1. TOP
  2. 1 フェレットの生態と特徴
  3. フェレットの品種|あなたの子はどれ?

フェレットの品種|あなたの子はどれ?

 2019/04/29 1 フェレットの生態と特徴 この記事は約 3 分で読めます。 482 Views

品種はファームによって定義が違う

●フェレットはファームによって毛色の定義が異なります。したがって以下に解説する定義も名称を含めて微妙に異なります。
●目の回りを囲っている褐色の模様をくまどりと呼ばれています。体の毛色は上毛であるオーバーコート、下毛であるアンダーコートで、色合いが変わってきます。フェレットはくまどり、毛色、目の色などで品種が定義されます。

セーブル

オーバーコートは濃い茶色~黒色、アンダーコートは白色~クリーム色で、手足や肩、尾の周りが黒色をしています。最もポピュラーで、ヨーロッパケナガイタチにいちばん近い毛色をしています。目は黒目〜茶色目、鼻はベージュ色〜茶色をしています。タヌキのようなくまどり模様がくっきりあるのが特徴です。
フェレットセーブル  フェレットセーブル

ライトセーブル(セーブルポイント)

セーブルより全体的に薄いのが特徴で、顔のくまどりは、ほんの少しある程度です。オーバーコートは茶色〜こげ茶色、アンダーコートは白色~クリーム色をしています。目はこげ茶色〜黒色、鼻は茶色〜ベージュ色、ピンク色をしています。手足、お腹、尾が他の部分より濃い色をしています。
フェレット  フェレットライトセーブル

ブラックセーブル

セーブルより全体的に黒いのが特徴です。オーバーコートは黒色、アンダーコートは白色〜クリーム色をしています。目はこげ茶色〜黒色、鼻は茶色〜こげ茶色です。全体的に艶のある真っ黒な個体が多いです。
フェレットブラックセーブル フェレットブラックセーブル

アルビノ

黒色色素が欠損し、オーバーコートもアンダーコートも白一色をしています。鼻はピンク色、目は赤目です。特に毛であると、発情や加齢とともにアンダーコートが黄色を帯びるケースが多いです。
フェレットアルビノ フェレットアルビノ

ダークアイド・ホワイト

オーバーコートもアンダーコートも白一色ですが尾や背中に、わずかに黒色の毛が入ることもあります。、目は黒目で、ホワイトファー・ブラックアイとも呼ばれています。
フェレットダークアイドホワイト  フェレットダークアイドホワイト
アルビノと同様に白色の毛であるため、発情や加齢とともにアンダーコートが黄色を帯びることが多いです。
フェレットダークアイドホワイト

シルバーミット

オーバーコートは先の部分が薄い黒で灰色や銀色にみえ、年齢とともに薄くなる傾向にあります。アンダーコートは白色~クリーム色をしています。目は黒~ブドウ色をしており、鼻の色は黒色、茶色、ピンク色と様々で斑が入ることもあります。手足が白い手袋をつけているようにみえることから、ミットと名付けられています
フェレットシルバーミット

チョコレート

オーバーコートが茶色~チョコレート色で、アンダーコートは白色~クリーム色をしています。くまどりや手足、尾はこげ茶色で、アメリカではチョコレートとも呼ばれています。

シナモン

オーバーコートは赤色を帯びた薄茶色、アンダーコートは白色~クリーム色をしています。全体的に毛色は薄く、チョコレートよりも明るい印象をうけます。目はブドウ目が多いです。

シャンパン

オーバーコートがシャンパンのような黄褐色、アンダーコートは白色~クリーム色をしています。くまどりはは無いかか、あっても淡い茶色をしています。目はブドウ目が多いです。
フェレット フェレット

パンダ

パンダのように肩から手足にのみ色が入っているのが特徴です。お腹が班模様だったりすることもあります。

ブレイズ

顔の中心から後頭部や肩にかけて、一筋の白色の模様が入るのが特徴です。お腹部がまだらだったり、白色を帯びていたりと、独特の模様と濃淡でパターンがバリエーション豊富です。
フェレット

\ SNSでシェアしよう! /

フェレット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フェレット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • フェレットってどんな動物?|知らないといけない生態と特徴

  • フェレットの雌雄鑑別と繁殖|繁殖は素人はしないで!

  • フェレットのファーム|どこ産まれ?