1. TOP
  2. 爬虫類のペニス(Ver.2)

爬虫類のペニス(Ver.2)

爬虫類のオチンチン

爬虫類のオスの生殖器は左右の精巣と精管、ペニス(陰茎)からなります。種類によってペニスの形状が異なります。爬虫類のペニスは哺乳類のように尿道が通っていません。オシッコは総排泄腔(そうはいせつくう)(お尻の穴にある空間は、直腸、精管、膀胱の開口部になっている)から排泄し、糞と一緒に出てきます。交尾の際に精子はペニスの外壁の精溝と呼ばれる溝を伝って、メスの総排泄腔に導かれます〔疋田 2012〕。つまり、ペニスには哺乳類のような尿道がペニスの中を通っていないことが特徴です。

カメのペニス

カメ・ワニ

カメとワニは哺乳類と同じ1本のペニス(陰茎)を持っており、海綿体の膨張により総排泄腔から押し出されます。平常時のペニスは、総排泄腔の頭腹側に収納されています。

リクガメのペニスは肉色ですが、水ガメは黒色をしています。
カメペニス 

発情するとペニスの海綿体が充血することで勃起し、メスの背中に乗って総排泄腔にペニスを挿入します。

トカゲ・ヘビ

トカゲやヘビはペニスではなく、ヘミペニス(Hemipenis:半陰茎)と呼ばれる特有の交接する器官を持っています。ヘミペニスは袋状をしており、左右に1本ずつ1対存在し、通常は総排出腔の後方左右のいわゆる尾の付け根あたりに、裏返った状態で収納されています。

 
ペニスが収納さている空間(袋)をクロアカサック(Cloacal sac)をと言います。そのため、オスは尾の付け根が2つ膨らんでいるのです。イグアナやフトアゴヒゲトカゲよりも、ヒョウモントカゲモドキの方が明確に分かります。

トカゲ・ヘビの雌雄が尾の付け根の太さで鑑別するのはこのためです。嚢状のヘミペニスは海綿体の充血により外に反転して押し出され、メスに挿入します。ヘミペニスが2本ある理由は、メスは精子を体内に貯蔵することができ、その期間は5年かそれ以上に及ぶ〔Booth et al.2011〕。この現象は隠蔽的雌性選択 として知られ、メスには卵がいつ受精するかを決定する能力があるためである。1頭のメスは複数のオスと交配が可能で、いつ受精するかも選ぶことができる。さらにメスは複数のオスと交接していた場合、一回の産卵で多数のオスからの遺伝的要素を受け継いだ子供たちを産むことができる。それに対応して、オスが1本ではなく2本のヘミペニスを持ち、ヘミペニスのそれぞれは各1つずつの精巣とつながっており、1度の交尾で片方だけが使用され、もう1本は予備として機能し、1つの精巣が精子を使い尽くしたとしても交尾を継続できるようにしていると言われています。

ヘミペニスは種類によって形状が異なり、特にヘビに多数の棘状突起が見られ、種類によって様々な形状をしています。ヘミペニスの棘はオスにとってより長い、つまり受精率が高い交配の助けとなっていると言う説があります。ヘビのヘミペニスの棘を外科的に除去しても、交配は可能であったが、持続時間と交尾の深さは対照群と比較して遙かに低かった。棘はオスがメスと交尾をする能力において重要な役割を果たしていると言われている〔Friesen et al.2014〕。

ヘビのペニス

専門家は専用のセックスプローブと呼ばれる先端が丸くなった滑らかな棒を使い、それが総排出腔から後方の反転した半陰茎に差し込めればオス、差し込めなければ半陰茎がないのでメスとして雌雄を見分けます。

これがポイント!
・爬虫類のペニスは尿道が通っていない
・排尿は総排泄腔から排出され、精子はペニスの精溝を伝ってメスの総排泄腔に導かれる
・カメやワニのペニスは1つ
・トカゲやヘビは1対のヘミペニス
・ヘビのヘミペニスは棘や鈎を持つ

参考文献

■Friesen CR,Uhrig EJ,Squire MK,Mason RT,Brennan PL.Sexual conflict over mating in red-sided garter snakes (Thamnophis sirtalis) as indicated by experimental manipulation of genitalia. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences281.17742014
■Booth W,Schuett G.Molecular genetic evidence for alternative reproductive strategies in North American pitvipers (Serpentes: Viperidae):long-term sperm storage and facultative parthenogenesis.Biological Journal of the Linnean Society104(4):934–942.2011
■疋田務.爬虫類の進化.東京大学出版会.p13.2002

もっとペニスを勉強したいならこの本!

 

おちんちんの全てが書いてある!Dr.ツルも共著の本!