1. TOP
  2. 爬虫類・両生類の床敷

爬虫類・両生類の床敷

ケージの下に敷くものは何がよい?

●爬虫類のケージに敷く床材を敷くと生体の足が滑るのを防ぎ、見た目もよくなり、穴掘りを好む爬虫類の野生の行動を促し、ストレスを軽減する効果もあります。しかし、爬虫類には水場を必要とするカメや、乾燥地に住むヘビやトカゲなど様々な種類がいますので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。
●一般的には床敷を約3〜5cmの厚みになるように敷きますが、大きなケージだと膨大な床敷の量と金額になります。日頃のお手入れは、糞やオシッコが付いた部分の床敷を取り除き、汚れ具合によって、定期的に交換しないと、臭いが気になります。
●一部の爬虫類は床敷を食べて誤飲の危険性はありますので、注意しないといけません。
●最近は床材でなく、マットタイプの床敷も販売されています。

選び方

ヒョウモントカゲモドキ・フトアゴヒゲトカゲ・リクガメのための乾燥系の床敷

  • 砂系
  • 植物系(バークチップ、クルミの殻)
  • セラミック
  • 紙系(キッチンペーパー、ティッシュ)
●乾燥した環境を再現するなら、砂系、植物系、セラミック、紙系の床敷が使われます。見た目を気にしなければ、紙系の床材はキッチンペーパーやペットシーツなどが使われています。
ヒョウモントカゲモドキ
●細かい乾燥した床砂がよく使われており、生息地をイメージさせて見た目もすぐれています。商品として販売されているものは、目の細かいものや荒いものなど種類もさまざです。見た目だけでなく、バスキングライトやパネルヒーターで保温していると砂自体も暖まり、温まった砂の上にいる生体も暖まります。また、穴を掘る習性のあるヒョウモントカゲモドキやヨツユビリクガメなどは、床砂をかくことで習性が満たされてストレスが減る効果があります。
ヘルマンリクガメ ヒョウモントカゲモドキ
●植物系ではクルミの殻を砕いて床砂に似せた商品や赤松や黒松などの松の樹皮を細かくしたバークチップが使われます。
●クルミの殻を砕いた床材は砂と異なり、誤食しても安全であるため人気があります。
●バークチップは一つ一つの欠片の大きさが異なるので、爬虫類にとって歩きやすい大きさを選んであげてください。
バークチップ
●最近は、セラミックサンドと呼ばれるセラミックを焼いて作った砂も流通しており、消臭や有害物質も吸着する作用があります。セラミックサンドは潰すと砕けるように作られており、生体が食べても排泄しや易くなっているのが特徴です。
セラミック砂

(砂系)カミハタ ナミブサンド

 

格好からせめる砂ならコレ!アフリカのナミブ砂漠の砂で、赤い砂漠とも呼ばれています。雰囲気もバッチリで、ムードをより深めます。天然の砂漠は長い時間の風化によって砂の角がとれて丸くなっており、誤食しても胃腸を傷つけることはなく排泄します。2.0kgのサイズだけになります。

(砂系)ジェックス デザートソイル

 

アンモニア対策砂ならコレ!天然の赤土から作られた多数の小さな孔が開いた砂です。この多孔性の砂は糞やオシッコのアンモニアも吸着し、砂は排泄物とともに固まるので掃除も楽です。そのまま使えば乾燥系、散水すれば砂が水分を含んで保湿系として使えるので、便利な床砂です。800g、2kg、4kg、10kgと沢山のサイズがあります。

(クルミの殻)ビバリア ウオールナッツサンド

 

食べても安全な砂!まるで砂ようなクルミの殻!植物のクルミから出来ているので、燃やせるごみとして破棄できます。くるみの殻は細かくて、砂よりも軽いのもうれしいですね。1.5kg、3kg、5kgのサイズがあります。

(クルミの殻)カミハタ デザートブレンド クラシック

 

ウオールナッツサンドと同じクルミの殻を細かく砕いたものですが、さらに砂のようにさらさらと加工した床材です。砂と間違えて購入する人が多い位です。2.2kgと4.4kgのサイズが販売されています。

(砂系)ニッソー WPホワイトサンド 3Kg

 

インスタ映えを狙うならコレ!とにかく綺麗にみせたいならコレを使ってください。砂漠のような白くサラサラの天然砂で、ガラスの原料にも使用されているオーストラリア産超高純度珪砂を使用しています。飲み込みやすいと思われがちですが、細かい砂だけに排泄しやすいです。

(バークチップ)ポゴナクラブ バークチップ 4L

 

歩きやすい床材!小さくもなく大きくもない大きさなので歩きやすい松の樹皮のバークチップです。松の香りがストレスを和らげます。

(セラミック)ジグラ アギト レプタイルサンド アラメ

 

次世代床材セラミック!フトアゴヒゲトカゲとヒョウモントカゲモドキの飼い主注目!乾燥系のセラミックの床砂で、軽くて濡れても固まりにくくなっており、円柱状の砂の形は飲み込んでしまっても、糞と一緒に排泄しやすくなっています。粗目(アラメ)と細目(ホソメ)との2つのタイプがあります。

ヘビなどの保湿系の床敷

  • 土砂系(赤土、黒土)
  • 植物系(ヤシガラ土、水ゴケ)
●熱帯・亜熱帯の地域住んでいる爬虫類には、保水力の高い床敷がおすすめです。
●土砂系では天然の赤土などを加工して作られたものが多く、保水性や通水性が優れてるのが特徴です。粒のサイズが大きく、生体が床砂の上を歩いても足が埋もれないようにできています。
●植物系ではヤシガラ土、ウッドチップなどよく使われます。散水する量で保湿の程度を変えることができます。
●保湿力をとにかく求めるなら水ゴケを使ってください。水ゴケは水でふやかしてから使います。ケージの床全体に敷くだけでなく、シェルター内だけの局所的に湿度を上げたい時にも使われます。
コーンスネーク

(植物系)ジクラ 万能ヤシガラマット 4L

 

臭い対策の床材ならコレ!天然ヤシガラ100%で、アンモニアを吸着し、脱臭に優れています。ふやかして使用する圧縮タイプなのでコンパクトで、ストック場所もかさばらりません。

(植物系)アイリスオーヤマ 水苔 最高級水苔 AA+ 75g

 

ジメジメならコレがベスト!保水性・排水性に優れた水苔です。水でもどしてからお使いください。

(土系)ジェックス  テラリウムソイル

 

ワイルドだぜ!土壌にいるバチルス菌が生きたまま配合された黒ボク土です。バチルス菌は食べかすや糞のアンモニアまで分解して、ケージの中の衛生状態をよくしてくれます。黒ボク土は通水性ならびに保水性にも優れ、テラリウムの植物まで丈夫に育ちます。2kgと4kgのサイズがあります。

乾燥でも保湿でも使える床敷

●乾燥でもなく、やや湿った位の地域にいる爬虫類には何を使ったらよいのでしょうか?
●季節によって半乾燥や湿潤した環境を作らないといけないこともあるし、表面は乾いているけれど掘ると湿っているという状況などでも困ってしまいます。
●このような時にはヤシガラ土やウッドチップなら状況に合わせて全体を湿らせて使ったり、深い所は湿らせることもできます。必要に応じて霧吹きや散水して保湿の具合を変えることができます。
●保湿系の床敷のデメリットは カビや虫が発生しやすいので、 定期的に交換することを心掛けてください。

(ウッドチップ)ズーメッドジャパン アスペンスネークベッディング 8.8L

 

ヘビを綺麗に飼うための床材!明るめの色のヤマナラシの木のウッドチップです。ヘビなら散水して湿らせて使ってください。白ヘビ以外の赤や黒のヘビなら色が際立ってとても綺麗に見えます。糞やオシッコ等の汚れが見やすく、清潔に保てます。

マットタイプ床敷

●床材でなく、マットタイプの床敷が乾燥でもなく、やや湿った位の地域にいる爬虫類には何を使ったらよいのでしょうか?
●ケージの大きさに合わせて切って使用できます。そのままマットだけの使用や、他の床材と併用もできます。

dooti ココナッツマット  80×40cm

 

ココナツ繊維マット!どちらかというと乾燥系の床敷として使ってください。見た目もよく、耐久性があります。繊維で作られているので、吸湿性、防湿性、防カビ性を持ちあわせています。糞やオシッコで汚れたら繰り返して使用できるのがよいですね。

ANION テラリウムマット 57×42cm

 

人工線維のマット!ゼオライド入りの人工繊維で作られているので、とにかく耐久性は保証します。2ヵ月は持ちます!吸湿性、防湿性、防カビ性はもちろんのこと、抗菌と防虫効果まであります。糞やオシッコで汚れたら繰り返して使用できます。

まとめ

爬虫類の床砂は足場になるだけでなく、温度や湿度管理にも影響し、穴をほるような自然の行動を生み出します。もちろん限られたケージ内の衛生管理のために掃除も楽にできるものが理想です。病気にさせずに健康にするために、床石選びも大切なことなので、しっかりと選んであげましょう。