1. TOP
  2. 4 ミーアキャットのQ&A
  3. ミーアキャットの肛門腺は手術した方がよいですか?

ミーアキャットの肛門腺は手術した方がよいですか?

 2020/11/14 4 ミーアキャットのQ&A この記事は約 2 分で読めます。 1,580 Views
ミーアキャットの肛門腺

オスは嗅います

オスは肛門に1対の臭腺(しゅうせん)があり、これを肛門腺(こうもんせん)と呼ばれます。白色~黄褐色の分泌物を興奮したり、発情すると放ちますが、特有のきつい嗅いがします。オスは肛門腺からの分泌物のためにメスよりも嗅います。
オスの嗅いは肛門腺からの分泌物だけでなく、肛門周囲の細かい分泌腺や体全体の体臭も関与します。下の写真の右側の白色の点が肛門腺の開口部です。その周囲の茶褐色の領域が細かい分泌腺です。
ミーアキャットの肛門腺

肛門腺を取ると嗅わなくなる?

嗅いは確かに減りますが、完全に嗅わなくなるわけではありません。体臭はある程度は残ります。

手術はどんな感じ?

全身麻酔で行います。1対の肛門腺を一度の手術で摘出を行います。健康な個体でないと全身麻酔から覚めないこともあるので、経験のある獣医師に手術は依頼しましょう。
ミーアキャットの肛門腺 ミーアキャットの肛門腺

同時に去勢もした方がよいの?

一度の麻酔で、去勢手術も可能なら行った方がよいです。体臭も、オシッコによるマーキングも減ります。
ミーアキャットのオスの陰部 ミーアキャットの精巣

手術は何歳の時にやるの?

性成熟する前に行った方が効果的ですが、体の大きさや体力なども考慮すると、3~5ヵ月齢で手術をするのが理想になります。

\ SNSでシェアしよう! /

ミーアキャット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ミーアキャットの肛門腺

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミーアキャット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミーアキャットは何で立ち上がって周りを見てるんですか?