1. TOP
  2. 草食動物の揮発性脂肪酸

草食動物の揮発性脂肪酸

VFAって重要なエネルギー

ウサギ、モルモット、チンチラなどの草食動物が食べた繊維質を盲腸内の微生物叢が、難消化性の糖質や食物繊維を分解・発酵して、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの揮発性脂肪酸(VFA:Volatile Fatty Acid)が生成されます。草食動物にとってはVFAは重要なエネルギー源であり、これらの化合物は通常、腸の内層に吸収され、健康維持に欠かせません。つまり草食動物は腸内微生物叢との共生により、本来消化できない植物の繊維をエネルギーや体の組織に変えているわけです。ウサギのVFAは維持エネルギー要件の約40%に相当します〔Marty et al.1984〕。ウサギは48時間絶食するとVFA生成も減少すると言われているため〔Vernay et al.1975〕、身体の影響が起こることが予想されます。

VFAの組成?

VFAである酢酸、プロピオン酸、酪酸は短鎖脂肪酸で、揮発性という名前の通り、蒸発しやすいという性質のためエネルギーとして利用しやすいです。摂取する栄養素の影響で生成されるVFAの組成は変わってきますが、ウサギでは酪酸はプロピオン酸よりも高いとも言われ、能動輸送で選択的に結腸で吸収されます〔Vernay et al.1975〕。

参考文献
■Vernay M,Raynaud P.Distribution of volatile fatty acids in digestive tract contents of rabbit.I.–Rabbits fed with lucern and oat (author’s transl).Ann Rech Vet6(4):357-68.1975
■Marty J,M Vernay M.Absorption and metabolism of the volatile fatty acids in the hind-gut of the rabbit.Br J Nutr51(2):265-77.1984
■Vernay M,Raynaud P.Distribution of volatile fatty acids in digestive tract contents of rabbit. II.–Rabbits subjected to fasting (author’s transl).Am Rech Vet6(4):369-77.1975