1. TOP
  2. 哺乳類の牧草のエサ

哺乳類の牧草のエサ

繊維質はごちそう!

●牧草は繊維質が豊富に含まれているエサで、ウサギ、モルモット、デグー、チンチラ、プレーリードッグやジリスなどの草食動物の主食になります。牧草が少ないと消化管の蠕動が悪くなり、体調に影響します。
●多くの種類の牧草がありますが、また刈り取る時期により区分けされています。それぞれに特徴があるため、動物種や体長、嗜好性などを考えて与えましょう。
●小動物用に生牧草と乾牧草が販売されています。
●生牧草には豊富なビタミンAが含まれていますが、これらを乾燥させて乾牧草になります。青刈りの生牧草の水分含有量は65~85%ですが、乾牧草は15~20%です〔須藤 1981〕。ビタミンAが多い生牧草は粘膜を強くし、呼吸器、腸粘膜の免疫力を上げます。くしゃみが多い(スナッフル)、軟便が多い動物に適しています。

生牧草は水分補給、くしゃみ・鼻水対策、軟便予防になる!


●牧草を自然乾燥(天日干し)であれば、ビタミンDが多く含まれるようになります〔須藤1981〕。ビタミンDは骨を強くする役目をもっています。

●ワラは種実を脱殻して取り去った後の牧草の茎と葉よりなる完全に乾燥したもので、繊維質は最も高いですが、栄養価は低く〔須藤 1981〕、嗜好性も悪いことから床敷などに使われることが多いです。

ワラは骨を強くしますが、美味しくない牧草

●牧草は床敷や玩具の素材としても使用されることもあります。動物はエサといておいてある牧草よりも、床敷や玩具の牧草を齧ったり、引っ張って食べる習性がみられます。牧草ラックに入れて引っ張って食べさせたり、牧草でできた玩具も崩壊させて遊びながら口にしますので、ストレス予防にもなります。
    

ベットもオモチャも牧草にしましょう!

●牧草の欠点は長期保管に難点があります。腐敗したり、虫がついたりすることもあるため、可能な限り新鮮であるものを与えましょう。

種類

●牧草の種類は、主にマメ科とイネ科の2種類が流通しています。
●マメ科の牧草は粗タンパクとカルシウムが豊富で〔須藤 1981〕、成長期の動物(幼体)に適しており、嗜好性も優れています。
●イネ科の牧草ははマメ科と比較して、粗タンパクとカルシウムの含有量は低いですが、粗繊維は高く、嗜好性はやや劣ります〔須藤 1981〕。イネ科の牧草は維持期(成体)、あるいは減量、カルシウムの摂取を制限して尿結石の予防に適しています。
●いずれの牧草も粗繊維が豊富であり、牧草は歯の擦りあわせを促進し(不正咬合の予防)、消化管の動きを調節します(腸炎胃のうっ滞・毛球症の予防)。
表:牧草の成分比較

牧草 粗繊維 粗タンパク カルシウム 嗜好性 対象
マメ科 成長期
妊娠期
イネ科 維持期
減量

幼体はマメ科、成体はイネ科

マメ科

●粗タンパクが高く、開花期の初めに刈り取ったものは20%以上になります〔須藤 1981〕。

アルファルファ

●アルファルファは栄養的に万能な牧草です。イネ科の牧草よりも多く含まれている粗タンパクは、吸収性も優れています。カルシウムとカリウム、ビタミンAも豊富でありながら、嗜好性も高いです。しかし、アルファルファをはじめとるすマメ科植物を多く食べたウサギでは、尿の色を濃くしたり、有色化することがありますが〔Cheeke et al.1987〕、病気の原因にはなりませんので安心してください。
  

最初の牧草はアルファルファ

クローバー

●クローバーは栄養的にアルファルファに似ています。クローバーも生牧草や乾草ともに、アルファルファに負けず、嗜好性が高いです。シロツメクサ(白クローバー)、ムラサキツメクサ(赤クローバー)などは川の土手や田んぼのあぜ道に生えています。

イネ科

●イネ科の牧草はマメ科よりも葉や茎は堅い特徴があります。そして、生育時期、その他に環境により栄養価が変動しやすい欠点があります。
●マメ科の牧草と比べて、高繊維、低カルシウムであるため、繊維質を必要とする消化器疾患、あるいは減量させたい時のエサとして適しています。
●カルシウムが少ないため、尿結石腎不全を懸念する動物のエサの主食になります。

チモシー

●チモシーは最も使われている牧草で、流通している量も多いのです。エサとして最もつかわれています。刈り込み時期により、1番刈り、2番刈り、3番刈り込と分かれて販売されているのはチモシーが多いです。

主食のチモシーは何番刈りがお好みですか?

グラス

●グラスはアルファルファとクローバーのようなマメ科の植物より栄養価は多少低くなります。粗タンパクとカルシウム、ビタミン類が低い傾向にあります。
●イタリアンライグラス、オーチャードグラス、バミューダグラス、スーダングラスなどが販売されています。

イタリアンライグラス

●イネ科の王様とも呼ばれる綺麗な牧草です。ほのかな甘みがありますので、チモシーを食べない場合に、少し混ぜて与えるとよいかもしれません。

オーチャードグラス

●穂や葉が多い牧草です。香りが強いために、好みの差が激しいです。

グラスはちょい足し牧草

選び方

刈り込み時期

●牧草は収穫時期によって、1番刈り、2番刈り、3番刈りと呼ばれ、食感が異なります。
●1番刈りは春から初夏に刈り取った牧草で、繊維質が多く、栄養のバランスも整ってますが、質感はやや硬めです。
●2番刈りは、夏から秋にかけて刈り取った牧草で、一番刈りよりは柔らかめです。
●3番刈りは初冬に刈り取った牧草なので、とても柔らかく、噛む力が弱い老体や牧草を食べ始める幼体に向いています。しかし、栄養価が低いので、メインのエサよりも床敷や補助的なエサとして与えてください。
牧草

牧草の状態って?

●牧草は刈り取ってそのまま袋詰めした生牧草と天日干しした乾牧草があります。多くの商品は乾牧草です。生牧草は傷むのが早く、すぐにしおれるので、乾牧草の方が流通するには向いています。生牧草を与えたいために、種から栽培して与えるような方法もあります。
●生牧草はビタミンAが豊富で、粘膜の免疫を向上させ、鼻水や軟便がみられる動物に適しています。乾牧草は相対的に生牧草よりも繊維質が多くです。
●牧草を主食とする場合は、バラエティーに富んだ種類を与えることが理想です。つあり、通常は色々な乾牧草を与え、入手できた時にだけ生牧草を与えるような感じです。

牧草の圧縮

●牧草は効率よく運送されるために、刈り取った後に圧縮されることがあります。その圧縮で牧草の食感が異なります。
●一度緩やかに圧縮されたシングルプレスは、茎や穂がほとんど潰れておらず、自然に近い牧草です。茎が長く残った状態なので、牧草が好きな動物向けですが、不正咬合など歯の弱い動物では食べにくいかもしれません。
●高圧縮が掛かったダブルプレスの牧草は、茎や穂が押しつぶされた状態になり、食べやすくなります。幼体や老体、硬めの牧草が苦手、歯の悪い動物に適しています。海外からの輸送費を抑える時などに使われます。
牧草

保存性

●牧草は酸化して劣化しやすいため、開封後はチャック付きの袋で保存してください。
●牧草は長期間の保存には向いておらじ、時間が経つと、香りが飛び、味が落ちて悪くなります。梅雨など湿気の多い時期にはカビが生えたり、虫が発生することもあります。
●新鮮な状態で維持するには、チャック付きの袋で、涼しい場所に置くなどの保存方法の工夫もしてください。

おすすめ商品

第9位 アルコ イタリアンライグラス スーパープレミアム

 

生牧草ならコレ! 農薬不使用の愛知県南知多産の朝摘みのイネ科のイタリアングラスです。生牧草なので、甘い香りで食欲も刺激し、もりもりと食べてくれます。刈り取る時期が決まっているので、出荷できる時期も決まってしまいます。

第8位 オリミツ ロングマット

 

そのままリアル牧草!アメリカ産のサラブレッド用のチモシー牧草の乾牧草で、香りも味も生牧草のようで最高です。名前の通りに茎が長い牧草を使い、ダブルプレスでよく使って食べてくれますので、不正咬合を予防してくれるはずです。600g、1kg、3kgの商品が販売されています。

第7位 オックスボウ オーガニックメドウヘイ

 

オーガニック好きならコレ!アメリカはオーガニックの認定が厳しいことで有名です。それをクリアーして栽培されてチモシー、オーチャードグラス、シロツメクサ(クローバー)などの数種類がブレンドされた乾牧草です。やや歯ごたえがある食感で、本当の健康にこだわる飼い主さんに圧倒的な支持を得ています!

第6位 オックスボウ ボタニカルヘイ

 

ハーブで食欲を出すならコレ!チモシーにハーブをブレンドした乾牧草です。ハーブはレモンバーム、ラベンダー、カモミール、レッドクローバーで、食欲を増進させてくれます。他の牧草とミックスして与えたり、ローテションで与えたりして使います。

第5位 マペット 牧草市場 USチモシー 3番刈りプレミアム牧草 スーパーソフト

 

アルファルファからチモシーへ切り替える時はコレ!アメリカ産チモシーの3番刈りで、葉が多く入っている乾牧草です。シングルプレスで、ふかふか感&芳醇な香りをし、味は最高です。牧草市場の袋にはチャックが付いており、脱酸素剤も入っていますので保存性もばっちり。500g、5kg、10kgの商品があります。しかし、栄養価は低いので食事よりは床敷???

第4位 マペット 牧草市場 アルファルファ プレミアム

 

成長期ならコレ!アメリカ産のアルファルファの乾牧草です。香りがとてもよく、何の抵抗もなく食べてくれます。アルファルファの牧草はあまり流通していないのでとても貴重です。500g、5kg、10kgの商品があります。

第3位 ウーリー オーツヘイ

 

尿結石が心配ならコレ!オーストラリア産のオーツヘイの乾牧草です。オーツヘイはチモシーよりもタンパク質とカルシウムは低いです。ダブルプレスなので茎も柔らかいです。尿結石が心配、チモシー嫌いの時に使ってみてください。袋にもチャックが付いています。

第2位 マペット 牧草市場 USチモシー2番刈り牧草ソフトタイプ

 

食べやすい条件を揃えました!アメリカ産チモシーの二番刈りの乾牧草です。長さも短めで葉が多く、ダブルプレスななので食べやすいです。まさに食べやすい牧草にしていますので、ぜひ与えてみてください。袋はチャック付で、脱酸素材も入っています。500g、5kg、10kg、20kgの商品があります。

第1位 ウーリー 高原の朝採り牧草ティモシー(ヤング)

 

先っぽの本当に美味しい所だけイネ科のチモシーの穂先が伸びきる前に美味しい部分だけを刈りとった乾牧草がヤングです。茎が苦手な動物にために、葉の多い時期に収穫したやわらかい「ミディアムソフト」というタイプもあります。高原の朝採り牧草シリーズは、八ヶ岳の自社ウーリー農園で育てられた牧草を使用しています。土作りから研究され、農薬を使っておらず、オーガニックを追及しています。収穫した牧草は、その日のうちに特殊な方法で乾燥させ、鮮度や栄養素を保ったまま袋詰めされています。ここまでこだわった牧草をぜひ与えてみたくないですか?

まとめ

見た目で牧草の違いってなかなか分からないのですよね。牧草を与えても全くたべてくれない理由、この記事を読んで理解できたと思います。牧草の種類や作り方でこんなに違いができるものなので、ぜひ牧草選びは真剣に取り組んでください。きっと食べてくれる牧草が見つかるはずです。

参考文献
■Cheeke PR.Digestive Physiology. Chapter 3 in Rabbit Feeding and Nutrition. Orlando: Academic Press.1987
■須藤浩.飼料講義.養賢堂.東京.1981