1. TOP
  2. 3 カナリアの病気
  3. 専門獣医師が解説するカナリアの気嚢ダニ〔Ver.2〕「プチプチ」なんだこの音は?

専門獣医師が解説するカナリアの気嚢ダニ〔Ver.2〕「プチプチ」なんだこの音は?

3 カナリアの病気 この記事は約 6 分で読めます。 8,034 Views

気嚢のダニ?

一般に鼻ダニとして知られる、Rhinonyssidae Trouessart 科のダニは鳥の呼吸器系の寄生虫です〔Pence 1975〕 。この科は8属、約500 種で構成されており、本ダニの中での気嚢ダニ(Air sac mite)(コトリハナダニ:Sternostoma tracheacolumは世界中に蔓延しており、飼育鳥と野鳥の両方で報告されている有名なダニです。この種は気管から気嚢に至るまで呼吸器系全体に存在し、呼吸器感染症を引き起こします〔Murray 1966,Bell 1996〕。宿主の肺に卵を産卵し、副鼻腔、気管や気管支にも一般的に見られます。卵から成虫までの生活環は6日未満で完了します〔Bell 1996〕。

症状

臨床症状は呼吸困難、かすれた鳴き声、喘鳴(クリック音とゴロゴロ音)、咳、くしゃみであり、活動性は低下します。重度の寄生では窒息により死亡する可能性があります〔Bygrave 1980,Dimov 2011〕。感染期間および寄生数に比例して、気管支炎や肺炎、気嚢炎が起こります〔Tidemann et al.1992〕。

カナリア

発症には免疫が関与
野鳥は飼鳥よりもダニの寄生があっても、呼吸器感染症を起こさないことが多く、ダニの自然宿主であると考えられています〔Fain  et al.1962,Riffkin et al.1972〕。 それに加えて、鳥の免疫系が発症に影響し〔Fain et al.1962,Guimarães et al.2012〕、低温や乾燥、栄養の不均衡、繁殖などによって症状が強く発現します。

どの鳥種で問題なの?

カナリアとキンカチョウは本ダニに対して感受性が高いと言わています〔Ricardo et al.2019,Dimov 2011、Murray 1966〕。他のフィンチ類、ハト、ニワトリにまで広く寄生します。セキセイインコにも感染例がありますが、野生のキンカチョウに由来するS.tracheacolum に対して感受性がない、または耐性があることから、亜型の存在が疑わしいです〔Bell 1996b〕。

どうやってうつるの?

伝染は感染した鳥の唾液や鼻汁などの直接感染、水や止まり木などを介した間接感染の可能性を示しています〔Bell 1996〕。

診断は難しい

一般的に生前診断は難しく、宿主の死後、剖検によってのみ可能です〔Amaral  et al.1974〕。一部では鳥の気管を透かしてダニが見えることがありますが、容易ではありません。菌分離やPCR検査で細菌や真菌感染を除外し、臨床兆候から暫定的に診断をするしかありません。

カナリア気嚢ダニ

治療

イベルメクチンの経口投与が行われてきましたが〔Bell 1996b〕、近年は滴下薬の殺ダニので治療を行います。

予防は?

気嚢ダニは、体外に出ると乾燥して死滅します。水浴びや飲み水の容器の掃除はしっかりと行ってください。気嚢ダニは野鳥にも見られますので、ベランダに鳥のケージを置いておくと、スズメ等が近づいて感染する可能性があるので注意しましょう。

参考文献
■Amaral V,Rebouças MM.Métodos para o estudo de ácaros rinonissídeos.São Paulo:Instituto Biológico de São Paulo:p31.1974
■Bell PJ.The life history and transmission biology of Sternostoma tracheacolum Lawrence (Acari: Rhinonyssidae) associated with the Gouldian finch Erythrura gouldiae.Experimental & Applied Acarology20:323‐341.1996
■Bell PJ.The endoparasitic mite Sternostoma tracheacolum Lawrence (Ridnonyssidae) and the endangered Gouldian Finch erythrura gouldiae gould (estrildidae) : a parasite-host relationship.University Of Tasmania. Thesis.1996b
■Bygrave AC.Respiratory acariasis in caged canaries (Serinus canaria).Vet Rec.1980
■Dimov ID. Rhinonyssidosis avium.J VetPharma3-4:88-90.2011
■Fain A,Hyland KE.The mites parasitic in the lungs of birds.The variability of Sternostoma tracheacolum Lawrence,1948,in domestic and wild birds.Parasitology52(3-4):401-424.1962
■Guimarães LLB,Wouters ATB,Casagrande RA,Rolim VM,Wouters F,Gonçalves ICM et al.Parasitismo pelo ácaro de sistema respiratório Sternostoma tracheacolumem um canário belga (Serinus canaria domestica).Acta Sci40(4):1094.2012
■MurrayMD.Control of respiratory acariasis of Gouldian Finches caused by Sternostoma tracheacolum by feeding carbaryl.Aust Vet J42(7):262-264.1966
■PenceDB.Keys,species and host list, and bibliography for nasal mites of North American birds(Acarina:Rhinonyssinae,Turbinoptinae, Speleognathinae,and Cytoditidae).Lubbock.Texas Tech University.1975
■Riffkin GG,McCausland IP.Respiratory acariasis caused by Sternostoma tracheacolum in aviary finches.NZ Vet J20(7):109-112.1972
■Ricardo Bassini-Silva et al.Parasitism of the nasal mite Sternostoma tracheacolum Lawrence, 1948 (Mesostigmata: Rhinonyssidae) in captive birds in Brazil.Rev Bras Parasitol Vet28(4):754‐759.2019
■Tidemann SC et al.Parasitism of wild Gouldian finches (Erythrura gouldiae) by the air-sac mite Sternostoma tracheacolum.J Wild Dis28(1):80‐84.1992

\ SNSでシェアしよう! /

カナリア情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カナリア情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!