1. TOP
  2. 1 霊長類
  3. サルの飼育の心構え|必ず読んで!

サルの飼育の心構え|必ず読んで!

 2018/11/06 1 霊長類 この記事は約 5 分で読めます。 3,196 Views
サルのイラスト

サルの種類

●サルは約200種の色々な種類が存在します。知能が低いものから、知能指数が高いものまで、動物学的な差は極めて大きいです。また、体重が100g以下のネズミキツネザルから、100kg以上のゴリラまでといった大きさの幅があります。
●分類学的に、人も含む類人猿、真猿類、原猿類に分けら、類人猿と真猿類は高等な霊長類です。

●原猿類は下等で原始的なサルで、体が小さいです。

●真猿類は広鼻類と狭鼻類に分類されます。広鼻類は鼻梁が横に広がっており、中南米に生息しているため、新世界ザルとも呼ばれています。狭鼻類は鼻梁が広鼻類と比較して狭く、アジアとアフリカ大陸に生息しており、旧世界ザルとも呼ばれています。

サル目(霊長目) 原猿類 ・スローロリス
・ピグミースローロリスなど
真猿類 旧世界ザル ・二ホンザル
・カニクイザルなど
新世界ザル ・リスザル
・コモンマーモセット
・オマキザルなど
類人猿 ・ゴリラ
・ヒト
・チンパンジーなど

サルの飼育の法的規制

●サルの中には人に危害を与える恐れがあるため、法令で定められている特定動物に指定されている種類がいます。動物園にいるようなゴリラやオランウータンはもちろんのこと、チンパンジーや小型のサルの中にもに指定されている種類がいます。特定動物のサルを飼う場合には、許可を受けなければなりませんので、注意して下さい。


●現在はサルの海外から日本への輸入は禁止地域が設けられています。海外では日本にはないエボラ出血熱・マールブルグ病がサルから人に感染した地域があり、これらの病気が日本に侵入しないようにするためです。反対に輸入可能な地域は、アメリカ、中国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、スリナム、ガイアナ、カンボジアで、これ以外の地域から日本にサルを輸入できません。そして、実験動物や動物園での展示用に限りサルを日本に輸入することができますが、ペットのサルは禁止されています。輸入したサルは検疫を受けてから、日本の各地に持ち込まれます。

●サル全種類が、絶滅の恐れのある動物としてワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)により、輸出入の規制対象となっており、また、ニホンザルに近いマカカ属というサルは、日本で野生化すると生態系が崩れるために、外来生物法により特定外来生物に指定され輸入の規制対象となっています。
●現在、日本で飼育されているサルは、上記の理由から国内繁殖個体とされています。原猿類のスローロリスやピグミースローロリスはワシントン条約CITESⅠ掲載種になので、国内繁殖個体でも種の保存法によりマイクロチップを挿入し、届け出がないと飼育ができません。

サルのマイクロチップセミナーはコチラ!

サルの飼育の問題点

  • かみつく
  • 人にうつる感染症

●サルの飼育は、しつけが難しくてかみつくことで意思表示を示すこと、人との共通する感染症(人獣共通感染症:ズーノーシス)があること等多くの問題があります。その覚悟で飼育をして下さい。

かみつく

●かむことは、サルの怒りや興奮の表現で、かむことで自分の身を守ります。集団で生活するサルは、乳幼仔の時に集団の中で自制心が確立されます。つまり、野生では群れの中でルールを自然に身につけて覚えるものです。しかし、ペットでは自分をリーダーであると思い込んだり、人へかみつく力の加減を知らなかったり、あるいはストレスによる狂暴化などが人への攻撃へと繋がるのです。咬みつくこと以外にも、引っかいて攻撃することもあります。何かに対して怒ったりもしますが、それとは別に発情中はかむ場合が多いです。かむ本当の理由はサルに聞いて下さい。

人にうつる感染症

●サルは人と同じ霊長類で、共通する感染症が犬や猫より多いです。エイズウイルス・エボラウィルスなどが猿から感染することが問題になりました。

サルの感染症の自主検疫・定期検査はコチラ!

●本邦で飼育されているペットのサルは、原猿類のスローロリスやピグミースローロリス、真猿類のコモンマーモセットやリスザルなどの限られた種類のみになります。
●現在は野生のサルがペット用として日本に輸入されることはなく、国内で繁殖したサルのみなります。しかし、一度は感染症のキャリアであるのか?(自主検疫検査)年に一度は健康診断をしてあげることは、飼い主としての最低限のマナーといえます。

ポイントはコレ!
・サルは類人猿、真猿類、原猿類に分けらる
・原猿類は原始的なサルで体が小さい
・真猿類は新世界ザルと旧世界ザルに分けられる
・ペットのサルは輸入ができない
・サル全種類がワシントン条約の輸出入の規制対象
・日本で飼育されているペットのサルは全て国内繁殖個体
・サルはしつけが難しい
・人獣共通感染症を持つ
・かまないようにしつけが必要
・日本のペットサルはスローロリスやピグミースローロリス、コモンマーモセット、リスザルなど

サルをもっと勉強したいならこの本しかない(お求めはコチラ!)

 

獣医大学、動物看護師学校の教科書指定本!詳しくサルのことが書いてあります。

\ SNSでシェアしよう! /

サル情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

サルのイラスト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サル情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!