1. TOP
  2. 4 カエルのQ&A
  3. 専門獣医師が解説する両生類の抗菌ペプチド

専門獣医師が解説する両生類の抗菌ペプチド

 2022/01/23 4 カエルのQ&A この記事は約 3 分で読めます。 3,180 Views

感染防御システム

両生類の生息環境は、水と陸圏にまたがっているため、体の外表面(皮膚)からも全身的に微生物の感染を受け易い環境にいます。しかし、多くの個体では問題なく、健康でいられますが、その理由は微生物に対する防御機構である抗菌ペプチドを皮膚の粘液線から分泌しているからです。皮膚は哺乳類のような被毛や鱗といった物理的な防御を持たないため、自らの皮膚の粘液腺からペプチドを含む粘液を分泌させ、化学的な生体防御システムを発達させています〔Ladram et al.2016,岩室 2017〕。カエルの皮膚の切開手術をした後に再び水に戻しても、感染を起こさないのも、この抗菌ペプチドのおかげです。同一の個体から、それぞれ特性の異なる複数種類の抗菌ペプチドが発見されています〔茂里 2014〕。

なんで両生類はペプチドを備えたの?

抗菌ペプチドは広い範囲の微生物に作用し、これが、ピンポイントで効く抗生物質と大きく異なる点です。両生類は体内の免疫系が弱いために、微生物が侵入する前に防ぐようなシステムを備えました。細菌や真菌だけでなく、ウイルスにも作用するのが特徴です。オタマジャクシから変態して、カエルになると抗菌ペプチドは分泌するようになり、甲状腺ホルモンが深く関与しています〔岩室 2017〕。

抗菌ペプチドの作用は?

抗菌ペプチドはバネのようならせん状構造で、プラスの電荷を帯びています。微生物の細胞膜はマイナスに荷電しているため、両者は引き合います。抗菌ペプチドは微生物の細胞膜膜を突き抜け、穴を開けて死滅させます。甲状腺ホルモンの阻害作用をもつ有害な化学物質が、カエルの抗菌ペプチドの遺伝子発現を阻害すし、ペプチドの効力も落ちる、という報告も出ていますにで、環境破壊によって、カエルの絶滅も懸念されています〔茂里 2014〕。

参考文苑
■Ladram A,Nicolas P.Antimicrobial peptides from frog skin: Biodiversity and therapeutic promises. Front Biosci.Landmark ed,21:1341–1371.2016
■岩室祥一.両生類の抗菌ペプチドとその多機能性、抗菌ペプチドの機能解明と技術利用(長岡功監修.第I編第2章.p15–27.シーエムシー出版.2017
■茂里康.カエルに学ぶ抗菌力.生物工学会誌12.679.2014

\ SNSでシェアしよう! /

カエル情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カエル情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 専門獣医師が解説するカエルと人の関係

  • 専門獣医師が解説するカエルの鳴き声

  • 専門獣医師が解説する両生類の抗菌ペプチド

  • 専門獣医師が解説するカエルのラナウイルス感染症~両生類の新興感染症

関連記事

  • 専門獣医師が解説するオタマジャクシの飼育〔Ver.2〕

  • 専門獣医師が解説するカエルの鳴き声

  • お腹で水を飲む?専門獣医師が解説するカエルのペルビックパッチ

  • ツノガエルってどんな動物?|知らないといけない生態と特徴

  • 専門獣医師が解説するカエルの全身性浮腫症候群~風船病

  • 専門獣医師が解説するカエルと人の関係