1. TOP
  2. 3 モルモットの病気
  3. モルモットの肺炎|怖いぞボルデテラ感染症

モルモットの肺炎|怖いぞボルデテラ感染症

 2022/08/21 3 モルモットの病気 この記事は約 12 分で読めます。 1,123 Views

鼻炎や肺炎

上部気道炎として鼻炎、下部気道炎として肺炎が、モルモットでよくみられる呼吸器疾患です。鼻炎は、漿液性あるいは化膿性の鼻汁ならびに鼻孔拡大がみられ、結膜炎も起こしていることもあります。鼻汁は感染によるものでは白色~黄色の膿性ですが、非感染性だと透明です。

肺炎になると、呼吸促拍や腹式呼吸などの呼吸困難、運動不耐性、食欲不振、体重減少や削痩などみられます。

気道炎の多くは感染性にーで、細菌、真菌、ウイルス感染などがあげられ、密飼、輸送、急激な温度変化、不潔な環境、換気不良によるアンモニア濃度の高い外的環境要因、ビタミンC欠乏症、妊娠などが発生要因となります〔Ganaway et al.1976〕。床敷や牧草の粉塵が呼吸器に入り込むことで鼻炎を起こすこともあります。

また、不正咬合ならびに根尖周囲膿瘍に関連した鼻炎や鼻腔閉塞も多く、涎や強制給餌が原因で、誤嚥性肺炎が起こることもあります。

細菌感染はBordetella bronchisepticaがモルモットでは有名ですが、Streptoccus pneumoniae,Yersinia pseudotuberculosis,Salmonellaspp.,Pasteurellasspp.なども分離される。ウイルスはアデノウイルス〔Feldman et al. 1990〕、パラインフルエンザウイルス〔Porter et al 1992〕、さらに近年は高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染実験の報告もある〔Kwon et al.2009〕。他にもマイコプラズマ(Mycoplasma caviae)〔Richardson 2000,Brunner et al.1973〕やクラミジ(Chlamydia psittaci)などが分離されます。C.psittaciの感染は4~8週齢の幼体に結膜炎が発生しますが、日和見感染であるといわれ、細菌感染とともに上部気道炎の原因菌となります〔Flecknell 2002〕。真菌感染は実験動物での感染モデルでの報告のみです〔池田ら 2006〕。腫瘍の発生は稀ですが、気管支や肺の腺腫〔Manning et al. 1984〕や腺癌〔Yarto-jaramillo 2011〕、乳腺腫瘍の肺転移〔Yarto-jaramillo 2011〕などがあります。なお、気道炎は経耳道感染により鼓室胞にまで感染が蔓延し、中耳炎さらに内耳まで波及すること注意して下さい。

診断は?

診断は聴診で呼吸気性の雑音、鼻汁などからの微生物検査ならびにPCR検査、X線検査で肺炎の確認を行います。詳細な鼻腔内構造はCT検査でしか診断できません。血液検査では白血球増加ならびに好中球増加が認められます。

治療は?

治療は基本的に抗生物質の投与を行い、支持療法として気管支拡張剤、抗ヒスタミン剤などの投与や輸液を適宜行います。

ボルデテラとは?

Bordetella bronchisepticae(ボルデテラ・ブロンキセプチカ)による感染症で、気管支敗血症と呼ばれています。本菌は宿主域が広く、ラット、モルモット、ウサギ、フェレット、イヌ、ネコ、ブタ、サル類など各動物問に広く分布し、異種動物間でも相互に感染します。本菌は呼吸器の上皮細胞に局在して存在し、他の臓器や器官から分離されることは少なく、稀に生殖系に感染して、死産や流産、不妊症を起こすことがあります〔Goodman2009,Brabb et al 2012.Ganaway et al 1965〕。なお、人の感染については数例の報告があるくらいです〔McGowan et al.1911,Medical Research Council1951,Winsser et al.1960〕。 動物種によっても感受性が異なるのも特徴で、本菌は一般に伝播力が強いにもかかわらず、病原性は低いと見なされていますが、ウサギ、イヌ、サル類では無症状のキャリアになりやすく、ラット、モルモット、ブタなどは感受性が高いため発病すしやすいです〔Borden et al1936,Ganaway et al.1965,Phillips 1943〕。感染したモル モットの多くは無症状のキャリアとなり、菌の排泄は長期間続き、同種や他種の動物含めての感染源になる割合が高くなります〔Mattoo et al.2005〕。感染した約40%のモルモットは気管支や肺炎病巣を形成するといわれ、B.bronchisepticaeは鼻腔から進入し、気管や気管支を経て肺に入り、病理学的に化膿性気管支肺炎を起こし〔藤原 1996,日本獣医病理学会 2002〕、症状は体重減少のみが見られるような軽症例も多いです。一方では通常の気道炎と同様の肺炎の症状を呈する個体もおり、高い病原性および死亡率を有するという考えもあります〔Ganaway et al.1965,Woode et al.1967〕。特に感受性が高い幼体ほど強い症状を示し、突然死もみられます〔Peters 1991〕。これらの感受性の相違は成体の免疫ならびに抵抗力が関与していると推測されています。なお、実験動物のモルモットでは季節的な流行があり、冬から春に起こります〔藤原 1996〕。

モルモットはウサギと比べて感受性が高く発病しやすいですが、一方でウサギは無症状ならびに保菌者になりやすいだけです。伝搬はエアロゾルや鼻分泌物などや密接な直接接触による水平感染で〔Brabb et al.2012,Wood et al.1967〕、潜伏期間は5~7日です〔Ganaway et al.1965,Nakagawa et al.1969〕。家庭や動物園において、モルモットとウサギは同居するケースが多いですが、本来はB.bronchisepticaeの有無を確認してからでないと接触させてはいけません〔Brabb et al.2012,Mattoo et al.2005〕。

モルモットのB.bronchisepticaeを予防する手段としてワクチンが取りあげられており 〔Ganaway et al.1965,Nakagawa et al.1974,Shimizu et al.1978〕、イヌやブタ、およびヒト用のワクチンが実験動物のモルモットにおいて有効です〔Stephenson et al.1989,Matherne et al.1987〕。しかし、ペットでのモルモットへは現在のところ使用はされておらず、有効性は分かっていません。

参考文献
■Borden D,Kulp WL.A study of rat pneumonia.J Bact37:351-352.1936
■Brabb T,Newsome D,Burich A,Hanes M.Infectious diseases.In The laboratory rabbit, guinea pig, hamster and other rodents.1st ed.Suckow MA,Stevens KA,Wilson RP eds. Academic Press.London:1247-1268.2012
■Brunner H,James WD,Horswood RL,Chanock RM.Experimental Mycoplasma pneumoniae Infection of Young Guinea Pigs.The Journal of Infectious Diseases127(3):p315-318.1973
■Ferry NS.Bacteriology and control of acute infections in laboratory animals.J
Path Bact18:445-455:1913-14
■Flecknell.Guinea pigs.In BSAVA Manual of Exotic Pets 4th ed.Meredith,Redrobe eds.British Small Animal Veterinary Association:52-64.2002
■Feldman SH,Richardson JA,Clubb FJ Jr.Necrotizing viral bronchopneumonia
in guinea pigs.Lab Anim Sci40:82-83.1990
■Ganaway JR,Allen AR,McPherson CW.Prevention of acute Bordetella bronchiseptica pneumonia in a guinea pig colony.Lab Anim Care15.156-162.1965
■Kwon YK,Lipatov AS,Swayne DE.Bronchointerstitial pneumonia in guinea pigs following inoculation with H5N1 high pathogenicity avian influenza virus.Vet Pathol46(1):138-141.2009
■Mattoo S,Cherry JD.Molecular pathogenesis,epidemiology,and clinical manifestations of respiratory infections due to Bordetella pertussis and other Bordetella subspecies.Clin Microbiol Rev18(2):326-82.2005
■McGowan JP.Some observations on a laboratory epidemic,principally among dogs and cats,in which the animals affected presented the symptoms of the disease
called•gdistemper•h.J Path Bact15:372-426.1911
■Medical Research Council:The prevention of whooping-cough by vaccination.Brit.
Med.J:1463-1471.1951
■Manning PJ,Wagner JE,Harkness JE.Biology and diseases of guinea pigs.In Laboratory animal medicine.Academic Press.Fox JG, Cohen BJ,Lowe FM eds.Orlando.FL:p149–77.1984
■Matherne CM,Steffen EK,Wagner JE.Efficacy of commercial vaccines for protecting guinea pigs against Bordetella bronchiseptica pneumonia.Lab Anim Sci37(2):191-194.1987
■Nakagawa M,Muto T,Nakano T,Yoda H,Ando K,Isobe Y et al.Some observations on diagnosis of Bordetella bronchiseptica infection in guinea pigs.Exp Anim18:105-116.1969
■Nakagawa M,Yoda H,Muto T,Imaizumi K.Prophylaxis of Bordetella bronchiseptica infection in guinea pigs by vaccination.Jap J Vet Sci36:33-42.1974
■Phillips CE.Alcaligenes (Brucella) bronchisepticus as a factor in porcine
pneumonias.Can J Comp Med7:58-59.1943
■Peters LJ.The guinea pig:An overview.PartⅡ.In The Compendium Collection:Exotic Animal Medicine in Practice1.Johnston DE.ed.Veterinary Learning Systems. Trenton.NJ:p20-27.1991
■Porter WP,Judlacz EM.Effects of parainfluenza virus infection in guinea pigs.Lab Amim January:45-49.1992
■Richardson VCG.Library of Veterinary Practice.Disease of Domestic Guinea Pigs.2nd ed.Blackwell Science Ltd.2000
■Stephenson EH,Trahan CJ,Ezzel JW,Mitchell WC,Abshire TG,Oland DD et al.Efficacy of a commercial bacterin in protecting Strain 13 guinea pigs against Bordetella bronchiseptica pneumonia.Lab Anim23(3):261-269.1989
■Shimizu T.Prophylaxis of Bordetella bronchiseptica infection in guinea pigs by intranasal vaccination with live strain ts-S34.Infect Immun22(2).318-321.1978
■Yarto-Jaramillo E.Respiratory system anatomy,physiology,and disease:Guinea pigs and chinchillas.Vet Clin North Am Exot Anim Pract14(2):339-55.2011
■Woode GN,McLeod N.Control of acute Bordetella bronchiseptica pneumonia in a guinea-pig colony.Lab Anim1:91-94.1967
■Winsser J.A study of Bordetella bronchiseptica.Proc.Animal Care Panel10:87-104.1960
■池田文昭ら.モルモットの播種性カンジダ症および肺アスペルギルス症モデルにおけるmicafunginの治療効果.日本化学療法学会雑誌54(3):255-259.2006
■藤原公策.実験動物病理学.日本実験動物技術者協会編.実験動物技術大系アドスリー.東京1996
■日本獣医病理学会編.動物病理学各論.文永堂出版.東京.2002

\ SNSでシェアしよう! /

モルモット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モルモット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • モルモットのビタミンC欠乏症

  • モルモットの卵巣と子宮の病気(Ver.3)|1歳から発症することも!

  • モルモットの尿結石|再発60%???

  • モルモットのカルシウム起因性疾患|モル好きだけが読んで!

  • モルモットの毛にダニやシラミがいる~ | 外部寄生虫

  • モルモットの足が腫れた・・・潰瘍性足底皮膚炎(Ver.2)