1. TOP
  2. 7 診察・治療
  3. 専門獣医師が解説するエキゾチックアニマルへのオメプラ投与〔獣医師向け〕

専門獣医師が解説するエキゾチックアニマルへのオメプラ投与〔獣医師向け〕

 2022/11/28 7 診察・治療   1,285 Views

オメプラゾール

胃粘膜の壁細胞での胃酸分泌を行う最終段階のプロトンポンプを抑制して胃酸分泌が強力に抑えられる薬剤です(プロトンポンプ阻害薬:PPI Proton Pump Inhibitor)。

ウサギ

20mg/kg BID SC〔Lee  et al.1996

オメプラゾールはウサギの平滑筋にも作用があり〔Sarioglu et al.2000〕、胃酸を抑制する作用があることも分かってきました〔Défize et al.1985〕。そして、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)による胃潰瘍治療の実験として、インドメタシン誘発性胃潰瘍の形成ウサギにオメプラゾールを投与したところ、20mg/kg BID SCで胃の酸性度を大幅に抑制し、胃潰瘍形成を有意に減少させました〔Lee  et al.1996〕。

モルモット

実験でモルモットの胃の細胞を使用してのオメプラゾールの効果は、立証されていますが〔Hell et al.1987,Karasawa et al.1988〕、臨床投与実験はされていませんので、実際のモルモットへの投与での反応は分かっていません。

フェレット

0.7-4mg/kg PO SID〔Murray et al.2010〕
0.25-4mg/kg PO SID〔Morrisey et al.2018〕
消化管潰瘍の治療 0.7mg/kg PO SID〔Morrisey 2004〕
ヘリコバクター胃炎の治療:4mg/kg PO SIDクラリスロマイシンおよびメトロニダゾールと併用し、最低14日間投与〔Bell JA 2004〕

多くの書物に友好的な治療薬と記載されているが、研究的投与実験はありません。

その他

霊長目:0.4 mg/kg PO BID〔Dubois et al.1998〕

参考文献

■Bell JA.Gastrointestinal diseases.In Ferrets,Rabbits,and Rodents:Clinical Medicine and Surgery,2nd ed.Quesenberry KE,Carpenter JW,eds.Saunders.St. Louis.MO:37.2004
■Défize J,Pals G,Frants RR,Westerveld BD,Festen HP,Pronk JC,Meuwissen SG,Eriksson AW.The influence of omeprazole on the synthesis and secretion of pepsinogen in isolated rabbit gastric glands.Biochem Pharmacol15.34(20):3693-9.1985
■Dubois A,Berg DE,Fiala N,Heman-Ackah LM,Perex-Perez GI,Blaser MJ.Cure of Helicobacter pylori infection by omeprazole-clarithromycin-based therapy in non-human primates.Journal of Gastroenterology33(1):18–22.1998
■Hell M,Sewing KF.Effect of omeprazole on eicosanoid formation in and release from guinea-pig gastric mucosal cells.Br J Pharmacol91(1):69-75.1987
■Karasawa H et al.The effect of omeprazole on ultrastructural changes in gastric parietal cells.Gastroenterologia Japonica23:1–8.1988
■Lee M,Kallal SM,Feldman M.Omeprazole prevents indomethacin-induced gastric ulcers in rabbits.Aliment Pharmacol Ther10(4):571-6.1996
■Morrisey JK.Other diseases.In Ferrets,Rabbits, and Rodents:Clinical Medicine and Surgery,2nd ed.Quesenberry KE,Carpenter JW eds.Saunders.St.Louis.MO:70.2004
■Murray J,Kiupel M,Maes RK:Ferret coronavirus-associated diseases.Vet Clin North Am Exot Anim Prac13(3):p543-60.2010
■Morrisey JK,Johnston MS:Ferrets. Exotic Animal Formulary,5th ed:p533-557.2018
■Sarioglu Y et al.Evidence of relaxant effect of omeprazole in rabbit corpus cavernosum in vitro.Life Sci3.66(15):1411-21.2000

\ SNSでシェアしよう! /

エキゾチックアニマル獣医師情報室の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エキゾチックアニマル獣医師情報室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小型エキゾチックアニマルの麻酔バック

  • 専門獣医師が解説するエキゾのアニマルへのセレニア投与〔獣医師向け〕

  • リュープリンの分注はどうしてますか?

  • 自宅でのネブライザー(噴霧療法)・酸素療法〔飼い主向け〕

  • 専門獣医師が解説するカメの甲羅損傷で使用する樹脂は?

  • 専門獣医師が解説するフェレットの多血症?血液ドロドロ?