1. TOP
  2. 1 マウスの生態と特徴
  3. マウスってどんな動物?│知らないといけない生態と特徴

マウスってどんな動物?│知らないといけない生態と特徴

 2019/05/16 1 マウスの生態と特徴 この記事は約 5 分で読めます。

賢いミニマムサイズのネズミ

●マウスの和名wはハツカネズミで、妊娠期間が約20日であることに由来しています。その短い繁殖サイクルから、実験動物として世界でもっとも多く使用されてます。
●人が農業を始めた約1万年前から、畑や穀物を保存するために建てた蔵にハツカネズミが棲み着くようになり、人との関わりが始まりました。その後、主に実験動物として使われるようになりました。
マウス実験動物
●ミッキーマウスはマウスがモデルになったといわれています。

ミッキーマウスはマウスがオリジナル?

分類・生態

●遺伝的特徴と生息域からいくつかの亜種に分けられていますが、実験用として使われているマウスは、この中のMus musculus castaneus,M.m.domesticus,M.m.musculusの3 亜種から作られたといわれています。
●ペットのマウスは実験動物のマウスと区別するために、ファンシーマウスという呼称で呼ばれることもあります。日本ではまだまだペットとしてはポピュラーではありません。

カラーマウス

分類

ネズミ目(げっ歯目)ネズミ科ハツカネズミ属
学名: Mus musculus
英名:House mouse
別名:ハツカネズミ
ハツカネズミ

分布

世界各地

身体

●頭胴長:約8cm
●尾長:約7cm
●体重:オス18~40g、メス20~40g
(一般的に同じ品種であればオスとメスの体格差が少ないのがマウスの特徴です)

生態

環境
・草地、田畑、河原、荒れ地などをはじめ、家屋の周辺などの様々な環境
食性:雑食性で、植物の葉、茎、根、実や種子などを食べています。人の食糧をあさって食べることもあります。

 ハツカネズミ
行動:夜行性で、昼は巣の中で休み、夕方頃から活動をはじめます。
ハツカネズミ
寿命:約2年

特徴

習性

●性格は穏やかで、好奇心旺盛といえます。咬みつくことはほとんどありません。
●知能が高く、学習能力に長けています。
マウス
●非常に人に馴れやすく、信頼関係ができてくると人とコミュニケーションをとるようになります。ただし、人を個別に認識することはできません。
●夜行性ですが、昼間でも数時間間隔で睡眠と覚醒を繰り返します。そのために昼でもたびたび動き回る姿が観察されます。●他のネズミに比べて素早く動き、飛び跳ねる行動(跳躍)がよくみられます。特に離乳前後の幼体は、人が触れようとすると飛び跳ねますので、落とさないように注意してください。
マウス

優しくて賢く人に馴れる!

●鳴き声は、「チューチュー」と甲高い声を発しますが、主なマウスの音声コミュニケーションは、人には聞こえない超音波によるものです〔Konopka et al.2016〕。
●マウスもウサギほどではありませんが、食糞をします。

身体

●体が小さく、目も丸く、頭の大きさの割には大きな丸い耳をして、典型的なネズミの顔をしています。
ハツカネズミ
●尾は細長く、ほとんど毛が生えておらず、鱗状の皮膚で覆われています。
●乳首は5対(10個)あります。
●前足の第1指は退化しているため、前足の指は4本、後足の指は5本です。

マウス前足

前足

●歯は前歯と奥歯があり、全部で16本で、特に前歯は大きくて鋭く、硬いものもかじります。前歯は常生歯で、生涯にわたり伸び続けますが、奥歯は伸びません。前歯の表面は黄褐色をしていますが、これは虫歯ではなく、体内のミネラルが沈着しているからです。
●夜行性の動物なので、視力が弱く、そのかわり聴覚(超音波でコミュニケーションをとる)と嗅覚(体臭やフェロモンで個体識別や性的誘導を行う)が発達しています。
●体臭があり、特にオスは強くてかび臭いといわれることがあります。

オスの体臭が強いですが、オヤジ臭ほどではありません

マウスをもっと勉強するならこの本(お求めはコチラ!)

 

獣医大学、動物看護師学校の教科書指定本!マウスのことが詳しく書いてあります。

参考文献

■Baumans V.The Laboratory mouse.In The UFAW handbook on the care and management of laboratory and other research animals.Universities Federation for Animal Welfare.8th ed. Hubrecht R,Kirkwood J.eds.Wiler-Blackwell.Oxford.UK.2010
■Konopka G,Roberts TF.Animal Models of Speech and Vocal Communication Deficits Associated With Psychiatric Disorders.Biol Psychiatry1.79(1).53-61.2016

\ SNSでシェアしよう! /

マウス・ラット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マウス・ラット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マウスの品種│いわゆるカラーマウス!

  • マウスの雄雌鑑別と繁殖│20日で繁殖するハツカネズミ!