1. TOP
  2. 2 ハリネズミの飼育
  3. ハリネズミと人獣共通感染症

ハリネズミと人獣共通感染症

 2023/06/03 2 ハリネズミの飼育 この記事は約 16 分で読めます。 505 Views

ハリネズミは人に感染する病気が多い?

世界中でハリネズミが珍しいペットとして飼育されつつあり、本邦でも人気が急上昇です。 しかし、ハリネズミが多くの人獣共通感染症のキャリアになり、人に伝播する可能性についても懸念されながらも、これまで十分な知見が欠けていました〔Hoefer 1994,Blakeley  2000〕。世界中ではナミハリネズミとヨツユビハリネズミが飼育されていますが、日本では外来生物法による特定外来生物としてナミハリネズミ属の種類が指定されています。ナミハリネズミはヨーロッパ全域に分布しており、市街地にも生息し、生け垣や納屋などに住み着いたり、庭や農耕地・芝生・花壇・堆肥などで獲物を探しています。一方でヨツユビハリネズミはアフリカのサバンナに棲息し、近年ペットとして盛んに流通している小型の種類です。ハリネズミは体表背側の被毛が角質化を起こして針状構造物に変化していますが、毒は持っていません。人の皮膚を容易に損傷させますが、ある報告では人が針との接触後に一過性に蕁麻疹反応が発生した報告があります〔Fairley et al.1999〕。なお、ハリネズミに関連する主な感染症には、サルモネラ菌マイコバクテリア菌などの細菌の他、いくつかの真菌やウイルスが含まれています〔Hoefer 1994〕。多くの病状はエイズなどの免疫不全あるいは乳幼子に発症する可能性があります 〔Maertens et al.2001〕。したがって、免疫力が低下している人はハリネズミからの感染リスクが高まるために注意が必要です。

細菌

細菌に罹患したハリネズミは食欲不振、下痢、体重減少などを示すことがありますが、約28%のハリネズミは無症候性のキャリアになります〔Isenbugel et al.1993〕。サルモネラ感染症の報告が多く〔Anderson et al.2017〕、Salmonella Tileneの伝播が主要な役割を果たしていることが分かり〔Blakeley  2000,Centers for Disease Control 1994,Craig  et al.1997〕、10ヵ月齢の女児にヨツユビハリネズミから感染した記録があります〔Centers for Disease Control 1994〕。他にもネズミチフス菌(S.Typhimurium)〔Keymer et  al.1991〕、マイコバクテリウム菌(Mycobacterium marinum)〔Tappe  et al.1983〕、ペスト菌(Yersinia pestis)〔Duplantier et al.2005〕,Campylobacter jejuni〔Petersen et al.2001,Sahin et al.2012〕が菌分離されたり、Q熱(Coxiella burnetii)、トキソプラズマ症(Toxoplasma gondii)などに対する抗体が検出され〔Sixl et al.1989〕、ハリネズミから人への感染が危惧されています。

真菌

皮膚糸状菌症はハリネズミで多発する感染症で 、非搔痒の乾燥した鱗屑と脱毛が見られます。主に分離されるものはTrichophyton mentagrophytes var. erinacei で、時にMicrosporum spp. なども報告されています〔Ellis et al.2001〕。従ってハリネズミはこれらの真菌の無症候性キャリアになり、接触により人獣共通感染症を引き起こします。皮疹の発症は免疫が関与することから、自然に消失することもありながら、二次感染を起こすこともあります。人への具体的な感染はこれまで数例が報告され、白癬の症状でした〔Gregory et al.1975,Philpot et al.1992,Rosen 2000〕。皮膚糸状菌菌に加えて、ハリネズミはカンジダ症(Candida albicans)も報告され、 軟便や下痢を引き起こします〔Campbell 1997,English et al.1975〕。

ハリネズミでカビが疑わしい時はコレつけて!マイクロシンAHWスキンケア!

 

何これ!すごいじゃん!もっと早めに教えてよ!皮膚の赤みやカサカサやフケ症などの皮膚トラブルに使えるスキンケア商品で、細菌、真菌(カビ)、ウィルスに使え、炎症も抑えます。体に優しいpH中性のスーパーオキサイド水(超酸化水)で、副作用がなくウサギに安心して使えますね。体液と浸透圧が同じなために刺激がないので、目、鼻、口など粘膜にも使えるのがうれしいです。ハリネズミが本来持っている治癒力もアップさせる優れものです。

ウイルス

いくつかのウイルスがハリネズミから分離されていますが、症例数も数少なく、実際の人への罹患率など不明な点が多いです。特にハリネズミではアルボウイルス※についての文献が多く、特にアルボウイルスは節足動物内で増殖し、それらの吸血活動によって脊椎動物に伝播されるウイルスの総称で、およそ10のウイルス科が含まれ、人に病原性を示すものは100種を超えます。Tahyna virus〔Simkova 1966〕やBhanja virus〔Camicas et al.1981〕については感染研究され、ダニ媒介性脳炎ウイルスもヨーロッパのハリネズミからも分離されています〔Kozuch et al.1967〕。野生のナミハリネズミ は、 Ixodes hexagonus および I. ricinusなどのマダニの好発宿主となり得ます〔Krawczyk et al.2015〕。ハリネズミが冬眠している間も、潜在的にウイルスは維持されます。流行期に保菌者として機能を果たす可能性があります〔Kozuch et al.1963,Simkova 1966〕。他にもモルビリウイルスのパラミクソウイルスが健常体および罹患した個体から分離され 、ハリネズミでは一般的に存在しているとも言われ、人への感染が懸念されています〔Vizoso  et al.1981〕。神経学的症状と足裏の潰瘍性病変が見られ、モルビリウイルスの別のウイルスである犬ジステンパーウイルス感染症に類似した組織学的変化を示しました〔Vizoso et al.1981〕。ヘルペスウイルス感染の報告もあり、一部ではアルファヘルペスウイルスが分離され、主な感染部位は肝臓でした〔Stack et al.1990,Widen et al.1996,Allison et al.2002〕。ペットのヨツユビハリネズミからもヘルペスウイルスとして、ヒト単純ヘルペスウイルス(Herpes simplex virus)が分離された例もあり、感染源は不明ですが、飼い主の家族は時々口唇ヘルペスに苦しんでいたと報告されています〔Allison et al.2002〕。そして、ハンガリーのブダペスト市中心部でペットのハリネズミから狂犬病が分離されたこともあり、典型的な過剰な唾液分泌が見られました〔Farago  1997〕。他にも実験感染ですが、クリミア・コンゴ出血熱(Crimean-Congo hemorrhagic fever:CCHF)もありました〔Causey et al.1970,Shepherd et al.1989〕。

なお、人獣共通感染症ではありませんが、家畜に壊滅的な影響を与える可能性がある口蹄疫ウイルスがナミハリネズミおよびヨツユビハリネズミにも感染します。典型的な水疱性病変は、ハリネズミの舌、鼻、足に発生し〔McLauchlan et al.1947〕、ハリネズミが家畜へのウイルス蔓延の役割を担います。イギリスで口蹄疫が発生した際に、感染した敷地内またはその近くで捕獲された数頭のハリネズミから分離されたウイルスは、その発生時に牛から分離されたウイルスと同じでした〔McLauchlan et al.1947〕。牛とハリネズミの間の感染の全サイクルは、研究において実証されています〔Macaulay  1963〕。これらの事情からペットハリネズミはとしてアフリカからアメリカへの輸入は、口蹄疫を媒介する可能性があるために、1991年以来禁止されています〔Centers for Disease Control 1995〕。

寄生虫

クリプトスポリジウム症は、ペットのヨツユビハリネズミの腸から分離されています。一部の報告ではC. parvumC. hominisが検出され、人獣共通感染症が強く示唆されています〔Krawczyk et al.2015〕。ジアルジアなどの鞭毛虫類に関しての情報は不足しています〔Sprong et al.2009〕。

予防

このような感染症のリスクはペットを扱った後、特に食事や食べ物を扱う前に手を洗浄して消毒を行い、ペットの糞便を掃除する必要がある場合は、使い捨て手袋を使用して糞便との接触を避けることで軽減できます。同様にペットには栄養の整った餌を与え、適切に扱う必要があります。病気の兆候がないか注意深く観察して下さい。

ハリネズミのケージの消毒にはこれ使って!

 

コレ最高!ケージや小屋を消毒して!マイクロシンクリーナーは最先端特許技術によりウイルス、細菌、真菌(カビ)を瞬時に阻害し、清潔な状態にしてくれます。おまけに動物や糞・オシッコの嫌な臭いまで除去します。 医療機関や動物病院の病室やICU、手術室などで使用されている優れ物です!

参考文献
■Allison N,Chang TC,Steele KE,Hilliard JK.Fatal herpes simplex infection in a pygmy African hedgehog (Atelerix albiventris).J Comp Pathol126:76–78.2001
■Anderson TC et al.Multistate Outbreak of Human Salmonella Typhimurium Infections Linked to Pet Hedgehogs-United States, 2011-2013.Zoonoses Public Health64(4):290-298.2017
■Blakeley  K.Forget Fido. Forbes152.2000
■Causey  OR,Kemp GE, Madbouly MH,David-West TS.Congo virus from domestic livestock,African hedgehog,and arthropods in Nigeria.Am J Trop Med Hyg19:846-850.1970
■Campbell T.Intestinal candidiasis in an African hedgehog (Atelerix albiventris).Exotic Pet Pract2:79.1997
■Camicas JL,Deubel V,Heme G,Robin Y.[Ecological and nosological study of tick-borne arboviruses in Senegal.II.Experimental study of the pathogenicity of the Bhanja virus in small domestic ruminants]. Rev Elev Med Vet Pays Trop34:257-261.1981
■Centers for Disease Control.African pygmy hedgehog-associated salmonellosis-Washington, 1994.MMWR Morb Mortal Wkly Repー44:462-463.1995
■Craig C,Styliadis S,Woodward  D,Werker D.African pygmy hedgehog-associated Salmonella tilene in Canada.Can Commun Dis Rep23:129-132.1997
■Duplantier JM, Duchemin JB, Chanteau S,Carniel E.From the recent lessons of the Malagasy foci towards a global understanding of the factors involved in plague re-emergence. Vet Res36.In press.2005
■Ellis C,Mori M.Skin diseases of rodents and small exotic mammals.Vet Clin North Am Exot Anim Pract4:493-542.2001
■Fairley JA,Suchniak J,Paller AS. Hedgehog hives.Arch Dermatol135:561-563.1999
■English MP,Gregory MW,Spence  JA.Invasion by Candida albicans of the footpads of the Central African hedgehog (Erinaceus albiventris). Mycopathologia55:139-141.1975
■Farago Z. [Rabid hedgehog in inner-city area of Budapest]. Orv Hetil138:2231-2232.1997
■Gregory MW,English MP. Arthroderma benhamiae infection in the Central African hedgehog Erinaceus albiventris, and a report of a human case.Mycopathologia55:143-147.1975
■Hoefer HL. Hedgehogs.Vet Clin North Am Small Anim Pract24:113-120.1994
■Isenbugel E,Baumgartner R.Diseases of the Hedgehog. In Fowler M ed.Zoo and wild animal medicine 3rd ed.Philadelphia:WB Saunders Company.1993
■Keymer IF,Gibson EA,Reynolds  DJ.Zoonoses and other findings in hedgehogs (Erinaceus europaeus):a survey of mortality and review of the literature.Vet Rec128:245-249.1991
■Krawczyk AI et al.Presence of zoonotic agents in engorged ticks and hedgehog faeces from Erinaceus europaeus in (sub) urban areas.Parasit Vectors9;8:210.2015
■Kozuch O,Gresikova M,Nosek  J,Lichard M,Sekeyova M.The role of small rodents and hedgehogs in a natural focus of tick-borne encephalitis.Bull World Health Organ36(Suppl):61-66.1967
■Kozuch O,Nosek J,Ernek E,Lichard M,Albrecht P. Persistence of tick-borne encephalitis virus in hibernating hedgehogs and dormice.Acta Virol19:430-433.1963
■McLauchlan JD,Henderson  WN.The occurrence of foot-and-mouth disease in the hedgehog under natural conditions. J Hyg (Cambridge)45:474-479.1947
■Macaulay J.Foot-and-mouth disease in non-domestic animals. Bull Epizoot Dis Afr11:143-146.1963
■Maertens J,Vrebos M,Boogaerts  M.Assessing risk factors for systemic fungal infections. Eur J Cancer Care (Engl)10:56-62.2001
■Philpot CM,Bowen RG. Hazards from hedgehogs:two case reports with a survey of the epidemiology of hedgehog ringworm.Clin Exp Dermatol17:156-158.1992
■Petersen L,Nielsen EM,Engberg J,On SL,Dietz HH. Comparison of genotypes and serotypes of Campylobacter jejuni isolated from Danish wild mammals and birds and from broiler flocks and humans. Appl Environ Microbiol67(7):3115-3121.2001
■Rosen T.Hazardous hedgehogs. South Med J93:936–938.2000
■Shepherd AJ,Leman PA,Swanepoel R.Viremia and antibody response of small African and laboratory animals to Crimean-Congo hemorrhagic fever virus infection.Am J Trop Med Hyg40:541-547.1989
■Sixl W,Kock M,Withalm H,Stunzner D.Serological investigations of the hedgehog (Erinaceus europaeus) in Styria.2.Report.Geogr Med Suppl2:105-108.1989
■Simkova A.Quantitative study of experimental Tahyna virus infection in hibernating hedgehogs.J Hyg Epidemiol Microbiol Immunol10:499-509.1966
■Sahin O,Fitzgerald C,Stroika S,Zhao S,Sippy RJ,Kwan P et al. Molecular evidence for zoonotic transmission of an emergent, highly pathogenic Campylobacter jejuni clone in the United States. J Clin Microbiol50(3):680–7.2012
■Stack MJ,Higgins RJ,Challoner DJ,Gregory MW.Herpesvirus in the liver of a hedgehog (Erinaceus europaeus).Vet Rec127:620-621.1990
■Sprong H,Caccio SM,van der Giessen JW,network Z, partners. Identification of zoonotic genotypes of Giardia duodenalis. PLoS Negl Trop Dis3(12):e558.2009
■Tappe JP,Weitzman I,Liu S,Dolensek EP,Karp D.Systemic Mycobacterium marinum infection in a European hedgehog. J Am Vet Med Assoc183:1280-1281.1983
■Vizoso AD,Thomas WE.Paramyxoviruses of the morbilli group in the wild hedgehog Erinaceus europeus.Br J Exp Pathol62:79-86.1981
■Widen F,Gavier-Widen D,Nikiila  T,Morner T.Fatal herpesvirus infection in a hedgehog (Erinaceus europaeus).Vet Rec139:237-238.1996

\ SNSでシェアしよう! /

ハリネズミ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハリネズミ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説するハリネズミのペレットの選び方(Ver.2)|ネットで買えるお薦め商品ベスト9!

  • 初めてハリネズミを飼う人へ|飼育の心構え!

  • ハリネズミの飼育(特別保存版Ver.2)

  • ハリネズミを長生きさせる飼育のポイント│初公開!

  • 専門獣医師が解説するハリネズミのケージの選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト6!