1. TOP
  2. 7 診察・治療

7 診察・治療

  • フェレットの多血症?血液ドロドロ?

    フェレットの血が多い?濃い? ●フェレットではよく赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値が高いケースに遭遇します。ほとんどがいたって元気で異常が認められないです。 ●医学的に赤血球増加症と診断するべきか?血が濃いと […]

    2020/05/14
  • 鳥の糖尿病 |鳥にもあるんだ~

    本当に糖尿病なのか? ●血液中の糖(グルコース)が上昇する病気で、血液検査で血糖値が上昇します。グルコースは体内の主要なエネルギー源ですが、鳥は哺乳動物に比べて2倍以上の血糖値を持ち、血糖値を下げるインスリンの作用が低い […]

    2020/05/13
  • ハムスターの糖尿病の治療

    ハムスターに糖尿病は多いのか? ●遺伝的にキャンベルハムスター、次いでチャイニーズハムスターに見られます。ジャンガリアンハムスターでもイエロー(プッティング)に遺伝性素因があります。遺伝性素因のある糖尿病は若齢個体から発 […]

    2020/03/22
  • カメの甲羅損傷で使用する樹脂は?

    甲羅が割れています。 甲羅確認しています。 破損甲羅が一部ありません。 内部をスポンゼルで充満しています。 一部をプレートで固定 樹脂セットを購入してください! これを使っています   購入はコチラ↑ 一部の甲 […]

    2020/02/19
  • インコのメガバクテリアの治療

    どの薬使うの? ●メガバクテリアは早期発見・早期治療が重要です。発見が遅れ、胃の障害が大きいと メガバクテリアが糞便中から消失しても症状が治らないです。メガバクテリアは胃の粘膜に侵入するため、排泄量が少なくても、必ず処置 […]

    2020/01/26
  • 自宅でのネブライザ(噴霧療法)・酸素療法

    ネブライザ(噴霧療法) ●飼い主さんに、ご自宅で使うネブライザ本体と動物を入れるケースを購入してもらってください。 ●ネブライザ薬曹に入れる調合薬は獣医師が処方して、動物病院から出してください。 ●ネブライザ本体とケース […]

    2019/10/25
  • アメゴムカラーとは?

      飴ゴム買っておいてください 切って使って! ●小鳥も楽チンです。 ●脱着簡単です。 ●顔が浮腫むことがあるので注意してください。 サイズは? ●鳥でのサイズはこんな感じです。 種類 頸 腹部まで 尾羽まで […]

    2019/10/07
  • 両生類用リンゲルの作り方と使い方

    両生類の水 ●両生類は水場と陸場の両方で生存できるために命名されました。両生類の皮膚は乾燥に耐えうるために粘液が分泌すること以外にも水分吸収も行われ、体内に取り込む水分と塩分の量と体外に排泄するものとの動的平衡状態の維持 […]

    2019/09/29
1 2