1. TOP
  2. 鳥の栄養評価(キールスコア)

鳥の栄養評価(キールスコア)

太っている?痩せている?

●よく聞く話しですが、「ケージの外から見て太っていそうに見えたが、実は寒くて膨らんで調子が悪く痩せていた・・・!」、「栄養状態が良いと思っていたのに、お腹の中にしこりが出てきて腹水がたまって死んでしまった・・・」という声を聞きます。栄養状態は体重と筋肉や脂肪の付き方で評価しますので、そのチェックの仕方を教えます。
●ちなみに左のジュウシマツは寒くて膨れていますが、右のセキセイインコは腹水がたまって体のシルエットが太く見えているのです。
ジュウシマツ痩せている 

理想体重は?

●体重測定には、料理などに使われるデジタルのキッチンスケールがお勧めです。小さい箱やプラケースに鳥さんを入れて重さを量り、ケースの重量をマイナスしてください。定期的に体重を量り、数値を記録に残してく下さい。
●鳥種ごとの標準体重は下記の表の通りです。しかし、骨格によっては、平均よりも上下していても、その鳥にとって個体差で理想体型ということもありますので、全てが異常とは限りません。
●健康診断の際に、鳥の理想体重を確認しておき、増減するかの確認をして下さい。体重の変化は、鳥さんの変化の大事な指標になります。体重は骨格によって決まるため、同じ種類でも個体差がありますので、この数値を少しだけ外れてもいても完全に病気とは言えません。
セキセイインコ体重測定
表:標準体重

鳥種 理想体重
セキセイインコ 30-40g
オカメインコ 80-90g
ボタンインコ 35-50g
コザクラインコ 42-55g
ブンチョウ 22-27g
ジュウシマツ 12‐15g
カナリア 12‐29g

●透明な箱に鳥を入れて測りで重さを計測し、後で箱の重さを引けば正確な鳥の体重が測定できます。

透明な箱ならプラケースでOk!

 

写真はセキセイ向けのM、オカメならL、ブンチョウならS!小さいと中で鳥が暴れてぶつかります。

 

1g単位の測りならコレで良し!

 

1g単位でも問題ありません。値段も安い!

 

0.1g単位のこだわりの測りならコレ!

 

マニアならここまでこだわって!

筋肉の付き方と脂肪の確認は?

●筋肉の付き方は胸を触ってみて下さい。胸骨の竜骨突起(りゅうこつとっき)(胸の中央の骨の突起)の左右の胸筋の量で確認します。鳥は空を飛べるのは、翼を動かす強力な胸肉にあります。
●竜骨突起は胸の中央に白く縦長に見え、左右の筋肉のつき方がなだらかです。竜骨突起はキール(Keel)と呼ばれ、胸筋の付き方で痩せているかどうかを判断すます。この評価方法はキール・スコア(Keel score)と呼ばれ、5段階で評価します。痩せてくると、この胸筋が減ってきます。

●鳥がつかめないとできません。プロのペットショップ定員か獣医師にキールスコアを評価してもらいましょう。
コザクラインコ触診

5 胸筋が盛り上がり、キールが触れない

 キールスコア5

4 筋肉がキールをまたいで平坦で、キールがわずかに触れる


  • 注意

胸筋が発達しているのと、肥満とは異なります。筋肉であれば赤色をしていますが、肥満だと黄色の脂肪が見えます。息を吹き掛けて、羽をどかして確認して下さい。

セキセイインコ肥満

●肥満になると、脂肪肝脂肪腫になりやすくなります。

3 キールが触わることができ、胸筋がしっかり発達している

 セキセイインコキールスコア3

2 胸肉がやや少なく、キールが簡単に触され、尖り気味である

 セキセイインコキールスコア―2

1 胸筋が殆ど無く、キールがはっきり触われ、尖っている

  セキセイインコキーススコア1

肥満だったら?

●体重が増加し、胸筋に脂肪が付いている場合は肥満です。今が健康でもこれから病気になる可能性があるので、ダイエットをしてください。体重増加の原因は、肥満だけではなく、卵巣・卵管の病気や腹水で腹部が大きくなっていることがあります。心配ならば、動物病院で診察を受けてください。

体重は発情や卵を持っていると増える!

●鳥は発情中は体重が増えます。母鳥は体力を使うために、エサを多くとり、少し肥満にもなりますが、これは正常です。

体重が減って痩せている時はどうする?

●何らかの問題がある可能性があります。下記のことを確認して下さい。

  • エサの量が足りていますか?
  • エサの内容は問題ありませんか?
  • 羽を膨らませていませんか?
  • 寝ている時間が多くありませんか?
  • 軟便や下痢はありませんか?
  • 吐いていませんか?

エサの量が足りていますか?

●エサの量を確認し、少し増やしてみて下さい。栄養価の高いシードを与えてみるのも一方法です。しかし、病気であることが多いので、早期に動物病院で受診することをお勧めします。

エサの内容は問題ありませんか?

●野菜を多く食べて、種子やペレットを残していませんか?皮付きのエサを与えている場合は、皮がエサ入れの中に残ってしまい、交換を怠ると実際の食べた量が分かりません。

羽を膨らませていませんか?寝ている時間が多くありませんか?

●羽を膨らませている時は、寒いか?体調が悪くて病気?だと思います。まずは温度上げてみて。戻らない時は病気の可能性が高いです。
●夜はしっかりと寝かせているのに、昼間も寝ている時間が多く覇気がない時も病気の可能性が高いです。

カナリア痩せてる

軟便や下痢はありませんか?

●寒かったり、発情したり、野菜を食べる量が多い、水を飲む量が多いと軟便になります。飼育環境とエサを見直しても改善がない時は、動物病院で診察を受けましょう。

吐いていませんか?

●食べても吐いてしまうと、栄養が採れないので痩せてきます。オスは発情吐出を繰り替えすと少しだけ痩せます。病気による嘔吐の可能性が高い場合は動物病院で診察を受けましょう。

まとめ

鳥は病気を隠します。体重や栄養状態を確認して、異常があれば病気の初期症状の一つかもしれません。定期的に体重を図ったり、保定してキール・スコアを確認できるようにしておきましょう。

これがポイント!
・鳥の栄養状態は、キール・スコアと言う胸筋の付き方で判断する
・キール・スコアとともに体重測定を行うことは健康診断にもなる
・キール・スコアが体重とともに落ちていく場合は病気かもしれない