1. TOP
  2. 3 陸生のイモリ・サンショウウオ
  3. 専門獣医師が解説する陸生のイモリ・サラマンダーの飼育

専門獣医師が解説する陸生のイモリ・サラマンダーの飼育

 2021/11/01 3 陸生のイモリ・サンショウウオ この記事は約 3 分で読めます。 63 Views

陸生イモリ・サラマンダー

陸生の強いファイヤーサラマンダートウブタイガーサラマンダー、オビタイガーサラマンダー、スポテッドサラマンダーの飼育について解説します。

ケース

これらの仲間は飼育下では不活発な種類が多く、乾燥や衛生状態に配慮すれば体長の割に大きなケージは不要で、20~40cm のガラス、プラスチック、アクリル製のケースや水槽などを使用する。なお、蓋はステンレスメッシュ製や孔あきのプラスチック製などで通気性のよいものを選びます。しっかりと蓋ができないと、壁面を容易に登って逃走するので注意して下さい。

湿度

基本的に陸棲ですが、ある程度の湿度を維持しないといけないため、床敷は保湿性の高い水ゴケやヤシガラなどを使用します。野生の成体は、繁殖期以外は水に浸かることはないが、飼育下では小さな水場や水容器を設置したり、時には霧吹きも併用したりして、湿度を保つ必要があります。床敷に湿った土を使用すると、身体について汚れるため、観賞的には優れない。

 

シェルター

この仲間は薄明薄暮性で、地上・地中棲傾向が強いため、陸場には身体を隠す流木や植物、岩、シェルターなどを必ず設置します。隠れるスペースをもうけないとストレスになります。

シェルターの詳細な解説はコチラ!

温度

陸棲の有尾目は特に涼しい環境を好み、至適環境温度域(POTZ)は10~20℃です。温度管理は夏と冬に必要で、特に夏の高温には注意し、部屋のエアコンで温度調節を行うか、少なくともケージを風通しのよい涼しい場所に設置します。冬眠させない場合、冬の低温時はフィルムヒーターやパネルヒーターなどを敷いて温度を調節して下さい。

照明

基本的に照明は不要ですが、日内リズムをつける目的として昼間は明るく、夜間は暗くした方がよいです。また、飼育設備内に植物や水草を入れた場合、その成長のために光が不可欠となり、観察の目的からも観賞魚用の蛍光灯を使います。

給餌

給餌は週に1~3回の割合で行い、回数は幼体では多く、成体では少なくします。餌はイモリ用のペレット、コオロギやミルワームなどの昆虫、タイガーサラマンダーの成体などの大型個体には、頭と同じサイズのピンクマウスを与えます。

掃除

床敷が排泄物などで汚染されると、アンモニアが体表から吸収されて自家中毒を起こすため、こまめに取り換えて下さい。

イモリファンならこの本はぜひ!

 

楽天で購入!

飼育のバイブル本

\ SNSでシェアしよう! /

イモリ・サンショウウオ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イモリ・サンショウウオ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 専門獣医師が解説するイモリ・サンショウウオの繁殖

  • 専門獣医師が解説するイモリ・サンショウウオと人との関係

  • 専門獣医師が解説するイモリとサンショウウオの違い?

  • 専門獣医師が解説する陸生のイモリ・サラマンダーの飼育

関連記事

  • ファイヤーサラマンダーってどんなイモリ?専門獣医師が解説する知らないといけない生態と特徴

  • 専門獣医師が解説する陸生イモリ・サラマンダーの雌雄鑑別

  • トラフサンショウウオってどんなイモリ?専門獣医師が解説する知らないといけない生態と特徴