1. TOP
  2. 4 ブンチョウのQ&A
  3. 専門獣医師が解説するフィンチのはばき〔Ver.2〕ブンチョウの足がカサカサしています?

専門獣医師が解説するフィンチのはばき〔Ver.2〕ブンチョウの足がカサカサしています?

 2020/01/19 4 ブンチョウのQ&A この記事は約 2 分で読めます。 19,167 Views
ブンチョウはばき

脚の異常?

健常体のブンチョウの脚および趾はピンク色をした脚鱗をしています。

ブンチョウ足

脚鱗の上皮が硬結し、剥がれずにに盛り上がり、白色を帯びてひび割れが入っているように見える状態をはばきと言います。はばきが進行して、鳥自身も気になって足をつついたりという姿が見られることもあります。

何故はばきと言うの?

昔、旅行や作業などの時に、ワラや布をすねに巻きつけてひもで結び、動きやすくしたものをはばき(脛巾)と呼ばれています。このすねに巻いたはばきが、鳥の足のガサガサに似ていることが名前の由来です。

はばき

病気なの?

はばきは生理現象と病気で起こります。生理現象は代謝が衰えてきた老鳥に好発しますが、脚鱗は爪や嘴と同じケラチンで出来ており、下のような疾病でも発生しやすくなります。

ブンチョウ老化

最も考えられるのが、アミノ酸欠乏及びビタミンA欠乏症、甲状腺機能低下症(甲状腺腫)です。ケラチンはアミノ酸から出来ておりビタミンAは皮膚の恒常性を保つビタミンです。甲状腺ホルモンは新陳代謝をつかさどり、ホルモンが低下する甲状腺機能低下症で、はばきが見られます。はばきがひどいと止まり木をきちんとつかめなくなり、爪も伸びやすくなります。

ブンチョウ爪

対応

段からできる予防としては、栄養バランスの改善と体調の管理です。シード主食の場合はアミノ酸やビタミン欠乏、甲状腺機能低下症を発生しやすくなりますので、サプリメントなどで不足する栄養素を補ったり、ペレットに交換したりします。

\ SNSでシェアしよう! /

ブンチョウ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ブンチョウはばき

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブンチョウ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ブンチョウの顔がはげてきました・・・?〔専門獣医師の解説〕

  • 小鳥が口をパクパクしているんですけど?〔Ver.2〕専門獣医師が解説する鳥の甲状腺腫

  • 専門獣医師が解説する鳥の皮膚糸状症~ブンチョウの嘴顔の黄色カサブタ?