1. TOP
  2. 4 リクガメのQ&A
  3. カメの伸びたクチバシはどうしたらよいですか?(Ver.2)

カメの伸びたクチバシはどうしたらよいですか?(Ver.2)

4 リクガメのQ&A この記事は約 4 分で読めます。 14,206 Views
カメクチバシ

カメは歯の代わりにクチバシ!

カメは歯がない代わりに硬いクチバシを持ち、上のクチバシがほんの少し下のクチバシに重なっているのが正常です。このクチバシは爪と同様に伸びてきますが、エサを食べる際にクチバシを使って引き千切ったり、かみ切ったりすることで、上手く削れて伸び過ぎるのを防いでいます。

なんでなるの?

柔らかいエサによってカメがエサを引き千切ることが減ったり、柔らかい葉の部分ばかり食べていると、クチバシが長く伸びて不正咬合になります。

えっ!変な顔?

多くは上のクチバシが延びすぎて、ミジンコのような顔になっています。もちろん下のクチバシが延びすぎているカメもいます。水ガメよりもリクガメに多く発生します。
ギリシャリクガメ ギリシャリクガメ
反対に下のクチバシが上よりも前に出ている受け口のカメもいます。
カメのクチバシ
上と下のクチバシが左右で変形しているカメもいます。

代謝性骨疾患によるアゴの骨の形成異常、あるいは生まれつきの奇形により、不正咬合が起こることもあります。

クチバシの過長や不正咬合により、エサを食べづらそうになり、「キュッキュッ」「カチカチ」などの音が聞こえます。長くなったクチバシは、

水ガメではエサを食べる際に水槽の壁にぶつかって折れることがあります。空腹なカメだと、エサを与えられると同時に水槽に顔が当たりながらもエサを食べ続けますので、すぐに欠けてしまいます。クチバシの伸び過ぎを防ぎます。クチバシが欠けた場合でも、通常は時間とともに大抵は伸びてくると思います。伸びてくる間は上手くエサが食べられないので、色々なエサを試して食べられるものを選んで与えましょう。

で、どうしたらよいの?

伸び過ぎているクチバシはカットします。飼い主が自身でクチバシをカットする時は、人間用の爪切りやニッパを使いますが、上手く切れなかったり、縦割れをして欠けたりしますので、あまりお薦めできません。動物病院でクチバシを綺麗に切ってもらう方が事故も少ないです。ただし、どうしても甲羅に頭を引っ込めたり、かみつくカメは麻酔をかけないと切ることができません。
ギリシャリクガメ ギリシャリクガメ ギリシャリクガメ ギリシャリクガメ

予防は?

大きくわけて2つあります。

  • 代謝性骨疾患の予防
  • クチバシを使うエサ

代謝性骨疾患の予防

代謝性骨疾患により、上顎と下顎の骨が変形して、クチバシが適切に磨耗できない状態になります。紫外線不足あるいはカルシウムが少ないエサが原因で代謝性骨疾患になります。幼体の時の成長伴って、顔の形も整ってきます。日光浴を積極的に行い、ライトの設定も間違えないで下さい。
リクガメ

クチバシを使うエサ

野生のカメは、リクガメでは固い野草、水ガメでは時に巻き貝まで食べていますので、自然にクチバシが磨り減ります。リクガメでは葉野菜ばかり食べて茎を食べない、水ガメではペレットばかり食べているとクチバシを伸ばします(多くはエサ要因よりも、代謝性骨疾患が原因と思われます)。カルシウムやミネラル補給も兼ねて、イカの甲(カトルボーン)、サザエやカキの殻などの貝殻や卵の殻などを食べるようであれば与えてみて下さい。また、リクガメでは、野草などのゴワゴワした歯ごたえのあるエサや野菜の茎などを与えてみるのもよいでしょう。

お薦めカトルボーンはコレ!

 

余談:カメの歯

カメには歯は生えていませんが、代わりにクチバシが生えています。しかし生まれる前のカメには普通の歯とは異なる卵歯というのが生えています。鼻の下にナイフのような突起状の角質で、卵から生まれる時に、卵殻をこの卵歯で割るのが目的で、卵から生まれて数日立つと、卵歯は取れてなくなります。しかし、卵歯はトカゲやヘビにも見られますが、上顎骨に関係し
た骨からできています〔Hermyt et al.2020〕。

参考文献

■Hermyt M,Metscher B,Rupik W.Do all geckos hatch in the same way? Histological and 3D studies of egg tooth morphogenesis in the geckos Eublepharis macularius Blyth 1854 and Lepidodactylus lugubris Duméril & Bibron 1836. J Morphol281(10).1313-1327.2020

\ SNSでシェアしよう! /

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

カメクチバシ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 甲板の形が変形している・・・甲羅の配列奇形

  • リクガメにキャベツを与えると甲状腺機能低下症になるって本当?