1. TOP
  2. 1 カナリアの生態と特徴
  3. 専門獣医師が解説する鳥の交尾〔Ver.2〕~ペニスが無いってどういうこと?

専門獣医師が解説する鳥の交尾〔Ver.2〕~ペニスが無いってどういうこと?

1 カナリアの生態と特徴 この記事は約 6 分で読めます。 989 Views

オスの生殖器

オスの生殖器は左右一対の精巣と精管から構成されいます。精巣の形状は黄色帯びた楕円形で、腎臓前葉の腹側に位置しています。精巣は体温と同じ温度域(40~41℃)にあるが、哺乳類とは異なり、特有の正常な造精活動が行われています。一方で、鳥類が独自に発達させた呼吸器官である気嚢は、精巣を覆うように位置しており、これが精巣を冷却する可能性も指摘されています〔中村ら〕。種類によっては2 つの精巣のうち 1 つが大きい場合がありますが、両方とも機能します。 季節繁殖性の種類では、非繁殖期と比較して、生殖が活発な時期では精巣のサイズが300~500倍に増加することがあり、特にスズメ目では顕著です〔Johnson 1986〕。精巣内は多数の精細管で精子が生成され、一対の精管に接続された交尾器官として機能する小さな乳頭から射精します。 鳥類は体内受精を行いますが、多くの鳥類は陰茎を欠いています〔Brennan et al.2008〕。しかし、アヒル、ガチョウ、白鳥などのカモ目には陰茎が存在する種類が多く、特にアヒルの陰茎は長く、表面に棘と溝があり、螺旋状をしています〔Birkhead et al.2007〕。また、七面鳥や鶏などの家禽類では貧弱な痕跡的な形状の陰茎をしています〔Ana et al.2015,Brennan et al.2011〕 。鳥の陰茎の勃起は血液が充血するのではなく、リンパ液が貯まります〔Marcus 2011〕。

交尾方法

陰茎を欠く鳥は総排出腔との接合部(裏返したクロアカから直接女性の卵管に精液を移す)で交尾をし(総排泄孔キッスと呼ばれています)、この方法で交尾する場合は、総排泄腔を触れ合わせる時間がわずか数秒ですが、オスからメスに精子が移動するのに十分な時間とされています〔Lynch 2007,Montgomerie 2010〕。

液体が少ない?

繁殖期のスズメ目は精管基部に位置する貯精囊に放出前の精液が貯留して肥大し、特有の総排泄腔突起を形成する種類がいます〔中村ら1995〕。なお、鳥には基本的に副生殖腺は存在しないため、精液量は少ないです〔Aire 2007,Adeoye et al.2017,Almahdi et al.2014〕。繁殖期のオスのウズラは総排泄腔背壁にある排泄腔腺(cloacal gland)から白色の粘液多糖類である泡沫液を漏出します。これは一種の副生殖腺様の役割をするとも言われています〔田村ら1967〕。

参考文献
■Adeoye GO,Oleforuh-Okoleh VU,Chukwuemeka UM.Influence of breed type and age on spermatological traits of Nigerian local chickens.Agro-Science:11-16.2017
■Aire TA.Spermatogenesis and testicular cycles.In Reproductive Biology and Phylogeny of Birds,Part A,Phylogeny,Morphology,Hormones and Fertilization.Jamieson BGM ed.Science Publishers Inc.Enfield.New Hampshire.USA,Plymouth.UK.2007
■Almahdi AB,Ondho YS,Sutopo.Comparative studies of semen quality on different breed of chicken in poultry breeding center Temanggung-Central Java.International Refereed Journal of Engineering and Science:94-103.2014
■Ana M.Herrera et al.Cohn.Development of Avian External Genitalia: Interspecific Differences and Sexual Differentiation of the Male and Female Phallus.Sex Dev9(1):43–52.2015
■Birkhead PLR,Prum RO,McCracken KG,Sorenson MD,Wilson RE,Birkhead TR.Coevolution of male and female genital morphology in waterfowl.PLOS ONE(5):e418.2007
■Brennan PLR,Prum RO.The erection mechanism of the ratite penis. Journal of Zoology.2011
■Brennan et al.Endocrine regulation and sexual differentiation of avian copulatory sexually selected characters.Neuroscience & Biobehavioral Reviews46(4):557‐566.2014
■Johnson AL. Reproduction in the male.In Avian Physiology. Sturkie PD ed.Springer.New York.NY.1986
■Montgomerie R.Sexual conflict and the intromittent organs of male birds.In The Evolution of Primary Sexual Characters in Animals.Leonard JL,Córdoba-Aguilar A eds. New York:Oxford University Press:p453-470.2010
■Marcus A.Ostrich penis clears up evolutionary mystery. Nature.2011
■Lynch, Wayne.The Cloacal Kiss.Owls of the United States and Canada.JHU Press:p151.2007
■田村達堂,藤井俊策.ウズラの排泄腔腺(Cloacal Gland)の形態学的研究I.肉眼的,組織学的観察.日本家禽学会誌4(4):187-193.1967
■中村雅彦,松崎善幸.総排泄腔突起によるカヤクグリの性判定.山階鳥類研究所報告27(2):p78-88.1995
■中村隼明,野高大.鳥類における精巣の温度感受性.温度生物学ハンドブック2-20.p47.温度を基軸とした生命現象の統合的理解.https://www.nips.ac.jp/thermalbio/handbook.html

\ SNSでシェアしよう! /

カナリア情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カナリア情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!