1. TOP
  2. 4 ブンチョウのQ&A
  3. 専門獣医師が解説する鳥の皮膚糸状症~ブンチョウの嘴顔の黄色カサブタ?

専門獣医師が解説する鳥の皮膚糸状症~ブンチョウの嘴顔の黄色カサブタ?

 2024/01/22 4 ブンチョウのQ&A この記事は約 3 分で読めます。 191 Views

カビのことね!

皮膚に起こる真菌感染症で、飼育鳥ではフィンチ類、特に文鳥に多く見られます。主に後頭部、嘴周辺を中心とに、脱羽や黄色痂皮を生じ、鳥は違和感を感じて止まり木に擦ったりするような行動が見られます。鳥の真菌感染は不適切な栄養管理、他の感染症などが免疫低下を起こすことが原因となるが、羽毛はケラチンから構成されているため、野鳥や家禽ではケラチン新和性真菌症が報告されています〔Yamaguchi 2019,Nardoni et al.2021〕。

人獣共通感染症?

これらの真菌種には、人間の患者と動物の両方の皮膚疾患の原因となる可能性もあるため注意して下さい〔Camin et al.1998,Gungnani et al.2012,Pugh et al.1970〕。

診断

患部のサンプルを顕微鏡で観察したり、真菌培養検査で診断します。

治療

基本的に抗真菌剤の内服で治療します。ケージの中を下記の消毒薬で掃除して下さい。

マイクロシンAH マイクロシンクリーナー 1L

 

楽天で購入!

コレ最高!ケージや小屋を消毒して!マイクロシンクリーナーは最先端特許技術によりウイルス、細菌、真菌(カビ)を瞬時に阻害し、清潔な状態にしてくれます。おまけに動物や糞・オシッコの嫌な臭いまで除去します。 医療機関や動物病院の病室やICU、手術室などで使用されている優れ物です!

参考文献
◾Camin AM,Chabasse D,Guiguen C.Keratinophilic fungi associated with starlings (Sturnus vulgaris) in Brittany, France. Mycopathologia143:9–12.1988
◾Gungnani HC,Sharma S,Gupta B.Keratinophilic fungi recovered from feathers of different species of birds in St Kitts and Nevis.West Ind Med J61:912–915. 2012
◾Nardoni S et al.Survey of Keratinophilic Fungi from Feathers of Birds in Tuscany.Biology (Basel) 10(12): 1317.2021
◾Pugh GJF,Evans MD.Keratinophilic fungi associated with birds. II. Physiological studies.Tran Br Mycol Soc54:241–250.1970
◾Yamaguchi S.Endangered Zoonotic Fungal Species from Chicken (Gallus gallus domestics).Med. Mycol J60.45-49.2019

\ SNSでシェアしよう! /

ブンチョウ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブンチョウ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ブンチョウの顔がはげてきました・・・?〔専門獣医師の解説〕

  • 小鳥が口をパクパクしているんですけど?〔Ver.2〕専門獣医師が解説する鳥の甲状腺腫

  • 専門獣医師が解説するフィンチのはばき〔Ver.2〕ブンチョウの足がカサカサしています?