1. TOP
  2. 1 ハリネズミの生態と特徴
  3. ハリネズミの雌雄鑑別と繁殖|意外と増やせます!

ハリネズミの雌雄鑑別と繁殖|意外と増やせます!

 2019/03/24 1 ハリネズミの生態と特徴 この記事は約 5 分で読めます。 2,952 Views
ハリネズミペニス

 雌雄鑑別

●雌雄は生殖孔の位置で鑑別します。
●オスは生殖孔(包皮の開口部)が、お腹の真ん中に位置しています。
 ハリネズミ
●包皮の中には大きなペニスが隠されています。

鼠径輪が開いているために精巣はお腹の中と陰嚢に移動しますが、ハリネズミは陰嚢が発達していないのでにわずかに膨らんでいる程度です。

●メスの生殖孔(外陰部)は肛門近くに位置します。
  

繁殖

●ハリネズミがは一年中繁殖ができる周年繁殖動物ですが、繁殖に適しているのは過ごしやすい春と秋です。
●繁殖させることは意外と簡単ですが、生まれたハムスターのことをしっかりと考えてください。自分で飼えるのか?もし飼えないのであれば里親を探さなければなりません。

性成熟

●性成熟は61~68日齢〔Johnson-Delaney 2004〕、また、オスは5~8ヵ月齢、メスは2~3ヵ月齢という報告もあります〔Brodie et al.1982〕。
●オスは性的な成熟を迎えると精子が作れるようになります。メスは子供をつくれる体になります。

発情

●発情したオスはそわそわと落ち着かなく動き、勃起をすることが多くなります。
●メスはあまり発情をしているのか外観からは分かりません。

交配

●交配はまずはお見合いからです。基本的にオスとメス1頭ずつで行いますが、雌雄での相性の選択が難しく、メスは相性が悪ければ針を立ててオスを威嚇してきます。
●発情したオスは興奮して活発に動き回り、メスの匂いをかいで、頭をメスの体にぶけるような行動をみせて交尾をせまります。
●交尾はオスがメスの背中に回ってペニスを挿入します。交尾は3~4分くらいで終わります。
●交尾をしない場合は別の日に再び行ってください。相性が悪い場合はペアの組み合わせに変えます。
●交尾後はオスとメスは別々のケージに戻します。確実に妊娠させたい場合は、数日以内にもう一度交配をさせてください。

妊娠・出産

●妊娠した子供の数によりますが、後半になるとお腹が大きくなって、乳首が赤く目立ってきます。この時期に巣箱の用意をします。あるいは床敷を使って自ら巣穴を作ります。
●妊娠中のハリネズミには栄養価の高いエサが必要になりますので、脂肪が多いペレットを与えてくだしい。

赤ちゃん・子育て

●赤ちゃんは赤子で、目も耳も閉じた状態で生まれ、体温調節もできません。
●針が生えていない状態で産まれてきますが、24時間後には柔らかい白色の針が生えてきます。

●13~24日齢で目が開き、体を丸めることができるようになります〔Johnson-Delaney 2004〕。

●最初はハリネズミ用のペレットをふやかした柔らかいエサを与えて慣れさせ、離乳するようになったら徐々に固いエサに変えていきましょう。

●子育ては母親だけで行いますので、安心して子育てができるような環境やエサの管理を行ってください。出産後は神経質になるため、ケージ内は暗くして静かにしましょう。
●子育ての間にストレスをかけると、育児放棄をすることが多いため、出産したら掃除や床敷の交換なども最小限にしましょう。

表:繁殖知識

性成熟 61-68日齢〔Johnson-Delaney 2004〕
オス5-8ヵ月齢、メス2-3ヵ月齢〔Brodie et al.1982〕
繁殖形式 周年繁殖
妊娠期間 34-37日〔Johnson-Delaney 2004〕
産子数 1-7(3-5)頭〔Johnson-Delaney 2004〕
離乳 4-6週齢〔Johnson-Delaney 2004〕

 

これがポイント!
・生殖器の孔と肛門の距離で雌雄鑑別
・陰嚢は目立たない
・オスのペニスは巨大
・繁殖は簡単なので計画的に増やすこと
・赤ちゃんには柔らかい針が生えてくる

 


ハリネズミをもっと勉強したいならこの本(お求めはコチラ!)

 

獣医大学、動物看護師学校の教科書指定本!ハリネズミのことが詳しく書いてあります!

参考文献

■Brodie ED,Broidie ED Jr,Johnson JA.Breeding the African hedgehog Ateleriv pruneri in captivity.In International Zoo Yearbook 22.The Zoological Society of London.p195-197.1982
■Hufnagl E.Libyan Mammals. The Oleander Press.Harrow.UK.1972
■Herter K.The insectivores.In Grzimek’s Animal Life Encyclopedoia.Van Nostrand Reinhold. New York.US.p202-216.1972
■Herter K.The insectivores.In Grzimek’s Animal Life Encyclopedia. Grzimek B. ed. Van Nostrand Reinhold.New York. p176-257.1968
■Johnson-Delaney C.Hedgehogs.In Exotic DVM 9(1).p38-44.2004
■Reeve N.Hedgehogs.Royser Natural History.London.UK.1994
■Poduschka W,Poduschka C.Fortpflanzung und Jungenetwicklung bei Hemiechinus auritus Fitzinge(r I Insectivora: Erinaceinae).Zool.Jb.Physiol 90.p501-535.1986

\ SNSでシェアしよう! /

ハリネズミ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ハリネズミペニス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハリネズミ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハリネズミってどんな動物?│知らないといけない生態と特徴

  • ハリネズミの品種│タワシにもいろんな色があります!