていますが、コザクラインコのカラーの品種は複雑です。色や模様でなく、俗称で呼ばれるものも多いです。外観や各種資料を参考に基づいて判断していますが、品種名についての確約はありません。一部については品種の特定が困難なので、ご理解下さい。

ノーマル

全体の羽色は濃い緑色、額から前胸にかけては赤色、腰は明るい青色をしています。
  

ダークグリーン

ノーマルの体の緑色と腰の青色が暗い色をしています。

シナモングリーン

ノーマルの体の緑色と腰の青色が黄色を帯びた明るい色をしています。

アメリカンイエローパイド(タイガーチェリー)

ノーマルに黄色のまだら模様が入り、まだら模様の数や割合は個体差が大きいです。タイガーチェリーとも呼ばれています。
コザクラインコタイガーチェリー

オリーブ

ノーマルの体の緑色と腰の青色が、ダークグリーンよりも暗い色をしています。

オーストラリアンシナモン

顔と額が赤色、体が黄緑色を帯びた黄色をしています。風切り羽はシナモン色、腰は薄青色です。目はブドウ目で、オースロラリアンイエローゴールデンチェリーとも呼ばれています。

アメリカンイエロー

顔と額が赤色、体がからし色のように黒色を帯びた黄色をしています。風切り羽と腰は白色を帯びています。目は黒目をしています、オースロラリアンシナモンとともにゴールデンチェリーとも呼ばれています。

ルチノー

額と顔が赤色、体は黄色、赤い目をしています。風切りと腰は白色を帯びています。目は赤目をしています。ゴールデンチェリーと似ていますが、目のと腰の色で鑑別します。顔が白色、額があんず色、体は繰クリーム色をしています。風切りと腰は白色で、目は赤目です。

アルビノ

体も顔も白色で、目は赤目です。ピュアホワイトとも呼ばれています。

シーグリーン

顔は白色で、額は杏子色、クチバシの付け根がピンク色をしており、先の方がクリーム色になっているのが特徴です。
 

ホワイトフェイス

額の色がなくなり、名前の通り白色の顔が特徴です。体の色によってはホワイトフェイス●●●などと呼ばれます。

ホワイトフェイス・モーブ

ホワイトフェイス・ブルー

オパーリン

顔の色は後頭部まで頭全体に色が入ります
 

ヤエザクラインコ

コザクラインコとボタンインコの交雑種で、繁殖能力をもたないが、生殖行為や産卵は行えます。一見、ボタンインコのようにみえますが、アイリングが細いこと、クチバシが赤色でなく、オレンジ色をしています。
 

ラブバードだけの本はこれしかない!

 

生態から特徴・飼育のことまでしっかりと詳しく書かれています!

ラブバード好きの方への漫画!

 

ラブバード中毒になります!なっている方もぜひ読んで下さい!

\ SNSでシェアしよう! /

ボタンインコ・コザクラインコ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ボタンインコ・コザクラインコ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ボタンインコの品種 | メガネ顔が可愛い!

  • ボタンインコ・コザクラインコの雌雄鑑別と繁殖

  • ボタンインコ・コザクラインコってどんな鳥?|知らないといけない生態と特徴