1. TOP
  2. 2 リクガメの飼育
  3. ズバリ!リクガメを運動させる方法

ズバリ!リクガメを運動させる方法

2 リクガメの飼育 この記事は約 3 分で読めます。 105 Views

カメに運動?

リクガメは想像以上に運動する動物で、その運動量を考えるとケージサイズは大きければ大きいほど最適ですが、その分温度や湿度の管理、ライトの設定が難しくなります。したがってケージとは別に部屋、ベランダや庭などを自由に散歩させ、あるいはサークルを設けて、その中でリクガメを運動させる時間を設けます。理想は屋外での庭での運動で、日光浴も兼ねることができます。庭がない時はベランダでも良いですが、落下事故には注意をして下さい。そしてベランダや庭などの屋外では日向・日陰と隠れるスペースがないと熱中症の恐れがあります。運動とは基本的にカメ自身の自由気ままに歩かせるのみですが、日陰に入ったり、動かなくなって疲れてそうに見えたらゲージに戻して下さい。ただし、散歩時の注意点もあり、逃走してしまい見つからない、有害な草や落ちていた金属などの異物などの摂取(異物摂取)、野良猫やカラスなどの外敵に襲われて外傷を追うこともあり得ます。

リクガメのケージの解説とお薦めケージはコチラ!

運動不足の欠点

運動不足の状態で栄養過多な生活を送ると肥満になります。肥満になることで肝臓や腎臓などの内臓にも影響がでたり(肝不全・腎不全)、四肢の筋肉の低下も起こります。餌を探して動きまわることは、当然ながら胃腸の動きが活発になり、ストレスを解消させて、病気に対する抵抗力も増します。

ペットサークル

カメの散歩は常に監視していないといけないとも言われていますが、自由に運動させる時にはサークルを用いて限られた空間のみを散歩させる方が安全かもしれません。部屋にペット用サークルを設置して数時間の散歩だけでも、普段のケージ飼育と比べて違いが出てくると思われます。室内の散歩だと糞や尿で床を汚してしまうために、散歩させにくいと考える方もいると思います。しかし、ペット用サークルの中には不使用時は折りたたんでコンパクトになり、メッシュ部が多く中の様子が観察ができ、床が防水機能付きなので糞や尿の汚れを処理がしやすく、とても便利な製品もあります。また屋外でペット用サークルを使用することで、外敵がいなければ、リクガメが逃げ出すことなく、日光浴も兼ねることができます。

カメのお薦めサークル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pawaboo ペットサークル 折りたたみ 直径133cm 犬 猫 サークル う…
価格:2,799円~(税込、送料別) (2024/6/21時点)

楽天で購入!

 

\ SNSでシェアしよう! /

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 爬虫類の餌のペレットの選び方とネットで買えるお薦め商品

  • 専門獣医師が解説するリクガメの飼育〔Ver.3〕

  • 専門獣医師が解説するリクガメのケージの選び方〔Ver.2〕ネットで買えるお薦め商品ベスト5!