1. TOP
  2. 3 ウサギの病気
  3. ウサギのスナッフル|間違った情報が多すぎるので正しく解説!

ウサギのスナッフル|間違った情報が多すぎるので正しく解説!

 2018/12/06 3 ウサギの病気 この記事は約 5 分で読めます。 40,173 Views
ウサギスナッフル

スナッフルって?

鼻呼吸が優位なウサギでは、上部気道である鼻腔のトラブル(特に多いのが鼻炎)が起こると呼吸の仕方に変化が見られ、鼻汁やくしゃみ、異常な鼻音も聴取されます。このような症状をスナッフル(Snuffle)と呼ばれています。よく勘違いされているのが、スナッフルは病名でないことです。

鼻汁は漿液性または粘液膿性なので、ウサギは前肢を使って鼻孔から鼻汁を取り除くため前肢の内側に付着し、皮膚炎になっていることもあります。結膜炎は鼻炎でよく見られ、流涙ならびに眼窩周囲脱毛も引き起こします。鼻涙管の炎症も併発するため、鼻涙管閉塞が起こって涙目になり、二次的に結膜炎も併発します。

なぜなるの?

主に細菌感染で、他にも歯のトラブル、異物混入、アンモニアなどの刺激と原因は様々です。

ウサギスナッフル

細菌感染

鼻炎を起こすパスツレラ菌(Pasteurella multocida)が有名ですが、Moraxella catarrhalis,Bordetella bronchiseptica,Staphylococcus aureusなどの他の細菌も原因になり、複数の細菌が絡んでいることも多いです。

ウサギのパスツレラ菌の詳しい解説はコチラ!

歯のトラブル

上顎臼歯の歯根の伸長は、鼻腔に侵入し、部分的な閉塞と異常な鼻音を引き起こす可能性があります。不正咬合による歯根伸長以外にも根尖膿瘍が起こることもあります。

ウサギの不正咬合の詳しい解説はコチラ!

異物混入

偶然に牧草の小片や粉が鼻腔に入りこんで、鼻炎が起こることもあります。

刺激

温度変化や乾燥し過ぎることで、くしゃみをするウサギもいます。オシッコのアンモニア、タバコの煙吸、アロマをたいたりすることも原因になることがあります。

慢性化する理由は?

スナッフルは慢性化したり、生涯にわたり時々症状が見みられることもあります。その理由は、迷路状に複雑な構造をしているウサギの鼻腔の軟骨に細菌が定着しやすく、軟骨が溶けていることがあります。異物も排出せずに残っている限り、症状は続きます。ウサギの白色の粘液性の鼻水は、抗生物質を浸透しにくくさせ、慢性化して治りにくする要因になります。

ウサギスナッフル

検査は?

検査は鼻汁の検査とCT(コンピューター断層撮影)検査が有用になります。鼻炎を起こす細菌は鼻汁を培養して原因菌を見つけだす検査をします(微生物検査)。さらに、原因菌に対して、有効な抗生物質を調べることもできます(感受性試験)。効かない抗生物質を投薬しても無駄になるだけです。なお、レントゲン検査では、肺炎の有無や歯のトラブルを確認できますが、鼻腔の状態は分かりにくく、鼻腔軟骨が炎症により溶けている位にひどく場合しか診断できません。なお、鼻腔の中に入りこんだ異物は、残念ながらレントゲンには映りません。

青矢印は鼻腔内に白く映り、骨や軟骨の変形した所見、黄色矢印は上顎の奥歯のトラブルと思われ、それぞれ鼻腔に影響している。

鼻腔の軟骨が溶けていないか、牧草等の異物が鼻腔に入り混んでいないか、歯のトラブルの詳細はCT検査による診断がベストです。

正常

ウサギ鼻炎CT写真

右鼻は鼻水が溜まっているため灰色に映っていますが、左側は正常で空気が通っているために黒色に映っています。

ウサギ鼻腔CT写真

左鼻の青丸は、鼻腔に異物が入りこんでいることを示しています(青丸)。

ウサギ鼻腔骨融解CT写真

鼻腔の軟骨が変形しています(青三角)。

治るの?

基本的には抗生物質を投与しますが、ウサギには与えてはいけない抗生物質の種類があるので注意します。細菌培養で検出した原因菌に対して、感受性試験で効果のある抗生物質を選ぶのがベストです。また、幼体のウサギは抗生物質に弱いので、慎重に与えないといけません。鼻水を溶かす粘液溶解剤や坑ヒスタミン剤、坑炎症剤なども併用することもあります。ネブライザー(噴霧治療)をウサギでも行います。薬剤の含まれた霧で満たした箱の中にウサギを入れ、鼻腔の奥に直接薬剤を浸透させます。
ウサギネブライザー

ネブライザーやってみるならコチラ!

鼻腔の骨や軟骨が溶けていたり、歯が関与しているスナッフルと診断された場合は、多くは完治することはないです。

あまりにも苦しいならば酸素ルーム!

予防はどうするべき?

細菌感染を起こさないように、温度管理はしっかり行いましょう。牧草の粉やゴミが舞うような不衛生な環境はいけません。もちろんウサギのいる部屋でタバコを吸ってはいけません。

これがポイント!
・スナッフルは病名ではない
・パスツレラ菌とはかぎらない
・レントゲンでも原因が分からないことが多い
・原因は色々・・・鼻水だけがつまっている、異物が鼻に入り込んでいる、鼻の骨が炎症で変形している・・・CTスキャンで分かる
・細菌の検査で的確な薬を選んで
・ネブライザーは有効

JCRA(ジャクラ)って?何なの?

ウサギを幸せに長生きさせたい方は、一般社団法人 日本コンパニオンラビット協会(JCRA:ジャクラ)に入会しましょう!

入会はコチラ!

\ SNSでシェアしよう! /

ウサギ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ウサギスナッフル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウサギ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ウサギのカビは人にもうつる(Ver.2) | 皮膚糸状菌

  • ウサギの胸腺腫って何?

  • 知っておいて!ウサギの検疫対象三大疾患(兎粘液腫)!

  • 最新解説!ウサギのエンセファリトゾーン〔獣医師向け&飼い主向け〕

  • ウサギの虹彩膿瘍・・・目の中の膿?

  • ウサギのパスツレラ症|ウサギ好きなら知っておいて!