1. TOP
  2. 1デグーの生態と特徴
  3. 驚くべきデグーの賢さを専門獣医師が解説する

驚くべきデグーの賢さを専門獣医師が解説する

 2022/09/14 1デグーの生態と特徴 この記事は約 16 分で読めます。 1,846 Views

群れではコミニケーションが必要

デグーは群居性をもつ動物で〔Ebensperger et al.2000b〕、群れの大きさ、協力の程度、社会的行動の特異性と集団性など、様々な側面で興味深い行動が観察されています。群れの仲間が共同で大きく精巧な巣穴を掘ったり〔Ebensperger et al.2000a,Ebensperger et al.2002,Ebensperger et al.2004〕、食餌の調達も共有し〔Ebensperger et al.2000b〕、集団で生活していることで捕食者を発見しやすくもしています〔Quirici et al.2008〕。つまり遺伝的関連性が比較的低い個体同士でも共同で作業する特徴があります。そして、社会的な地位を誇示するために、巣穴の入口に小枝や岩を積み重ねたり、ワラや牛糞で隠すような興味深い行動もとります〔Ebensperger et al.2000b,Woods et al.1975〕。

鳴き声での意思疎通

デグーは群れの中で行動する際に、主に音声で個体同士のコミュニケーションをとります。いわゆる会話(鳴き声)ですが、多彩な鳴き声で歌うことから、言語の研究動物としても注目されています〔Long 2007〕(デグーの鳴き声とボディーランゲージ参照)。他の仲間からの鳴き声や歌を学習する能力も備えています〔時本ら 2005〕。発声によって食餌を得られるという条件付けも、約2 カ月で覚えるようになります(オペラント条件付け)〔岡ノ谷 2002〕。

2~3歳児の知能!

デグーは鳴き声だけでなく、感情表現や行動でも積極的に相互にコミュニケーションをとります。親子や兄弟などでグルーミングを行い、ペットの馴れたデグーは人に撫でられることを好み、スキンシップがとれます。人を呼んだり、話しかけるような鳴き声もあげ、このような特徴は他のげっ歯類には例がなく、人の2〜3歳児と同じくらいの知能ともいわれています。

道具まで使うなんて・・・

知能が高いデグーは道具を使うこともできます。大きい箱から小さい箱を下から順番に積み重ねる(入れ子操作)〔Tokimoto et al.2004〕、柵越しの手が届かない場所に食餌を置くと熊手を使ってとることができ、訓連後は道具を理解して使用する(熊手操作)〔入来ら 2007〕などの行動が報告されています。霊長類やオウムなどと同様にデグーは複数の事象の関係性を認識し、それらを統合する高度な認知能力を備えています。

ストレスが起きやすい

ペットで1 頭飼育をすると、社会的相互作用の欠如が起こる結果、ストレスが溜まることで心因性脱毛自傷などの精神的疾患が多発します〔Wilson et al.1982〕。ストレス対策として、人がデグーとコミニケーションをとり、玩具などの提供も行いますが、それ以前の潜在した問題もあります。

愛情不足

デグーの子育ては幼体の脳の発達に大きく影響し、早期に親から離乳させる社会的孤立(親仔分離)は、脳の神経生理学的変化を引き起こします(内側前頭前野のセロトニン作動性神経支配とドパミン作動性神経支配のバランスの異常)〔Braun et al.2000,Ziabreva et al.2003〕。鳴き声や歌の習得、性格の発達、知的ならびに社会的能力の欠損をもたらします〔Braun et al.2003,Helmeke et al.2001,Zehle et al.2007〕。母親から3〜21 日齢の幼体を引き離すと、ストレスの指標となるコルチゾールとコルチコステロンの上昇を引き起こしたという研究結果もあります〔Gruss et al.2006〕。また、デグーは母親だけでなく父親や同じ群れの血縁のないメスも子育てを手伝います〔Helmeke et al.2009,Ebensperger et al.2002〕。晩熟成のラットやマウスとは対照的に、デグーは出生直後から視聴覚が機能し、6日齢までには自律的体温調節や固形物の摂取も可能となります〔Colonnello et al.2011〕。このような早熟成にもかかわらず離乳には約2ヵ月を要し、性成熟には約6ヵ月を要します〔Lee 2004〕。成熟後も群れの中に留まることも多く、社会的依存性がラットやマウスに比べて高いです〔Quirici et al.2011〕。つまり幼体期の飼育環境における社会的接触が成体になってからの脳に大きく影響します。誕生直後から視聴覚情報の知覚が可能であるデグーは、同腹の兄弟との相互作用、母親からの愛情的な世話などが社会行動や情動および神経系の発達を助けます。そして、社会的孤立による神経生理学的変化はより短期の分離によっても引き起こされます〔Ziabreva et al.2003〕。 1週齢のデグーを群れから1日2回3分間を3日間繰り返して分離したところ、ネガティブな情動経験が発達過程にある海馬や扁桃体において受容体数の変化をもたらしました。

光も関与

デグーの概日リズムもストレスにつながる可能性があります。一部の研究では,デグーは環境変化に対応して日内リズムを変化させることが知られています〔Kas et al.1999〕。一般的には昼行性ですが、野生での活動のピークは夜明けと夕暮れ時で(薄明薄暮性)、冬は暖かい日中のみ活動します〔Bozinovic et al.2004,Kenagy et al.2002〕。しかし,デグーは環境が許せば昼行性と夜行性の両方を示すことも可能で〔Kas et al.2000〕、環境温度〔Kas et al.1998〕、体内のメラトニン値〔Morri et al.2007〕、さらには他のデグーのにおい〔Jechura et al.2006〕などが概日リズムに影響するらしい。飼育下での光の周期の変化はもちろん、摂食時間の乱れや社会性欠如は、いわゆる時差ぼけに相当する概日リズムの変調をつくりだし、ストレスになる可能性がある。その他、食餌の繊維質不足や発情,あるいは基礎疾患などもストレスの発生要因になります。

だから実験動物でも有用

げっ歯類でありながらその生物的特徴からラットやマウスのような標準的な実験動物とは異なる種類の実験に使用されることが多いです。例えばデグーはラットやマウスなどと異なり、昼行性の覚醒/睡眠パターンを示すためにヒトの睡眠/覚醒サイクルおよび概日リズムを研究する際のモデル動物として利用されたり、糖尿病および白内障を発症する傾向があるため、これらのモデル動物としても研究されています〔Lee 2004,Najecki et al.1999〕。 また、デグーは新生子でも被毛が生えて、眼や耳も開いているなど早熟で活動性が高く、発達初期の研究が比較的容易になります〔Poeggel et al.1996〕。このようなモデル動物としての研究や発達研究だけでなく、デグーの学習・認知能力についても近年注目が集まっており、高次脳機能の解明を目指す研究者の間で関心が高まってきています。計数行動〔Nakajima et al.2015〕、 エピソード様記憶〔都築ら 2014〕などの研究が行われて、Uekitaら(2011)は、デグーの他個体や物体配置の認知を司る脳部位(海馬)の役割が研究されています〔Uekita et al.2011〕。また、老齢デグーの海馬にアルツハイマー様の神経変性が生じていることも分かり〔van Groen et al.2011〕、新たな人の実験モデルとしても使われはじめています。

人馴れ

デグーは世話をしてくれた親に選択的な愛着を持ち、幼体期の飼育環境における社会的接触量が母親に対する愛着行動のパターンに影響を及ぼします〔Colonnello et al.2011〕。これは長い時間をかけて世話をしてくれた親に代わって、人が世話をすることで愛着を持つことで、早期に離乳した幼体でも人馴れをする可能性があるかもしれません。

デグー完全飼育!

 

楽天で購入!

一般飼育書でありながらマニアックに書かれています。デグー飼育のバイブルとも呼ばれています!

マンガで勉強するデグーの飼育書!

 

楽天で購入!

漫画ですが、しっかりと描かれています!合格!

参考文献
■Bozinovic F,Bacigalupe LD,Vasquez RA, et al. Cost of living in free-ranging degus(Octodon degus): seasonal dynamics of energy expenditure. Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol137(3):597-604.2004
■Braun K,Lange E,Metzger M,Poeggel G.Maternal separation followed by early social deprivation affects the development of monoaminergic fiber systems in the medial prefrontal cortex of Octodon degus. Neuroscience5:309-318.2000
■Braun K,Kremz P,Wetzel W, et al.Influence of parental deprivation on the behavioral development in Octodon degus: modulation by maternal vocalizations.Dev Psychobiol42(3):237-245.2003
■Colonnello V,Iacobucci, P,Fuchs T,Newberry RC,Panksepp J.Octodon degus.A useful
animal model for social-affective neuroscience research:basic description of separation distress,
social attachments and play.Neuroscience Biobehavioral Reviews35:1854-1863.2011
■Ebensperger LA,Bozinovic F.Energetics and burrowing behaviour in the semifossorial degu Octodon degus(Rodentia: Octodontidae). J Zoology252(2):179-186.2000b
■Ebensperger LA,Bozinovic F.Communal burrowing in the hystricognath rodent, Octodon degus: a benefit of sociality? Behav Ecol Sociobiol47(5):365-369.2000a
■Ebensperger LA,Veloso C,Wallem PK.Do female degus communally nest and nurse their pups? J Ethology20(2):143-146.2002
■Ebensperger LA,Hurtado MJ,Soto-Gamboa M et al.Communal nesting and kinship in degus(Octodon degus).Naturwissenschaften91(8):391-395.2004
■Gruss M,Westphal S,Luley C et al.Endocrine and behavioural plasticity in response to juvenile stress in the semi-precocial rodent Octodon degus.Psychoneuroendocrinology31(3):361-372.2006
■Helmeke C,Ovtscharoff W Jr,Poeggel G et al. Juvenile emotional experience alters synaptic inputs on pyramidal neurons in the anterior cingulate cortex. Cereb Cortex11(8):717-727.2001
■Helmeke C,Seidel K,Poeggel G,Bredy TW,Abraham A,Braun K.Paternal deprivation during infancy results in dendrite- and timespecific changes of dendritic development and spine formation in the orbitofrontal cortex of the biparental rodent Octodon degus.Neuroscience163:790-
798.2009
■Jechura TJ,Mahoney MM, Stimpson CD et al.Odor-specific effects on reentrainment following phase advances in the diurnal rodent,Octodon degus.Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol.291(6):R1808-1816.2006
■Kas MJ,Edgar DM.A nonphotic stimulus inverts the diurnal-nocturnal phase preference in Octodon degus.J Neurosci19(1):328-333.1999
■Kas MJ,Edgar DM.Photic phase response curve in Octodon degus:assessment as a function of activity phase preference.Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol278(5):R1385-1389.2000
■Kas MJ,Edgar DM.Crepuscular rhythms of EEG sleepwake in a hystricomorph rodent, Octodon degus.J Biol Rhythms13(1):9-17.1998
■Kenagy GJ,Nespolo RF,Vasquez RA et al.Daily and seasonal limits of time and temperature to activity of degus. Revista Chilena de Historia Natural75(3):567-581.2002
■Lee TM.Octodon degus:A diurnal,social and long-lived rodent.ILAR Journal45:14-24.2004
■Long CV.Vocalisations of The Degu Octodon Degus,a Social Caviomorph Rodent.Bioacoustics16(3): 223-244.2007
■Morris LG,Tate BA.Phase response curve to melatonin in a putatively diurnal rodent,Octodon degus. Chronobiol Int24(3):407-411.2007
■Najecki DL,Tate BA.Husbandry and management of the degu(Octodon degus).Lab Animal28:54-57.1999
■Nakajima S,Kuramoto Y,Nagaishi T.Position learning of degus(Octodon degus) in a seminatural “counting” task.Submitted for publication.2015
■Poeggel G,Braun K.Early auditory filial learning in degus(Octodon degus):Behavioral and autoradiographic studies.Brain Research743:162-170.1996
■Quirici V,Faugeron S,Hayes LD,Ebensperger LA.The influence of group size on natal dispersal in the communally rearing and semifossorial rodent,Octodon degus.Behavioral Ecology and Sociobiology65:787-798.2011
■Quirici V,Castro RA,Oyarzun J et al.Female degus(Octodon degus)monitor their environment while foraging socially.Anim Cogn11(3):441-448.2008
■Tokimoto N,Okanoya K.Spontaneous construction of “Chinese boxes” by Degus(Octodon degu):A rudiment of recursive intelligence? Jpn Psychological Res46(3):255-261.2004
■Uekita T,Okanoya K.Hippocampus lesions induced deficits in social and spatial recognition in Octodon degus.Behavioural Brain Research219:302‐309.2011
■van Groen T,Kadish I,Popovic N,Popovic M,Caballero-Bleda M,Bano-Otalora B,Vivanco P,Rol MA,Madrid JA.Age-related brain pathology in Octodon degu: blood vessel,white matter and Alzheimer-like pathology.Neurobiology of Aging32:1651-1661.2011
■Wilson SC. Contact-promoting behavior, social development, and relationship with parents in sibling juvenile degus(Octodon degus).Developmental Psychobiology15(3):257-268.1982
■Woods CA,Boraker DK.Octodon degus.Mammalian Species67(5):1-5.1975
■Zehle S,Bock J,Jezierski G, et al.Methylphenidate treatment recovers stress-induced elevated dendritic spine densities in the rodent dorsal anterior cingulate cortex. Dev Neurobiol67(14): 1891-1900.2007
■Ziabreva I,Poeggel G,Schnabel R,Braun, K.Separation-induced receptor changes in the hippocampus and amygdala of Octodon degus:influence of maternal vocalizations.The Journal of Neuroscience, 23, 5329-5336.2003
■入来篤史、岡ノ谷一夫、熊澤紀子.齧歯類の道具使用学習を触発する好奇心の脳内機構.理化学研究所研究実績報告.2007
■岡ノ谷一夫.コミュニケーション場面における視聴覚統合過程を研究するための齧歯類モデルの確立.理化学研究所研究報告.2002
■時本楠緒子、岡ノ谷一夫.齧歯目デグーにおける乳幼児の音声発達.日本動物心理学会第65 回大会発表要旨.動物心理学研究55(2).89.2005.
■都築茉奈、別役透、岩崎純衣、藤田和生.デグーにおけるWhat-Where-Which記憶.関西心理学会第126回大会発表論文集:p80.2014

\ SNSでシェアしよう! /

デグー情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デグー情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師によるデグーの品種の解説

  • デグーってどんな動物?専門獣医師が解説する知らないといけない生態と特徴〔Ver.3〕

  • 専門獣医師が解説するげっ歯類の飼育〔総論〕

  • 専門獣医師が解説するデグーの雌雄鑑別と繁殖〔Ver.2〕子育ては群れで行います!

  • 専門獣医師が解説するデグーの品種〔Ver.2〕色んなカラーいます!