1. TOP
  2. 4 ハムスターのQ&A
  3. ジャンガリアンとキャンベルの違いを教えて下さい ?| 専門獣医師の解説

ジャンガリアンとキャンベルの違いを教えて下さい ?| 専門獣医師の解説

 2022/02/16 4 ハムスターのQ&A この記事は約 10 分で読めます。 2,181 Views

ジャンガリアンとキャンベルは親戚?

ジャンガリアンハムスターとキャンベルハムスターは外貌がよく似ており、判別がつかないこともあります。分類学的に近縁で、一時同じ種類、キャンベルハムスターはジャンガリアンハムスターの亜種であるとも言われていました。現在でもジャンガリアンという名前で売られていてもジャンガリアンにはない毛色のハムスターは、実はキャンベルハムスターだったりという場合もあるのです。

ジャンガリアンハムスターの詳しい解説はコチラ!

キャンベルハムスターの詳しい解説はコチラ!

分類の歴史

1778年にジャンガリアンハムスターの学名はMouse songarusとされ〔Pallas 1778〕、しかし1912年にPhodopus(フォドフス)属に変更になりました〔Hollister 1912〕。Phodopus属は1910年に最初に分類がなされ、最初はロボロフスキーハムスターのみが分類されていました〔Musser et al.2005〕。属名のPhodopusは、古代ギリシャ語のφῳδός、phōdósに由来します(足の裏にある大きなパッドという意味)〔Ross, Patricia 1994〕。また、1933年にはジャンガリアンハムスターはキャンベルハムスターの亜種であるPhodopus sungorus sungorusに変更されました〔Argiropulo 1993,Neumann, Karsten et al.2006〕。sungorusという名前は地名であるジュンガリア(Dzungaria)に由来しています〔Steinlechner 1998〕。キャンベルハムスターは1902年に内モンゴルで最初に収集したC. W.Campbellにちなんで名付けられました。ジャンガリアンハムスターとキャンベルハムスターの両者の染色体は2n=28で同じ数をしていますが、しかし、両者は明らかに種類が異なるという説が強くなり〔Sokolov et al.1993〕、現在は別種となっています。

ネズミ目キヌゲネズミ科キヌゲネズミ(Cricetinae)亜科フォドフス(Phodopus)属は、中央アジア原産の小さなハムスターの系統で、過酷な環境に棲息しています。現在、P.sungorus(ジャンガリアンハムスター)P.campbelli(キャンベルハムスター)P.roborovskii(ロボロフスキーハムスター)の3種が分類されています。Phodopus(フォドフス)属は群居性がある唯一のハムスターで、夜行性の生活を送り、冬眠はしません。また、他のハムスターに比べてサイズが小さい(全長7〜10cm)ため、ドワーフハムスター(Dwaf hamster)とも呼ばれています〔Karsten et al.2006〕。棲息環境は乾燥地帯の森林や草原、半砂漠になります。 一方、ロボロフスキーハムスターは、他の2種とは遺伝的分化のレベルがあり、身体のサイズも小さく別種であることは明らかで、染色体数も2n=34になります。

Phodopus属は、棲息地の季節的な気温の変化や乾燥に対して、さまざまな形態的ならびに生理学的、行動的適応を示します。冬の寒さを乗り切るために、彼らは毛皮と脂肪の両方を含む優れた断熱性を備えた球形のコンパクトな体幹を進化させました〔Wynne-Edwards, Katherine et al.1999〕。一方で、夏と冬で水分が不足しており、これらのハムスターでは低い蒸発水分損失率を維持し、尿を濃縮することにより、水を節約する優れた能力を備えています〔Wynne-Edwards, Katherine et al.1999〕。極寒(-20°C未満)になると、ジャンガリアンハムスターは特徴的な腰を下ろした姿勢をとり、頭と前足を腹の下に押し込み丸くなる姿勢を見せます。そして毛皮を均一に毛羽立たせ、断熱性を高めます。高温(30°C以上)になると、体幹を平らにして四肢を横に広げ、熱の放散を行います〔Ross, Patricia 1998〕。

実は名前もごちゃごちゃ

ジャンガリアンハムスターとキャンベルハムスターの種的な相違は生物学者の間でさえ論議され、流通名も一定ではありません。以下のように多様な名称が使用されています。

ジャンガリアンハムスター
Djungarian hamster
Dzhungarian hamster
Winter white  hamster
Winter white dwarf hamster
Siberian hamster
Striped hairy-footed hamster
Sstriped desert hamster
Russian white  hamster
Russian  winter white hamster
キャンベルハムスター
Djungarian hamster
Dzhungarian hamster
Campbell’s hamster
Campbell’s dwarf hamster
Campbell’s desert hamster

鑑別ポイントはコレ!

ジャンガリアンハムスターとキャンベルハムスターの鑑別は容易ではありません。身体の特徴と性格にも違いはありますが、明確ではありません。ジャンガリアンだと思って購入したが、もしかするとキャンベルハムスターであることも珍しくはありません。もちろん色変わり個体では下記の被毛の色や模様での鑑別はできません。

被毛

ジャンガリアンハムスターの被毛は、キャンベルハムスターよりも被毛が少ないです〔The Dwarf Hamster 2003〕。つまりキャンベルハムスターの被毛は密に生えています。

冬毛の白色化

ジャンガリアンハムスターは冬になると被毛が白色に変色しますが、キャンベルハムスターでは見られません。なお、ペットのジャンガリアンハムスターではこの被毛の変色が起こることは稀です。

ジャンガリアンハムスターの冬の白色化の詳しい解説はコチラ!

頭頂部の斑点

ジャンガリアンハムスターは頭頂部に暗色の斑点模様が散在していますが、キャンベルハムスターにはありません。

背中の線

頭頂部から臀部にかけての背中の線模様が、ジャンガリアンハムスターはキャンベルハムスターよりも太く、キャンベルハムスターは細めではっきりとした色をしています。

腹側の毛色

ジャンガリアンハムスターの腹側の毛色は白色を帯びていますが、キャンベルハムスターではやや青色を帯びた灰色です。

ジャンガリアンハムスターの目は、アルビノでない限り全ての品種で黒色しかいません。キャンベルハムスターは、黒目以外にも赤目やブドウ目の品種がいます。

キャンベルハムスターの耳介はジャンガリアンハムスターよりも大きく広がり、先端も僅かに尖った形状をしています。

顔つき

ジャンガリアンハムスターは鼻先がとがった感じで、キャンベルハムスターは鼻先が丸みを帯びています。

尻尾

ジャンガリアンハムスターは丸みを帯び尻尾ですが、キャンベルハムスターは根元がしっかりしている感じです。

性格

キャンベルハムスターは、ジャンガリアンハムスターよりも気が強い性格が特徴です。

寒さに対する抵抗

キャンベルのドワーフハムスターは、ジャンガリアンハムスターよりも低温に対する耐性がはるかに低くなっています。実験室での実験によると、キャンベルハムスターは-31.8°C(-25.2°F)の低温に耐えることができ、ジャンガリアンハムスターは-44.7°C(-48.5°F)の低温に耐えることができます。[12]キャンベルのドワーフハムスターは、常に運動することで低温に反応し、自律神経の体温調節に依存するジャンガリアンハムスターとは異なり、保護された場所を見つけようとします〔Weiner January et al.1987〕。

キャンベルハムスターとジャンガリアンハムスターは交配可能?

外見がよく似た両ルハムスターでの交配は基本的に可能です。染色体の数は同じでも、形態が異なるなどの理由により、この2種類のハムスターのハイブリットはいくつかの欠陥を持って生まれてくることがあります。抵抗力が弱く寿命が短くなりやすい、オスの場合は生殖機能に異常があり、不妊となるなどの障害が報告されています。リスクを考えるとハイブリットでの交配は避けた方がよいでしょう。

参考文献
■Argiropulo (p136).Quoted in Ross 1998 (p6,Remarks).1933
■Hollister N.New mammals from the highlands of Siberia Quoted in:Ross1998 (p1,synonymy of the species).1912
■Karsten N et al.Molecular phylogeny of the Cricetinae subfamily based on the mitochondrial cytochrome b and 12S rRNA genes and the nuclear vWF gene”.Molecular Phylogenetics and Evolution39(1):135–148.2006
■Musser GG.Carleton MD.Genus Phodopus.In Wilson, DE.Reeder DM eds.Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference 3rd ed. Johns Hopkins University Press.p1045–1046.2005
■Neumann Karsten,Michaux Johan,Lebedev Vladimir,Yigit Nuri,Colak Ercument,Ivanova Natalia,Poltoraus Andrey,Surov Alexei,Markov Georgi,Maak Steffen, Neumann Sabine,Gattermann Rolf.Molecular phylogeny of the Cricetinae subfamily based on the mitochondrial cytochrome b and 12S rRNA genes and the nuclear vWF gene.Molecular Phylogenetics and Evolution39 (1):135–148.2006
■Pallas PS.quadrupedum species novae e ordine glirium p269.Quoted in Ross1998 (p1,synonymy of the species).1778
■Ross, Patricia D.Phodopus roborovskii.Mammalian Species459(459):1–3.1994
■Ross Patricia D.Phodopus sungorus.Mammalian Species.The American Society of Mammalogists(595):1–9.1998
■Steinlechner.DJUNGARIAN HAMSTER AND/OR SIBERIAN HAMSTER: WHO IS WHO?, European Pineal Society NEWS (p8).1998
■Sokolov VE et al.Hybridological analysis confirms species independence of Phodopus sungorus(Pallas 1973)[sic–should be 1773] and Phodopus campbelli (Thomas 1905).Doklady Akademii Nauk332(1):120–123.1993
■The Dwarf Hamster:A Guide to Selection,Housing,Care, Nutrition,Behaviour,Health, Breeding,Species and Colours (About Pets).Kingdom Books. Blackrock.2003
■Wynne-Edwards,Katherine et al.Differences in endogenous activity within the genus.Phodopus.Journal of Mammalogy80(3):855–865.1999
■WeinerJanuary,Heldmaier Gerhard.Metabolism and thermoregulation in two races of djungarian hamsters:Phodopus sungorus sungorus and P. s. campbelli.Comparative Biochemistry and Physiology A.1987

\ SNSでシェアしよう! /

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハムスターの目が飛び出てしまいました!

  • メスのハムスターのお尻から血がでています〔Ver.2〕

  • ネットに出ていました!ハムスターってお酒が好きなんですか?

  • 目のふちに白いニキビがあります・・・マイボーム腺腫?

  • ハムスターのお尻がはげてきました・・・ニキビダニ?

  • 専門獣医師が解説する!ハムスターのダイエット方法とは?