1. TOP
  2. 3 フトアゴヒゲトカゲの病気
  3. トカゲのイエローファンガス病(YFD)

トカゲのイエローファンガス病(YFD)

3 フトアゴヒゲトカゲの病気 この記事は約 4 分で読めます。 3,800 Views

フトアゴヒゲトカゲのカビ

フトアゴヒゲトカゲでは、イエローファンガス病(YFD:Yellow Fungus Disease:黄色い真菌病)と呼ばれる全身性の真菌の感染症が有名で、大きな被害を受けています〔Johnson et al.2011〕。

どんな症状?

感染した皮膚は黄褐色になり、鱗がふやけて皮膚の下の脂肪や筋肉、重篤になると骨まで真菌が入り込み、次第にしこり(肉芽)ができて、膨らんできます。患部の鱗やしこりは脱皮不全も起こします。最終的には全身に広がり、肺炎や肝炎などを起こして死亡します。

原因は?フトアゴヒゲトカゲだけなの?

Chrysosporium anamorph Nannizziopsis vriesiiは、ペットでも野生の爬虫類からも分離されています。しかし、近年、Nannizziopsis guarroiが原因で引き起こされることが分かってきました〔Bowman et al.2007〕。しかし、他のNannizziopsis属の真菌も多く検出され、カメレオン〔Pare et al.2006〕やヤモリ〔Toplon et al.2013〕、ワニ、アガマ(フトアゴヒゲトカゲ)とイグアナ〔Michell et al.2013, Schmidt-Ukaj et al.2016〕からも報告されています。特にフトアゴヒゲトカゲでは多発しているので、今後のYFDの研究や報告に注目されています。

検査は?

患部を顕微鏡検査で菌体を確認したり、真菌培養検査あるいは病理組織学的検査で診断します。

治療は?

初期であれば抗真菌剤で治療できますが、進行したり、骨や内臓まで進行した場合は手遅れになります。

カビが疑わしい時はコレつけて!マイクロシンAHWスキンケア!

 

何これ!すごいじゃん!もっと早めに教えてよ!皮膚や鱗の赤みやカサカサやフケ症などの皮膚トラブルに使えるスキンケア商品で、細菌、真菌(カビ)、ウィルスに使え、炎症も抑えます。体に優しいpH中性のスーパーオキサイド水(超酸化水)で、副作用がなく爬虫類に安心して使えますね。体液と浸透圧が同じなために刺激がないので、目、鼻、口など粘膜にも使えるのがうれしいです。爬虫類が本来持っている治癒力もアップさせる優れものです。

参考文献
■Bowman MR et al.Deep fungal dermatitis in three inland bearded dragons (Pogona vitticeps) caused by the Chrysosporium anamorph of Nannizziopsis vriesii. Med Mycol45(4).371-376.2007
■Johnson RS, et al. Deep fungal dermatitis caused by the Chrysosporium anamorph of Nannizziopsis vriesii in captive coastal bearded dragons (Pogona barbata). Aust Vet J.89(12).515–519.2011
■Michell MA.et al.Chrysosporium anamorph Nannizziopsis vriesii:an emerging fungal pathogen of captive and wild reptiles. Vet Clin North Am Exot Anim Pract.16(3).659-68.2013
■ Pare A et al.Pathogenicity of the Chrysosporium anamorph of Nannizziopsis vriesii for veiled chameleons(Chamaeleo calyptratus).Med Mycol44(1).25-31.2006
■Schmidt-Ukaji S et al.Dermatomycosis in three central bearded dragons(Pogona vitticeps) associated with Nannizziopsis chlamydospora.Journal of Veterinary Diagnostic Investigation
7.p319–322.2016
■Toplon DE et al.Dermatitis and cellulitis in leopard geckos(Eublepharis macularius)caused by the Chrysosporium anamorph of Nannizziopsis vriesii.Vet Pathol50(4).585-589.2013

\ SNSでシェアしよう! /

フトアゴヒゲトカゲ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 爬虫類の心不全

  • フトアゴヒゲトカゲの代謝性骨疾患(MBD)|あの~骨曲がっているんですけど・・・

  • フトアゴヒゲトカゲのアデノウイルス感染症

  • 爬虫類のダニ

  • トカゲの痛風|フトアゴヒゲトカゲに多い・・・