1. TOP
  2. 3 フェレットの病気
  3. フェレットのフィラリア│心臓に寄生する虫!

フェレットのフィラリア│心臓に寄生する虫!

 2019/05/06 3 フェレットの病気 この記事は約 3 分で読めます。 69 Views
フェレットのフィラリア

心臓の寄生虫!

●フィラリア症は犬で有名な病気で、蚊に刺されて心臓に寄生する虫によるものです。白くて細長いそうめんのような虫で、フェレットにまれにかかります。

なぜなるの?

●フィラリアをフェレットにうつすのは蚊です。蚊がフィラリアに感染した犬やフェレットの血液を吸血することで、蚊の体内にはミクロフィラリアと呼ばれるフィラリアの幼虫が入ります。その蚊がフェレットを刺して吸血する際に、フェレットの体にミクロフィラリアが入り込みます。ミクロフィラリアは次第に大きくなって成虫に育ち、心臓や肺動脈に到達します。
蚊

どんな症状?

●一般的に寄生数が少ない場合や初期では、ほとんど無症状です。進行すると以下のような症状がみられます。

  • 慢性的な咳
  • 動かなくなる
  • 寝ている時間が増える
  • 腹水

●病気が進行してくると、最初にみられるのは咳です。さらに元気がなくなり、運動もしたがらなくなります。

●心臓や肺の血管にダメージがみられて心臓病になり、肝臓や腎臓も悪くなり、急激に痩せて腹水もたまります。
●重度の寄生の場合、フィラリアの成虫が心臓の弁にからまり死亡する場合があります。

かかったら心臓病になる!

検査はどうするの?

●犬では、血液中のミクロフィラリアを確認したり(ミクロフィラリア検査)、成虫が排泄したタンパク(抗原)を確認する検査(抗原抗体検査)が行われます。しかし、フェレットは犬と異なり体が小さいので、心臓に寄生する成虫も2~3匹で、ミクロフィラリアが検出されなかったり、抗原が少ないので、例え検査で陰性でも必ずしもフィラリアにかかっていないとはいえないのです。なお、陽性とでたら完全に感染していえます・・・

検査は無駄?

治療や予防は?

●フィラリアの予防は、蚊の発生する時期に合わせて薬を与えます。蚊が飛び始めてから、いなくなった1ヵ月後までの間、月に1回の内服薬を与えます。蚊の発生は地域にもよりますが、3~4月から11月~12月くらいまでの約8ヵ月間継続しないといけません。
●もしミクロフィラリアがフェレットの体内にいた場合に予防薬を飲ませると、ミクロフィラリアは死滅しますが、死体のアレルギー反応が起こり、フェレットの状態が崩れますので、予防期間はしっかりと投与ないといけません。

飲み残しがないように!

●治療は難しく、虫を殺す薬を投与しますが、心臓の病気は残ることもあります。

フィラリア予防の詳細はコチラ!

\ SNSでシェアしよう! /

フェレット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

フェレットのフィラリア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フェレット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • フェレットのエストロゲン中毒│なったら死んじゃいます!

  • フェレットのお迎え症候群はコロナウイルスとヘリコバクターが関与?

  • フェレットの歯周病 | 歯石対策

  • フェレットの副腎腫瘍|毛が抜ける・・・

  • フェレットのインスリノーマ|お付き合いする病気!

  • フェレットの下痢が治りません・・・・慢性下痢