1. TOP
  2. 3 ウサギの病気
  3. ウサギの緑内障 | 急いで!見えなっちゃうよ!

ウサギの緑内障 | 急いで!見えなっちゃうよ!

 2021/04/14 3 ウサギの病気 この記事は約 3 分で読めます。 1,046 Views
ウサギの緑内障

眼圧が上昇する病気!

緑内障は何らかの原因で眼球の圧力(眼圧)が高まるために、視神経が害されて、見えなくなる病気です。 ウサギの緑内障は、ぶどう膜炎(虹彩膿瘍)が原因で二次的に起こりますが、遺伝的に生まれつきの緑内障でも発生します〔Tesluk et al.1982・Hanna et al.1963〕。

ウサギの目の仕組みを一度読んで勉強してみて!

見た目はどんな感じになるの?

緑内障は眼圧が高くなって眼球が拡張し、目が大きく感じて見えます。眼球突出のように見えますが、眼球自身が変形して大きくなっています。
ウサギの緑内障
下の写真を見ると、片方の目が飛び出ているのが分かると思います。

眼圧の上昇と眼球拡張の結果、角膜が浮腫を起こして白濁したり、白目の血管の充血が起こり、目ヤニや涙も見られます。左右の目が同時になることもあれば、片目の場合もあります。
ウサギの緑内障
進行すると、目の痛みを生じ、食欲不振や動かなくなりますが、ウサギではまれです。
ウサギの緑内障

どうやって診断するの?

緑内障の診断は、動物病院で眼圧測定を行って診断されます。
ウサギの眼圧測定

治療は?

眼圧を下げる点眼薬を投与します。慢性的になることが多く、生涯点眼薬が必要になります。また、目が飛び出た状態なので角膜が乾燥しないように人工涙液で表面をカバーする点眼薬も併用して投与します。

目のトラブルの時の予防と緊急対応はコチラ!

JCRA(ジャクラ)って何なの?

ウサギを幸せに長生きさせたい方は、一般社団法人 日本コンパニオンラビット協会(JCRA:ジャクラ)に入会しましょう!

入会はコチラ!

参考文献

■Hanna BL,Swain PB,Sheppard B.Recessive buphthalmos in the rabbit.Genetics47.519.1963
■Tesluk GC,Peiffer RL,Brown D.A clinical and pathological study of inherited glaucoma in New Zealand white rabbits.Lab Anim16.234-239.1982

\ SNSでシェアしよう! /

ウサギ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ウサギの緑内障

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウサギ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ウサギの虹彩膿瘍・・・目の中の膿?

  • ウサギの目の病気って?|症状による鑑別

  • ウサギの結膜炎|目ヤニと涙目

  • ウサギの熱中症|暑さに弱いので万全な対策は?

  • ウサギの胃のうっ滞・毛球症(Ver.2)│完璧な予防対策は?

  • ウサギのパスツレラ症|ウサギ好きなら知っておいて!