1. TOP
  2. 哺乳類・鳥類の温度と湿度

哺乳類・鳥類の温度と湿度

温度湿度計

温度

●ケージ内の温度は、動物の数(密度)やケージの大きさなどによって大きく影響を受けます。
●温度の変化は動物の活動性、食欲、排泄などに影響し、マウスやラットでは30℃以上になると開口呼吸や喘ぎがみられます〔Yamauchi 1995〕。しかし、低温になると、シマリスやハムスター、リチャードソンジリスなどでは冬眠してしまいます。
●適切な温度管理を行うため、ケージを置く部屋自体の温度をエアコンで管理してください。特に暑さに弱い、ウサギやチンチラではエアコンで温度設定をした方が断然楽になります。
●エアコン以外の保温方法は、床敷を綿に変えたり、床敷を厚く敷くのも一方法です。また、パネルヒーターやフィルムヒーターをケージの下に設置するなどの策をとりましょう。ペット用のカイロや保温球などを使ってもよいでしょう。
●エアコン以外に温度を下げる方法は、風通しのよい部屋にケージを置いたり、送風機を使ったりします。また、金属ベット(金属板)板やストーンベッドなどを入れてあげたり、保冷剤などをケージの外においてあげましょう。
●ケージの上段と下段、または室内の中のケージを置く場所によって温度差は生じるため、温度計を使って必ず温度管理を行って下さい。
●温度はさらに湿度や換気などの影響を強く受けます。

湿度

●実際にケージ内では、動物の呼気、糞や尿、給水器などからの水分の蒸発によって、湿度は上昇しがちになります。
湿度が上がることで、ケージ内の微生物の増殖が起こりやすくなり、細菌感染の原因になります。
乾燥し過ぎると、鼻や呼吸器の粘膜を傷害したり、過敏症になりがちになり、鼻炎気管支炎の原因になります。理想の湿度を保つには、除湿器や加湿器で管理してください。

換気(風通し)

●換気、いわゆる風通しは温度や湿度に大きく影響します。
●換気が足りないと、温度や湿度はやや高くなります。水槽ケージであると換気が作れなくなります。換気が足りないことで、尿のアンモニアがケージ内にこもります。アンモニアは結膜炎鼻炎の原因になることもあります。モルモットなどの排泄物の量が多い動物では、頻繁な掃除ならびに十分な換気が必要になります。
●エアコンなどによる送風は換気にもなりますが、動物に直接風を当てすぎると体調を崩す原因になります。

参考文献
■Yamauchi C.Studies on the environmental control of laboratory animals. Exp.Anim 44.p9-21.1995