1. TOP
  2. 3 モルモットの病気
  3. 専門獣医師が解説するモルモットの結膜炎 ! クラミジア?

専門獣医師が解説するモルモットの結膜炎 ! クラミジア?

 2023/07/09 3 モルモットの病気 この記事は約 6 分で読めます。 1,368 Views

目が赤い

「モルモットの目が赤い」という主訴は結膜であることが多いです。しかし、結膜炎の原因は呼吸器感染症、牧草や粉塵の迷入、喧嘩などの外傷、そして細菌やクラミジアなどの感染が原因で結膜炎が起こります。モルモットにおけるアレルギーの発生報告はありませんが、一部では実験動物モデルが作られ、点眼薬の薬効研究に利用されています〔Nabe et al.2013〕。眼瞼結膜や眼球結膜の血管が怒張し、結膜の浮腫まで起こすこともあります。

細菌?クラミジア感染?

細菌感染による結膜炎で分離された細菌は、某報告では Staphylococcus spp.(ブドウ球菌属:18.1%)、Moraxella spp.(モラクセラ属:18.1%)、Listeria spp.(リステリア属:9%)、Clostridium spp.(クロストリジウム属:9%)、Streptococcus spp.(レンサ球菌属:9%)、Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌:9%)でした〔Faghihi et al.2019〕。また、Listeria monocytogenes、Staphylococcus aureus、Pasteurella multocidaStreptococcus spp. といった上部呼吸器疾患の原因菌が関連するともいわれています〔Williams 2007,Coster et al.2008,Donnelly et al.2004,Holmberg 2013〕。なお、眼症状を示さない正常なモルモットの結膜のぬぐい液サンプルから、77%の確率で細菌が検出され、S.aureus(44.4%)、Bacillus spp.(バチルス属:22.2%)、Streptococcus spp. であったことから〔Faghihi et al.2019〕、常在菌と異常の判断が難しいです。ただし、モルモットではクラミジア(Chlamydophila caviae)による結膜炎が特徴的で、主に 4~8 週齢の幼若個体で一般的に発生します〔Williams 2007〕。無症候性の感染も起こりますが。軽度の炎症を伴う結膜炎を引き起こし、漿液性~膿性の眼脂がみられます。時に、鼻炎を起こす上部気道炎や生殖器感染症を伴うこともあります〔Everett et al.1999,Read et al.2003〕。

診断

結膜炎を起こす原因菌は微生物検査で検出します。またクラミジアの診断には、細胞診検査で結膜上皮細胞における細胞質内封入体を確認したり、海外ではPCR 検査を実施しています〔Williams 2007〕。クラミジアによるモルモットの結膜感染および生殖器感染は、人の疾患の実験モデルとしても役立っています〔De Clercq et al.2013〕。人獣共通感染症の可能性が高いことも示唆され、クラミジアのベクターとして Acanthamoebae spp. の存在も考えられています〔Holmberg 2013,Murao et al.2010〕。

治療

クラミジアの治療はテトラサイクリンの点眼薬が最適とされていますが、免疫を獲得するために一般的に治療は不要という考えもあり、抗炎症剤の点眼だけで問題ないともいわれています。

とりあえずの抗炎症剤の点眼ならコレ!

 

目が赤い時に心配ならこの点眼をやって様子を見て・・・ 

参考文献

■Nabe T,Kijitani Y,Kitagawa Y et al.Involvement of chymase in allergic conjunctivitis of guinea pigs. Exp Eye Res113: 74-79.2013
■Faghihi H,Mehdi SR,Ansari-mood M et al.Conjunctival Microflora in Guinea Pigs with and without Signs of Conjunctivitis.J Exot Pet Med30:65-68.2019
■Williams D.Rabbit and rodent ophthalmology.EJCAP17(3):242-252.2007
■Coster ME,Stiles J,Krohne SG et al. Results of diagnostic ophthalmic testing in healthy guinea pigs. J Am Vet Med
Assoc232(12):1825-1833.2008
■Donnelly TM,Brown CJ.Guinea pig and chinchilla care and husbandry.Vet Clin North Am Exot Anim Pract7(2):351-373.2004
■Holmberg BJ.Ophthalmology of exotic pets.In Slatter’s Fundamentals of Veterinary Ophthalmology.5th ed.Maggs DJ, Miller PE, Ofri R eds:p445-463. Saunders.2013
■Lutz-Wohlgroth L,Becker A,Brugnera E, et al. Chlamydiales in guinea-pigs and their zoonotic potential. J Vet Med A Physiol Pathol Clin Med53(4):185-193.2006
■Everett KD,Bush RM,Andersen AA.Emended description of the order Chlamydiales, proposal of Parachlamydiaceae fam. nov. and Simkaniaceae fam.nov.,each containing one monotypic genus, revised taxonomy of the family Chlamydiaceae, including a new genus and five new species, and standards for the identification of organisms.Int J Syst Bacteriol49 Pt 2: 415-440.1999
■Read TD,Myers GS,Brunham RC et al. Genome sequence of Chlamydophila caviae(Chlamydia psittaci GPIC): examining the role of niche-specific genes in the evolution of the Chlamydiaceae.Nucleic Acids Res31(8):2134-2147.2003
■De Clercq E,Kalmar I, Vanrompay D.Animal models for studying female genital tract infection with Chlamydia trachomatis. Infect Immun81(9):3060-3067.2013
■Murao W,Wada K,Matsumoto A et al.Epidemiology of Chlamydophila caviae-like Chlamydia isolated from urethra and uterine cervix. Acta Med Okayama64(1):1-9.2010

\ SNSでシェアしよう! /

モルモット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モルモット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説するモルモットの糖尿病と治療

  • 専門獣医師が解説するモルモットの尿結石〔Ver.2〕再発60%???

  • 専門獣医師が解説するモルモットの卵巣・子宮疾患〔Ver.3〕1歳から発症することも!

  • 専門獣医師が解説するモルモットの外部寄生虫〔Ver.2〕毛にダニやシラミがいる

  • 専門獣医師が解説するモルモットのカルシウム起因性疾患!モルマニアだけが読んで!

  • 専門獣医師が解説するモルモットの肺炎!ボルデテラ感染症?〔Ver.2〕