1. TOP
  2. 3 シマリスの病気
  3. 専門獣医師が解説するシマリスの不正咬合〔Ver.2〕歯が口から飛び出てます!

専門獣医師が解説するシマリスの不正咬合〔Ver.2〕歯が口から飛び出てます!

 2019/03/23 3 シマリスの病気 この記事は約 2 分で読めます。 5,823 Views
シマリス

牙のように歯が伸びる

餌が上手く食べれていないなと思ったら、歯をのぞいてみて下さい。切歯が伸びているかもしれません。

なぜなるの?

シマリスは切歯が常生歯で、生涯のび続けます。ケージをかんだりすることで切歯の生える方向が変わり、上と下の前歯がうまくかみ合わなくなります。特に下の前歯が牙のように伸びることが多いです。

どんな症状?

切歯が上手く使えないので、初期は硬い餌をかじることができなくなります。

シマリス不正咬合

次第に切歯もさらに伸びて口から飛び出てきます。口が上手く動かせなくなり、餌を食べる量も減ってきて、やせてきます。

シマリス不正咬合 シマリス不正咬合

治療はどうするの?

完治するとこはできません。定期的に伸びた切歯をカットして食べやすくします。

シマリス不正咬合

激しく抵抗するシマリスでは、全身麻酔で前歯をカットします。カットをする間隔は個体差があり、多くは2~6週毎になります。基本的に切歯が上手く使えないので、前歯でかじるクルミやペレットなどの硬い餌は食べれません。あらかじめ臼歯で食べられるように細かく砕いてあげたりして下さい。

予防は?

絶対に金網のケージはかじらないようにして欲しいのですが、とても難しいです。シマリスが興味あるかじり木を与えて、そちらに気が引くようにしてください。ストレスが貯まるとかじる傾向にあるので、十分な運動をさせるなどのストレス対策が必要となります。

シマリスのかじり木の選び方とお薦め商品はコチラ!

\ SNSでシェアしよう! /

シマリス情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

シマリス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シマリス情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!