1. TOP
  2. 4 水ガメのQ&A
  3. カメの目が腫れてきました・・・|ビタミンA欠乏症

カメの目が腫れてきました・・・|ビタミンA欠乏症

4 水ガメのQ&A この記事は約 5 分で読めます。 184 Views
カメのビタミンA欠乏症

目が腫れるってどう言う事?

●水ガメの目が腫れた・・・これは実際は目ではなくて、まぶたやハーダー腺という組織がビタミンA欠乏が原因で腫れている

●多くがビタミンA欠乏症ですが、他にもマブタの外傷、肝不全・腎不全による浮腫、脱皮不全で白い皮膚がくっ付いているということが原因のこともあるので、正確には動物病院で診察をしてもらいましょう。
カメの瞼の外傷 カメの浮腫

ビタミンA欠乏症

●ビタミンA欠乏症は水ガメによく見られる病気のひとつで、次いで半陸生カメにも起こります。ビタミンAは皮膚や粘膜を維持するのに必要な栄養素です。
●ビタミンBとCは水溶性ビタミン、ビタミンA、D、Eは脂溶性ビタミンと分類されます。
●水溶性ビタミンは水にとけやすい特徴があり、長く水につけていると溶け出してしまい、熱に弱いです。しかし、必要以上摂取しても、余分な量はオシッコと一緒に排出されるため過剰症の心配はありません。
●脂溶性ビタミンは水に溶けないので、水の中でも安定し、比較的熱による損失の少ないです。水溶性ビタミンとは違い脂溶性ビタミンは摂取後もしばらくは体内(肝臓や脂肪)に貯蔵され、そのため多量に摂取すると過剰症が起こる可能性がありますす。

なんで起こるの?

●エサのビタミンA不足が主な原因で、水ガメではササミや低品質のペレットなど、ビタミンA含有の少ないエサを与えていることです。
●実際はビタミンAだけの欠乏だけでなく、多くの栄養素も一緒に欠乏している可能性が高いです。

症状は?

●多くの場合は目が腫れて開かなくなる症状で発見されます。まぶたが腫れ、細菌感染をおこしてさらに悪化することもあります。目の症状は片目のことも両目のこともあります。

カメのビタミンA欠乏症

●冬眠前に十分に脂溶性ビタミンが摂取できていないと、冬眠中に消費され、冬眠から覚醒した後に発生しやすくなります。特に幼体のカメに好発します。
●目の症状だけでなく、腸や肺の粘膜が変性し、下痢や肺炎も起こることがあります。皮膚炎やシェル・ロットなども起こりやすくなります。腎臓の細胞も変性して腎不全も起こりえますが、水ガメは常に水を飲んでいるので症状は軽度にすみます。
カメのビタミンA欠乏症
●目が腫れてエサが見えないことはもちろん、下痢や肺炎なども関与して食欲が落ちます。

カメの肺炎

ハーダー腺って何?

●ハーダー腺とは涙腺の一つで、目の内側の第三眼瞼に近くあり、脂質を分泌し、目の潤滑作用があります。ハーダー腺はHarder氏によって報告されたので、その名前が付いています。
●ハーダー腺は腫脹や炎症を起こすだけですが、腫瘍化した報告もありますが、それはまれなことです〔János et al.2009〕。

カメのビタミンA欠乏症

治療はどうするの?

●ビタミンAを内服するか注射で投与します。ビタミンAは過剰投与にならないように、投与量には十分な注意が必要です。二次感染が見られる場合は、抗生物質の点眼や内服、注射なども行ないます。

予防は?

●普段からビタミンAを多く含むエサをとるように心がけましょう。水ガメならミミズやエビなどの動物性食品や高品質のペレットを選ぶようにしましょう。

スペクトラム ブランズ ジャパン テトラ レプトミン スーパー 

 

ビタミンA欠乏症予防フード!嗜好性の高い天然エビを贅沢に配合して赤いペレットになっています。カメに多いビタミンA欠乏症を予防するために必要なビタミンAも十分に配合され、カルシウムとビタミンD3も強化配合により、甲羅や骨も丈夫になります。健康なカメを目指したいならば、最初からこの商品を与えても良いでしょう。短いスティック状で、85gと170gの容量があり、スティックが大きくて長くなったカ310gの商品は大きくなったカメ用になります。

 

●食欲がない時んどは、生のレバーやミミズなど血生臭いエサを食べる傾向がありますので、与えてみて下さい。レバーもミミズもビタミンAが豊富に含まれています。カメの大きさに合わせて、小さく切ってあげると良いです。あっ、レバーは何のレバーでも良いですが、生のままで与えて下さい。

●すでに目が腫れてしまっている場合は、カメ専用の栄養剤などの投与を試みて下さい。

テトラ レプチゾル 50mL

 

目が腫れたらまずはコレを与えて!カメを水槽から出し、口は開けるので、直接口の中に数滴入れてみて!別水槽にカメを入れて水槽にも数滴垂らして混ぜてみて!総合ビタミン剤の液体なので、特別ビタミンAが多く配合されていないので、数滴であれば過剰症にもなりません。

 

コレがポイント!
・水ガメの目が腫れる原因はビタミンA欠乏症が多い
・ビタミンA欠乏症は目だけでなく、腸、肺、腎臓にも影響がでる
・エサのビタミンA不足が主な原因
・冬眠前に十分に脂溶性ビタミンが摂取できていないと冬眠中に消費され、冬眠から覚醒した後に好発する
・実際は目でなく、まぶたやハーダー腺が腫れる

文献

■János Gál,Zoltán Demeter,Elena Alina Palade,Miklós Rusvai,Csaba Géczy.Harderian gland adenocarcinoma in a Florida Red-bellied Turtle ( Pseudemys nelsoni ) Acta Vet Hung57(2).275-281.2009

\ SNSでシェアしよう! /

水ガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

カメのビタミンA欠乏症

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

水ガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 頭の脇が腫れてきました・・・|中耳炎

  • カメの甲羅が白くなりました・・・?|甲羅の脱皮不全

  • 水ガメの甲羅が腐っている・・・?|シェル・ロット

  • 水ガメの皮膚が白いんですけど・・・|皮膚炎?