1. TOP
  2. 3 カエルの病気
  3. カエルの動きがおかしい・・・|代謝性骨疾患

カエルの動きがおかしい・・・|代謝性骨疾患

 2021/12/15 3 カエルの病気 この記事は約 2 分で読めます。 3,055 Views

カエルの栄養障害です

与えるエサの栄養の不均衡により、骨が変形することがあります。哺乳類で使用さてている病態である栄養性二次性上皮小体機能亢進症、骨軟化症やクル病、骨粗鬆症などの病名が使われています。しかし両生類においての定義が不明確であったり、発生が複雑であるため、これらを全てまとめて 代謝性骨疾患(Metabolic Bone Disease:MBD) と呼ばれています。レントゲン検査で骨が薄くなったり、変形している所見で診断されます。

原因は?

MBD は骨の形成に必要なカルシウムの不足が大きな原因ですが、リンやビタミンDなどの他の栄養要因の欠如も関与します。たいていは、カルシウムが少ないコオロギやワームを主食としている場合が圧倒的に多いです。しかし、カルシウムも単に沢山与えればよいというものでなく、理想的なカルシウムとリンの比率(Ca:P=1.5~2:1 )であって初めてカルシウムが体内に吸収されます。

エサにかけるカルシウムの解説とお薦め商品はコチラ!

症状は?

骨の障害なため、カエルでは成長不良、異常な姿勢、運動失調(きちんと四肢が動かない)という症状が見られますHadfield et al.2005〕。骨が脆弱になるので骨折もしやすくなります。顎の骨も変形するので、よく観察すると顔がややつまった感じになります。血液中のカルシウムレベルが低くなると(低カルシウム血症)、手足の筋肉のケイレン(振戦)や胃腸の動きの停滞(消化管うっ滞)も起こし、食欲と活動性の低下などが見られます。

予防は?

適切なエサを与えることが最もの予防になります。

しっかりと勉強するならぜひ!専門書です

 

アカデミックに勉強してみませんか?

参考文献

■Hadfield CA and Whitaker BR.Amphibian Emergency Medicine and Care.In Seminars in Avian and Exotic Pet Medicine 14(2):70-89.2005

\ SNSでシェアしよう! /

カエル情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カエル情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • カエルの抗菌ペプチド

  • ラナウイルス感染症~両生類の新興感染症

  • カエルツボカビ症~カエルの新興感染症

  • 両生類用生理食塩水・両生類用生リンゲル液の作り方

関連記事

  • 両生類用生理食塩水・両生類用生リンゲル液の作り方

  • カエルの風船病|全身性浮腫症候群

  • 両生類の投薬 | どうやって投薬するのか?

  • ラナウイルス感染症~両生類の新興感染症

  • カエルツボカビ症~カエルの新興感染症

  • 赤肢病レッドレッグス|カエルの細菌性皮膚炎