1. TOP
  2. 1 ジュウシマツの生態と知識
  3. 専門獣医師が解説する鳥の塩腺

専門獣医師が解説する鳥の塩腺

1 ジュウシマツの生態と知識 この記事は約 3 分で読めます。 281 Views

塩?

塩腺(Salt gland)と呼ばれる塩類排泄機能が、水鳥、海鳥、一部の猛禽類や砂漠に棲息する鳥類では発達しています〔Riddell et al.1991,Shuttleworth et al.1999〕。海水や餌とともに摂取した過剰な塩分を体外に排出する機能で、海鳥類では頭骨の眼窩の上に1対で存在し、鼻腺(Nasal gland)とも呼ばれています。

浸透圧の調整?

排出された塩類の溶液は細い道管を通って鼻腔に運ばれて鼻孔から体外に排泄され、鳥は高張尿を生成する能力が限られていることから、代償機構として考えられています〔Shuttleworth et al.1999〕。塩腺が鳥の体から排出されるナトリウムと塩化物の60~88%を除去できるという記載もあります〔Frazier et al.1995〕。

鼻の周囲のガビガビ?

脱水症状や熱ストレスを受けた鳥の鼻孔の周囲に塩の付着が見られる場合があり、これは鼻孔の機能が顕著に現れていることを示しています〔Lumeij 2000〕。塩腺の大きさは鳥の塩分摂取量に依存し、海鳥は過形成反応で大きく〔Shuttleworth et al.1999〕、塩分をほとんど摂取しない鳥では小さいです。

参考文献
■Frazier DL,Jones MP,Orosz SE.Pharmacokinetic considerations of the renal system in birds: part I. Anatomic and physiologic principles of allometric scaling.J Avian Med Surg 9:92-103.1995
■Lumeij JT.Pathophysiology,diagnosis and treatment of renal disorders in birds of prey.In Raptor Biomedicine III.Lumeij JT et al eds.Zoological Education Network.Inc. Lake Worth FL:p169-178.2000
■Riddell C,Roepke D.Inflam16_Nephrology.qxd 8/23/2005 10:43 AM Page 490 Chapter 16 | EVALUATING AND TREATING THE KIDNEYS 491 mation of the nasal gland in domestic turkeys. Avian Dis 35:982-985.1991
■Shuttleworth TJ,Hildebrandt JP.Vertebrate salt glands: shortand long-term regulation of function.J Exp Zoo283:689-701.1999

\ SNSでシェアしよう! /

ジュウシマツ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジュウシマツ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説するジュウシマツの品種〔Ver.2〕日本で品種改良された!

  • 専門獣医師が解説するジュウシマツってどんな鳥?〔Ver.2〕知らないといけない生態と知識

  • 専門獣医師が解説する鳥の腎臓と尿酸

  • 専門獣医師が解説するジュウシマツの雌雄鑑別と繁殖〔Ver.2〕巣引きは簡単!