1. TOP
  2. 1 カナリアの生態と特徴
  3. カナリアの雌雄鑑別と繁殖

カナリアの雌雄鑑別と繁殖

1 カナリアの生態と特徴 この記事は約 5 分で読めます。 4,052 Views

雌雄鑑別

●カナリアはオスとメスは同じ色をしているので、雌雄鑑別は難しいです。生後半年位経つと、性成熟を迎え、羽の色、鳴き方、体に特徴が見られますが、あいまいです。最終的には遺伝子(PCR)検査で鑑別します。

  • 羽色
  • 体の大きさ
  • 鳴き声
  • お尻(総排泄孔)

オス

●オスはメスと比べて羽色が濃く、体がやや大きいですが、個体差がありますので明確ではありません。体色は赤カナリアでは明確に違いが分かりますが、その他の色では分かりません。赤カナリアはショウジョウヒワのオスの赤色が濃いという特徴を引き継いでいるからです。
●オスはメスよりもよく鳴きます。発情したオスは「ピロロロ」と大きな声をだします。
●オスはお尻(総排泄孔)が突き出て、先端がくぼんでいます。

メス

●メスは羽色が薄く、体もオスと比べてやや小さいですが、やはり個体差があります。
●メスはあまり鳴きませんが、鳴いても声が小さいです。
●メスのお尻(総排泄孔)は平坦です。

遺伝子(PCR)検査

●セキセイインコの性別は、獣医さんでも間違えることがあります。
●遺伝子検査は、採血をして血液を調べてもらう方法です。専門の検査機関に依頼するので、結果がわかるまでに1〜2週間ほどかかります。遺伝子検査こだと、ほぼ確実に性別が分かります。

繁殖(巣引き)

●鳥を繁殖させることは巣引きと呼ばれています。カナリアの繁殖は容易ではありませんが、計画的に行って下さい。
●カナリアは2~6月が繁殖期ですが、日本では春先なってからの繁殖が丁度よいです。
●無覆輪、クレステッド、優性の白カナリアは劣勢致死遺伝子を持つので、ペアにすると100%、その他の場合は1/4が孵化しないか、ヒナが死んでしまいますので注意して下さい。
●純潔のローラーカナリアやスタイルカナリアは数が少ないので、同腹のカナリア同士などの近親交配を避けるために、足環の番号で血統を確認します。多くの場合はそれぞれの愛好クラブで個体管理がなされているので、血統を調べてくれます。

性成熟

●性成熟は約6ヵ月齢です。オスは性的な成熟を迎えると精子が作れるようになります。メスは卵が産めるようになります。

発情

●上述したようなオスとメスで発情兆候がみられます。
●発情させるために、栄養価の高い繁殖期用のペレットやシードに切り替えてください。産卵に備えてビタミンやカルシウムなども十分に補給してください。なお、カナリアは昔から繁殖が積極的に行われ、特に繁殖期に卵黄からできたエサ(卵餌)が高栄養であるため、使われてきた歴史があります。

卵エサならコレ!

 


ナチュラルなエッグフード!

交配

●交配はまずはお見合いからです。基本的にオスとメス1頭ずつ同じケージに入れますが、相性が悪ければすぐに喧嘩が始まります。メスとオスのケージを隣同士に置いて、相性を確認してから一緒にするとよいでしょう。
●発情したオスはメスに対して盛んに求愛行動を示し、交尾をせまります。
●メスはオスを気に入ると、尾を上げて交尾を許容します(シャチホコポーズ)。交尾はオスがメスの背中の上に乗って、お尻をこすり合わせて精子を注入します。
●相性が悪い場合はペアの組み合わせに変えてください。

産卵

●交尾後にメスのケージに巣箱を用意をしますので、巣材にするために、ワラ、牧草、シュロ、紙などを与えてください。自ら営巣を始めます。
●カナリア用の巣箱あるいは壺巣を用意するとよいでしょう。

しっかりとしたサラ巣

 

巣材もセットで便利じゃんコレ!

●巣の中に入っている時間が長くなると、それは産卵の兆候の始まりです。
●産卵は毎日1個ずつ産み始め、カナリアの卵は少し青色を帯びています。産卵数は4~6個で、3~4個産んだ頃から抱卵を始めます。
●抱卵は14日位で、メスは1日中巣にこもりっきりになります(巣ごもり)。出てくるのは糞とエサを食べる時ぐらいなので、1日数回ぐらいしか出てきません。
●オスは基本的に巣箱の中にこもらず、本来のオスの仕事はエサを抱卵中のメスに届けたり、巣箱の前で見張りをします。
●母鳥は神経質になっています。巣箱の中を覗いたり、ケージを移動させるのは最低限にしてください。刺激すると抱卵をやめてしまいます。

ヒナ・子育て

●ふ化が始まると、ヒナの鳴き声が聞こえるようになります。
●ヒナは未熟な状態の赤子で、目も耳も開いておらず、体温調節もできません。
●母鳥が上手にヒナにエサを与えます。ヒナはふ化後に数日で目が開き、羽も生えてきます。


●全身の羽が生えそろったら、ヒナでなく幼鳥と呼ばれます。7~9日齢のヒナに足環が装着されます。
●巣からヒナが出てくるようになり、この状態を巣立ちといいます。
●自分でえさを食べるようになることを一人餌(ひとりえ)といいます。一人餌になったら、別のケージに移してあげましょう。
●幼鳥は3~5ヵ月後に親の羽に変わります。
●手乗りに育てる場合には、生後15日齢位から巣からヒナを取り出し、親変わりにエサを与えます。

手乗りの方法はコチラ!

表:繁殖知識

項目 数値
性成熟 約6ヵ月齢
発情 季節繁殖(2-7月)
繁殖回数 3-4回/年
産卵数 4-6個(連日に産卵)
抱卵 14日
巣立ち 20-21日齢
これがポイント!

・オスは色が濃くて、きれいな声で良く鳴く
・総排泄孔が突出しているとオス
・カナリアの繁殖期は2~7月、日本で繁殖させる時は春先から

鳥のこともっと勉強したいならこの本!

 

獣医系専門学校指定教科書!カナリアなのこと詳しく書かれています!

\ SNSでシェアしよう! /

カナリア情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カナリア情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!