1. TOP
  2. 3 ブンチョウの病気
  3. ブンチョウの足がカサカサして、皮がめくれてます・・・

ブンチョウの足がカサカサして、皮がめくれてます・・・

 2020/01/19 3 ブンチョウの病気 この記事は約 2 分で読めます。 10,978 Views
ブンチョウはばき

「はばき」のようです!

●健康なブンチョウの足はピンク色をしています。
ブンチョウ足
●はばきになると、足の皮膚がウロコ状に厚く硬くなって、ガサガサになったり、白く浮き上がってきます。
●鳥の足は脚鱗(きゃくりん)と呼ばれるウロコ状の皮膚に覆われています。足に古い角質が溜まるため、厚く硬くなり、ガサガサになってウロコ状の皮膚がめくれたり、ポロポロ剥がれたりするのがはばきです。

なんで、はばきと言うの?

●昔、旅行や作業などの時に、ワラや布をすねに巻きつけてひもで結び、動きやすくしたものをはばき(脛巾)と呼ばれています。このすねに巻いたはばきが、鳥の足のガサガサに似ていることが名前の由来です。
はばき

病気なの?

●はばきは生理現象と病気で起こります。
●生理現象は代謝が衰えてきた老鳥によく見られるものです。はばきが起きても、文鳥は自分のクチバシで手入れするので、人間が手を加える必要はありません。
ブンチョウ老化

●病気の症状としてはばきが起きることがあります。ビタミンA欠乏症と甲状腺機能低下症(甲状腺腫)が疑えます。ビタミンAは皮膚の恒常性を保つビタミンです。
●甲状腺ホルモンは新陳代謝をつかさどり、ホルモンが出なくなる甲状腺機能低下症で、はばきが見られます。

●はばきがひどいと止まり木をきちんとつかめなくなり、爪も伸びやすくなります。

ブンチョウ爪

対応

●足のガサガサのウロコをふやかして剥がすこともありますが、無理しないでください。
●動物病院で原因を探って、対応を考えますが、多くは原因が特定できません。

予防

●ビタミン・ミナラルが不足しないように青菜をたくさん与えたりと、栄養のバランスに気をつけましょう。病気であれば主食をペレットにすることが最も効果的な予防になります。

\ SNSでシェアしよう! /

ブンチョウ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ブンチョウはばき

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブンチョウ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事