1. TOP
  2. 1 ハムスターの生態と特徴
  3. 専門獣医師が解説するロボロフスキーハムスター〔Ver.2〕ミニマムサイズのハムスター!

専門獣医師が解説するロボロフスキーハムスター〔Ver.2〕ミニマムサイズのハムスター!

 2019/03/13 1 ハムスターの生態と特徴 この記事は約 5 分で読めます。 7,128 Views
ロボロフスキーハムスター

ちょこちょこと動く最小ハムスター!

ロボロフスキーハムスターはハムスターの中で最も小さい種類(ドワーフハムスター)で、敏捷性に優れ、素早く動きます。

ロボロフスキーハムスター 

分類

げっ歯目キヌゲネズミ亜科ヒメキヌゲネズミ属
学名Phodopus roborovskii
英名:Roborovski dwarf hamster
別名:ロボロフスキーヒメキヌゲネズミ

分布

ロシアのツバ自治共和国、カザフスタ ン東部、モンゴル西部および南部、隣接する中国の新疆維吾爾自治区北部

ロボロフスキーハムスター分布地図

砂漠のような砂とまばらな植生の地域に生息しています〔Flint 1966〕。

身体

頭胴長:7.0〜10.0cm〔今泉 1988〕
尾長:0.7〜1.0cm〔今泉 1988〕
体重:15〜30g〔今泉 1988〕
寿命:2~2.5歳

歴史

ロシアの探検隊フセヴォロド・ロボロフスキーが最初にロボロフスキーハムスターに注目し、1894年の遠征中に発見したが、1903年にコンスタンチン・A・サトゥーニンが認識するまで、その後10年間ほとんど科学的に研究されていませんでした〔Lissenberg 2006〕。 しかし、ロンドン動物園では1960年代にロボロフスキーハムスターが輸入された記録があり、1998年にはアメリカに輸入されました〔Esther 1968〕。

性格と習性

怖がり

ロボロフスキーハムスターは怖がりな性格をしており、人には馴れません。かみ癖は強くはないのですが、動きが早いので、飼いなれていない人には扱いにくいです。野生でも群れで生活をしているので、ペットでも複数で飼育することが可能です。
ロボロフスキーハムスター

あまり水を飲まない

ロボロフスキーハムスターの生息地域は乾燥地帯なので、腎臓での水分再吸収機能が優れており〔Sokolov et al.1989〕、あまり水を飲まない個体もいます。

トイレを覚えない

基本的にトイレを覚えませんので、ケージの床敷は汚れたら交換して下さい。

特徴

2頭身

頭部が大きく、2頭身の外貌をしています。

ロボロフスキーハムスター

短足

他のハムスターと比べて前足と後足が短いです。

白色の眉毛

眉毛のような白い斑点と背筋がないことが特徴です(他のPhodopus属のハムスターには背筋が見られます)〔Argyropulo 1933,Vorontsov 1960〕。

品種

ロボロフスキーハムスターは毛色によって品種が分けられています。主な品種を紹介します。

ノーマル

背中は茶褐色~灰色で、ストライプの線はみられません。上まぶたに眉毛のような白い模様が特徴で、おじいさんのような顔つきをしています。お腹は白色を帯びています。ロボロフスキーハムスターは全てが黒目です。

ロボロフスキーハムスター

スーパーホワイト

全身が白色で、頭や背中に茶色の差し毛が見られます。

ロボロフスキーハムスター

ホワイトフェイス

体はノーマルと同じで、顔だけが白色です。そのために、とてもかわいく見えるのが特徴です。

ロボロフスキーハムスターホワイトフェイス ロボロフスキーハムスター

アルビノ

黒色色素を欠くために、全身が白色で、目は赤目です。

パイド

パイドは白色の斑模様が入ったもので、様々な毛色に見られます。なお、パイドは劣性致死遺伝子を持っています。

ロボロフスキーハムスター

これがポイント!
・正式和名はロボロフスキーヒメキヌゲネズミ
・性格は臆病
・群れで飼育できる
・ハムスターの最小種
・2頭身で顔がおおきいスーツ
・チョロチョロ動いて持てないこともある
・品種は少ない

参考文献
■Argyropulo AI.Die Gattungen und Arten der Hamster(Cricetinae Murray,1866) der Paläarctic.Zeitschrift für Säugetierkunde(in German)20:129–149.1993
■Esther V.Konijnen en Knaagdieren Encyclopedie-Esther Verhoeff-Verhallen p.130-131.1968
■Flint WE.Die Zwerghamster der Palaarktischen Fauna.A.Ziemsen Verlag.Wittenburg Lutherstadt.p97.1966
■Lissenberg DL.Dwarf Hamsters- Judith Lissenberg Rebo:p.22-23.2006
■Sokolov VY,Meshchersky IG.Water metabolism of Phodopus roborovskii. Zoologicheskii Zhurnal68(5).115-126 (in Russian).1989
■Vorontsov NN.Species of Palaearctic hamsters(Cricetinae, Rodentia) in statu nascendi.Doklady Biological Sciences132:491–493.1960
■今泉吉典監修.世界哺乳類和名辞典.平凡社.東京.1988

\ SNSでシェアしよう! /

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ロボロフスキーハムスター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハムスター情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説するジャンガリアンハムスター〔Ver.2〕わがままハムスター!

  • 専門獣医師が解説するチャイニーズハムスター〔Ver.2〕ネズミのようなハムスター!

  • ハムスターってどんな動物〔Ver.4〕知らないといけない生態と特徴

  • 専門獣医師が解説するゴールデンハムスター〔Ver.2〕心優しいハムスター!

  • 専門獣医師が解説するキャンベルハムスター〔Ver.2〕怒りんぼうハムスター!

  • 専門獣医師が解説するげっ歯類の飼育〔総論〕