1. TOP
  2. 4 ジュウシマツのQ&A
  3. ジュウシマツの仮母って?専門獣医師が解説する鳥の托卵!

ジュウシマツの仮母って?専門獣医師が解説する鳥の托卵!

4 ジュウシマツのQ&A この記事は約 2 分で読めます。 355 Views

托卵とは?

托卵とは、鳥が自分の卵や孵卵した雛への世話を他の個体に托すことで、育ての親は仮母あるいは仮親と呼ばれてます〔山内 1995〕。野鳥ではカッコウが、オオヨシキリ、ホオジロ、モズ等の巣に托卵する例が有名です。カッコウの雛は巣の持ち主の雛より早く生まれ、本来の雛を巣の外に押し出します〔樋口 1995〕。カッコウの雛は仮親の唯一の雛となり、仮親からの餌をもらい、成長して巣立っていきます。

ジュウシマツの仮母

飼鳥ではジュウシマツは子育ても上手なことから、他のススメ目の仮母として、抱卵して孵卵させたり、その雛を育てさせる目的で使用されます。巣引きが下手なキンカチョウなどが、ジュウシマツの仮親を使うことが有名でした。

参考文献
◼️Kingsley Omogiade Idahor.Avian Reproduction.Nasarawa State University.2021
◼️樋口広芳.托卵習性に見る鳥類の繁殖適応.Journal of Reproduction and Development41(6).j127-j133.1995
◼️山内淳.鳥類における托卵行動の進化.野外観察・実験と理論.日本生態学45(2):131-144.1995

\ SNSでシェアしよう! /

ジュウシマツ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジュウシマツ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • どうやって飲むの?専門獣医師が解説する鳥の水の飲み方