1. TOP
  2. 5 リクガメのER
  3. 緊急:カメのお尻から何か出ている・・・直腸脱?卵管脱?ペニス脱?

緊急:カメのお尻から何か出ている・・・直腸脱?卵管脱?ペニス脱?

5 リクガメのER この記事は約 4 分で読めます。 1,767 Views

出ている臓器は何でしょう?

お尻から何か出ている時は緊急事態です。それらは通常、何らかの原因による過度のしぶりや興奮の結果で起こる症状で、総排泄腔脱、直腸脱、卵管脱、膀胱脱、ペニス脱が考えられます(膀胱脱はまれ)。いずれにせよカメは逸脱した組織を甲羅と床に挟んだ状態で引きずって歩くために、組織は炎症や出血を起こし、壊死することもあります。

原因は?

しぶりは、体の中のしこり、膀胱結石、食滞や消化管内異物、腸炎などが腹圧の原因となり、総排泄腔脱や直腸脱が起こります〔Hedley et al.2014〕。他にも肥満や筋力の低下、または背骨の異常などの骨格異常なども発生要因になります〔Johnson et al.2018〕。産卵後などでは卵管脱が起こります。ペニス脱は発情することで発生します。

まずは自宅でどうしたらよいの?

逸脱した組織によって対応は異なりますが、逸脱した組織を消毒して乾燥を防ぎ、炎症しないように、濡れたガーゼや生理用ナプキンを組織にあててテープで止めたり、犬猫用オムツなどはかせて、引きずるのを防いで下さい。とくにかく早急に動物病院で診察を受けるべきです。直腸脱や卵管脱だと、緊急性を要する場合があり、様子をみて放置すると、危険な状態に陥ってしまいます。それぞれの組織の特徴を解説しますが、素人判断は禁物です。

カメの傷にも使える消毒なので、一つ買っておいてもよいかも!

 

組織にこれをじゃんじゃんかけて消毒!皮膚の赤みやカサカサやフケ症などの皮膚トラブルに使えるスキンケア商品で、細菌、真菌(カビ)、ウィルスに使え、炎症も抑えます。体に優しいpH中性のスーパーオキサイド水(超酸化水)で、副作用がなくカメに安心して使えますね。体液と浸透圧が同じなために刺激がないので、逸脱して出てきた組織にも使えるのがうれしいです。

炎症と腫れがひどい場合はこれを塗って!

 


抗生物質配合!犬猫用だけど、常備薬としても使える・・・

総排泄腔脱

逸脱した組織は短く、全体が浮腫を起こしていることが多いです。外科的に切除してはいけないので、収納します。一時的に総排泄孔を糞やオシッコが排泄するスペースを確保して縫合します。

カメ総排泄腔脱 カメ総排泄腔脱カメ総排泄腔脱 カメ総排泄腔脱

直腸脱

逸脱した組織は肉色をして細長いのが特徴です。組織の先端中心に肛門が確認されますが、炎症や浮腫がひどいと分かりませせん。基本的に外科的に肛門の孔を確保して短く切除する手術を行います。

カメ直腸脱 カメ直腸脱   

卵管脱

逸脱した組織は肉色をして細長く、アコーディオンみたいに襞状になっています。組織の先端中心に卵管孔が確認されますが、炎症や浮腫がひどいと分かりませんが、卵や黄身・白味が排泄されていると確定されます。もちろん卵管脱はメスに起こります。

卵管脱は逸脱した組織だけ切除しても、次に卵が産卵できなくなり、状態によっては数日で亡くなってしまうこともある緊急状態です。開甲手術で卵巣や卵管も全て摘出することが完治する方法になります。

カメ卵管脱

ペニス脱(陰茎脱)

陰茎は総排泄孔から、出たと思ったら引っ込んだります。しかし、勃起して逸脱して、引きずられて炎症などが起こると戻らなくなります。もちろんペニス脱はオスに起こります。

総排泄腔脱のように、一時的に総排泄孔を糞やオシッコが排泄するスペースを確保して縫合して、様子を見ますが、それでも戻らない場合は切除します。カメのペニスには尿道が通っていませんので、オシッコができなくなることはありませんが、繁殖ができなくなります。

リクガメのペニス

リクガメ

リクガメのペニスは肉色をしています。精子を通過させる精溝と呼ばれる縦の溝が見られます。

カメ陰茎脱 カメ陰茎脱 カメ陰茎脱 カメ陰茎脱 カメ陰茎脱

水ガメ

水ガメのペニスは、赤紫色~黒色のキクラゲのような感じをしています。対応はリクガメと同様です。

補足

逸脱した組織の対応だけでなく、しぶりを起こす原因をさぐるために全身の検査も必要になります。

参考文献
■Hedley J,Eatwell K.Cloacal prolapses in reptiles: a retrospective study of 56 cases. Journal of Small Animal Practice55(5).265–268.2014
■Johnson R, Doneley B.Diseases of the gastrointestinal system.In Reptile Medicine and Surgery in Clinical Practice.Doneley B,Monks D,Johnson R,Carmel B eds.Wiley-Blackwell.280–282.2018

\ SNSでシェアしよう! /

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • リクガメの糞からウネウネとした白い虫がでています・・・