1. TOP
  2. 3 ハムスターの病気
  3. 専門獣医師が解説するげっ歯類の歯牙腫とは?

専門獣医師が解説するげっ歯類の歯牙腫とは?

 2023/06/21 3 ハムスターの病気 この記事は約 5 分で読めます。 940 Views

歯牙腫(しがしゅ)

ハムスターをはじめとするげっ歯類は切歯のみが常生歯で、生涯伸び続けます。ケージの金網を咬む刺激あるいは破折を起こしての感染などで歯根の細胞が変性し、切歯の歯根が石灰化ならびに歯牙腫と呼ばれる腫瘍状に増殖することがあります。歯牙種とは歯原性腫瘍で、エナメル質、象牙質、セメント質、歯髄などの歯胚・歯の組織からなる腫瘍で、病態的には腫瘍ではなく過誤腫とみなされます。類似した病態は、犬や猫、げっ類、羊、馬を含む様々な種で報告されています〔Barker et al.1985,Hanselka et al.1974,Head 1976.Moulton 1978,Norris et al.1985,Peter et al.1968,Vaughan et al.1968〕。一部ではハムスターでは臼歯に発生した歯牙腫が 植物由来の異物に由来した化膿性炎症と関連していた報告もあります〔Ernst H et al.2013〕。

常生歯の詳しい解説はコチラ!

症状は?

ハムスターでは上顎の切歯の歯根に多発し、歯根には、エナメル質、象牙質、セメント質様硬組織が不規則に混在する塊状増殖からなる複雑型の歯牙腫が発生します〔Dubitelzig et al.1986〕。塊状増殖物は鼻涙管へも影響も起こすことで流涙がみられ、切歯も生えてこなくなります。

歯根の塊が大きく成長することで、鼻腔閉塞や鼻甲介の破壊を容易に起こし、呼吸困難や開口呼吸が起こり、鼓腸症によって異常と発見されることもあります。

重篤になると眼球突出が起こることがあります。

ハムスター眼球突出

診断は?

X線検査において上顎切歯の境界明瞭な石灰化病巣が特徴な所見です。 詳細はCTスキャンで診断します。

治療

抜歯をすることはハムスターに侵襲が強いので行わず、二次的な炎症を抑えるために抗生物質や抗炎症剤を投与するのみです。呼吸困難であればペット用の酸素吸入を行うべきです。大きな酸素用ケージに普段飼育しているケージごと収納するか、密室になるケージに酸素吸入をして下さい。

自宅での酸素吸入をして下さい!

食欲が低下して削痩してきたら、下記の流動食で強制給餌を開始して下さい。

楽天で購入!

 

参考文献
■Barker IK, Van Dreumel AA.The alimentary system.In Pathology of Domestic Animals, ed. Jubb, Kennedyand Palmer.3rd ed.p19.Academic Press.Orlando.1985
■Dubitelzig RR et al.Complex Odontoma in a Stallion.Vet.Pathol23:633-635.1986
■Ernst H et al.Spontaneous Complex Odontoma in the Molar Region of a Syrian Hamster:a Case Report.Conference:STP meeting Portland.USA.2013
■Hanselka DV,Roberts RE,Thompson RB.Adamantinoma of the equine mandible.Vet Med/Sm Anim Clinic69:157.1974
■Head KW.Tumours of the upper alimentary tract.In International Histological Classification of Tumours of Domestic Animals.part1.p145.World Health Organization.Geneva.1976
■Moulton JE.Tumors of the alimentary tract.In Tumors in Domestic Animals,ed.Moulton,2nd ed.p240.University of California Press.Berkeley.1978
■Norris AM.Withrow SJ,Dubielzig RR.Oropharyngeal neoplasms.In Veterinary Dentistry ed.Harvey.1st ed.p131. WB Saunders, Philadelphia.1985
■Peter CP,Myers VS Jr,Ramsey FK.Ameloblastic odontoma in a pony.Am J Vet Res29.1495.1968
■Vaughan JT,Bartels JE.Equine mandibular adamantinoma.J Am Vet Med Assoc153:454.1968

\ SNSでシェアしよう! /

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説ハスターの頬袋脱〔Ver.2〕

  • 専門獣医師が解説するゴールデンハムスターの皮膚型リンパ腫

  • 専門獣医師が解説するハムスターの腫瘍〔獣医師向け〕

  • 専門獣医師が解説するハムスターの糖尿病〔獣医師向け〕

  • 専門獣医師が解説するハムスターの肝嚢胞

  • 専門獣医師が解説するハムスターの副腎皮質機能亢進症〔獣医師向け〕