1. TOP
  2. 1 ハムスターの生態と特徴
  3. ゴールデンハムスタ|優しいハムスター!

ゴールデンハムスタ|優しいハムスター!

 2019/03/16 1 ハムスターの生態と特徴 この記事は約 6 分で読めます。

ゴールデンハムスターは金色じゃないよね?

●俗にいうハムスターはゴールデンハムスターを指す場合が多く、実験動物ではシリアンハムスターと呼ばれています。
●ゴールデンハムスターは両手に乗るくらいの中型のハムスターです。
ゴールデンハムスター

分類・身体

分類

げっ歯目キヌゲネズミ亜科ゴールデンハムスター属
学名:Mesocricetus auratus
英名:Golden hamster,Syrian hamster
別名:シリアンハムスター

別名はシリアンハムスター!

分布

シリア、レバノン、イスラエル

ゴールデンハムスター分布地図

身体

・頭胴長:16.0~18.5cm
・尾長:2.10~2.85cm
・体重:130~210g(一般的にオスよりもメスの方が大きくなります)

性格

●性格は温和で、人に馴れやすく扱いやすい種類です。興奮させなければ、噛むことはありません。

優しいハムスター!

品種

●ゴールデンハムスターは毛色と毛の長さ・毛質によって品種が分けられています。
●流通している多くが毛が短い短毛種ですが、長い毛を持った長毛種も人気があます。
●光沢のある毛や縮れた毛のような毛質を持ったハムスターもおり、それぞれの毛色に毛の長さや毛質の組み合わせで、たくさんの品種が作られています。
ゴールデンハムスター

ノーマル(ゴールデン)

野生色で、背中は茶色、お腹は白色を帯びています。両頬に走る黒色の線(チークフラッシュ:Cheek flash)が入り、その上下にある三日月型の白色の模様(クレセント:Crescent)が特徴です。目は黒目で、耳は灰色~黒色をしています。
ゴールデンハムスター 

クリーム

全身がクリーム色~やや茶色を帯びたオレンジ色の一色で、チークフラッシュやクレセントなどの模様はありません。目は黒目で、耳は灰色~黒色をしています。一般的に幼体期は体色が淡く、成長につれて濃くなっていく傾向があり、毛色の幅は多様です。毛色が金色で、顔立ちが熊に似ているために、キンクマハムスターと呼ばれています。ゴールデンハムスターの中でも特に大人しい性格をしています。
ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター

シナモン

ノーマルを明るくした感じで、背中は明るいオレンジ色~赤茶色、お腹は白色を帯びています。チークフラッシュは灰色~アイボリー色です。赤目やブドウ目をしており、耳の色も薄くなっています。成長につれて、体色が濃くなる傾向にあります。
ゴールデンハムスター

アンブロウス

アンブロウスは遺伝子的に本来の毛色を暗くする働きがあります。ノーマルのアンブロウスでは、写真のように焦げ茶色や黒褐色が多く入った毛色になります。
ゴールデンハムスター

ブラック

全身が青色や茶色を帯びた黒色をしていますが、多くは手足や喉元に白色が入ります。目も黒目です。
ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター

グレー

グレーには、シルバーグレー、ライトグレー、ダークグレーの3種類が存在し、シルバーと呼ばれることもあります。ライトグレーでは、背中は明灰色~薄茶色を帯びた灰色(クリーム色)で、お腹は白色を帯びています。目は黒目で、耳は暗灰色をしています。なお、ライトグレーは劣性致死遺伝子を持っています。
ゴールデンハムスター  ゴールデンハムスター

ホワイト

全身は白色で、時に所々に薄茶色の色が入っています。目は黒目です。
ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター

アルビノ

アルビノは黒色色素が抜けているため、全身の毛色が白色になり、赤目をしています。しかし、ゴールデンハムスターでは完全なアルビノは存在せず、一部に色がついたり、薄い色が残っています。耳が灰色のダークイアード・ホワイト(Dark eared white)、耳がピンク色のフレッシュイアード・ホワイト(Flesh eard white)などが流通しています。

ゴールデンハムスター

ダークイアード・ホワイト

ドミナント・スポット

背中全体に色が入り、スポット的に白色の斑が入り、お腹は白色です。頭から目の上にかけて、色が入っているタイプ(鉢割れ)も多いです。

ハムスター

ドミノ

白色で体や顔に他の色がまだらに模様として入ります。まだら模様は茶褐色系やベージュ系などの色で、大きさも様々です。白色に黒色の斑があるものをダルメシアンと呼んで区別することもあります。頭から目の上にかけて、色が入っているタイプ(鉢割れ)も多く、お腹は白色です。なお、ドミノは劣性致死遺伝子を持ています。
ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター

ダルメシアン

犬のダルメシアンのような模様をしており、体色は白色で、規則的で細かい斑模様が入りますが、お腹は斑模様を欠いて白色です。なお、ダルメシアンは劣性致死遺伝子を持っています。
ゴールデンハムスターダルメシアン ゴールデンハムスター

ローン

ローンとは葦毛(あしげ)という意味で、体色は元の毛色に白色の葦毛が入ります。葦毛の入る程度には個体差があり、白色に近いものから、元の毛色がかなり残っているものなど様々です。

バンデット

一般的に流通している毛色で、背中に白色の帯状の模様が入り、腹巻をしているようにみえます。腹巻の模様の形状や大きさは様々です。茶褐色に白色の腹巻模様が入ったタイプが大量に流通しているため、これをノーマルと呼ぶこともあります。
ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター  ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター

ト-ティシェル

三毛の模様のもとになる2色のモザイク模様です。これに白斑が組み合わさると、いわゆるトリコロールと呼ばれる三毛になります。

ゴールデンハムスター

トリコロール

ロングヘア―(長毛種)

長毛の毛の長さには個体差と性差があります。全体的に長くなるだけでなく、部分的に伸びることもあります。一般的に、オスの方がメスよりも長くなります。メスはその中途半端な長さゆえに、日本では呼称として中毛と呼ばれることがあります。長毛種は、その外貌からテディ―ベアーハムスター(Teddy bear hamster)と呼ばれます。また、長毛種は毛繕いした毛を飲みこんで消化管閉塞を起こす確率が、短毛種よりも高くなります。
ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター

サテン

光沢のある毛で、毛色がより鮮やかにみえます。各品種にサテンがいます。なお、サテンは劣性致死遺伝子を持っています。
ゴールデンハムスターサテン 

レックス

毛が縮れていたり、巻いたりしてウェーブがかかっています。各品種にレックスがいます。ヒゲもカールしていることもあります。
ゴールデンハムスター ゴールデンハムスター

ハムスターの種類のカラー写真下敷き(お求めはコチラ!)

 

ハムスターマニアなら持っていないと!

ハムスターをもっと勉強したいならこの本(お求めはコチラ!)

 

獣医大学、動物看護師学校の教科書指定本!ハムスターのことが詳しく書いてあります。

\ SNSでシェアしよう! /

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハムスターってどんな動物?|知らないといけない生態と特徴

  • ハムスターの雌雄鑑別と繁殖|簡単に増えます!

  • クロハラハムスター|ビックハムスター!

  • ロボロフスキーハムスター│ミニマムサイズのハムスター!

  • ジャンガリアンハムスター|わがままハムスター!

  • キャンベルハムスター│怒りんぼうハムスター!