1. TOP
  2. 爬虫類の温度依存性決定

爬虫類の温度依存性決定

オスとメスを人工的に作りわけることができる?

●哺乳類の雄雌の性別は遺伝子の性染色体で決定されます。しかし、ワニ、多くのカメ、そして一部のトカゲでは性染色体を持たずに、卵の孵化温度によって性が決定されます。これを温度依存性決定(Temperature-dependent sex determination:TSD)と呼ばれます。なお、爬虫類でもヘビにはこの現象はみられません〔能村 1984〕。
●TSDは1966年に西アフリカのトカゲ(Agama agama)の卵の観察を通じて初めて報告されました〔Charnier 1966〕。一部の爬虫類は卵の孵卵温度で雌雄が決まることから、繁殖家たちは孵卵の際の温度を操作し、希望する性を産ませることができます。野生では、巣穴での卵の位置、天候や日照条件、土壌の温度や湿度により孵卵温度が変化します。どの爬虫類がTSDが行われるのかも、全てが分かっていません。
●卵の胚発生の18~30%に達した時点に温度の影響を受けてると考えられています。トカゲでは、孵化期間の前半、カメでは真中あたりが、温度への感受性はいちばん強くなると考えられています〔Pieau et al.1981〕。
●TSDはカメパターン、トカゲパターン、その他のパターンの3つがあります。いずれのパターンでも、100%メスから100%オスに移行する間の温度領域をTRT(Transitional range of temperature)と呼ばれ、このTRT内では、雌雄が混ざって産まれます。

http://www.st.rim.or.jp/~samacha/TSDF/TSD1.html

カメのパターン

●カメは低温域ではオス、高温域ではメスが産まれ、TRTで雌雄の性比が1:1になるのは27~31℃という狭い領域です〔村松 1984〕。

https://www.sciencedirect.com/topics/agricultural-and-biological-sciences/testudo-graeca

●ギリシャリクガメは29.5Cでは100%オス、31.5Cでは100%メスが生まれ、TRT内の30~31Cではオス・メス両方が産まれます〔Pieau 1972〕。
●ヨーロッパヌマガメは27.5Cで100%オス、29.5Cでは100%メスが生まれ、TRT内の28~29Cではオス・メス両方が産まれます。

トカゲパターン

●カメパターンとは反対に、高温域ではオス、低温域ではメスが多く産まれます。昔はトカゲの多くがこのパターンといわれていましたが、一部は下記のその他のパータンであることが分かってきましたが、レットヘッドアガマなどはこのパターンです。またアメリカアリゲーターにもこのパターンであることが報告されました〔村松 1984〕。

その他のパターン

●低温ならびに高温域ではメス、オスが生じるのはその中間の温度域です。このグループにはカミツキガメ、ドロガメ、ニシキガメ、ニホンヤモリ、ヒョウモントカゲモドキ、オーストラリアワニなどが含まれ〔村松 1984〕。
●カミツキガメは20Cの低温と30C以上の高温でメスが産まれ、中間の22~28Cでは主にオスが産まれます。

参考文献
■Charnier M. C R Seances Soc Biol Fil,160, 620-622.1966
■能村哲郎.爬虫類の性分化とホルモン.日本比較内分泌学会編.学会出版センター.東京.p115-138.1984
■村松晋.性決定様式と性染色体.性分化とホルモン.日本比較内分泌学会編.学会出版センター.東京.p25-38.1984
■Pieau C.Effets de la température sur le développement des glandes génitales chez les embryons de deux Chéloniens, Emys orbicularis L. et Testudo graeca L. C R Acad Sci Paris 274D: 719–722.1972
■Pieau C,Dorizzi M.Determination of temperature sensitive stages for sexual differentiation of the gonads in embryos of the turtle,Emys orbicularis.J Morph 170.373–382.1981