1. TOP
  2. 3 水ガメの病気
  3. 水ガメのエロモナス菌

水ガメのエロモナス菌

3 水ガメの病気 この記事は約 10 分で読めます。 370 Views

エらい細菌?

エロモナス(Aeromonas)属の細菌は、川や湖沼などの水のある場所の常在菌で、古くから魚類、爬虫類、両生類などの外気温動物(変温動物)に様々な類の感染症を引き起こすことで有名です〔Austin et al.1987,Heywood 1968〕。エロモナス属はグラム陰性の通性嫌気性桿菌からなり、非運動性好冷性のAeromonas salmooicidaと中温性運動性のエロモナス種の 2 つのグループで構成されます。A.salmooicidaは魚類の主要な病原菌で(せっそう病)、20℃程度の比較的低温を好み、高温には弱いという特徴があります。中温を好む運動性のアエロモナス属は変温動物以外にも恒温動物(哺乳類)の感染にも関連し〔Gosling 1995〕、世界中に分布する土着的な水生細菌で、爬虫類においても健康な水ガメは無症状のキャリアになる可能性があり、免疫が低下することで発病をします(日和見感染)〔Kim et al.2013〕。低温飼育や栄養不調などのストレスの多い条件下で、口内炎、肺炎、皮膚炎、敗血症を引き起こす可能性があり〔Kim et al.2013〕、甲羅の感染を起こし、シェルロット(Shell rot)ならびにSCUD(Septicemic cutaneous ulcerative disease:敗血症性皮膚潰瘍性疾患)を引き起こします。しかしながら、世界中ではエロモナス菌によるカメの大きな被害が問題となっています〔Wimalasen et al.1997〕。イタリアでは、捕獲されたカメで A.hydrophila 感染のアウトブレークが発生したり〔Pasquale et al.1994〕、中国でも養殖のスッポンでA.sobrai–A.veronii 複合 感染が深刻な経済的損失をもたらしました〔Chen et al.2013〕。

えっ人にも感染するの?

哺乳類での感染では、主に胃腸炎や創傷感染が起こり〔Janda et al.1988,Washington 1972)、特に人では腸炎をよる下痢が多く〔McCoy et al.2010〕、エロモナス菌の中でも、A.hydrophila および A.sobriaは食中毒原因菌に指定されています(人獣共通感染症)。そして、人ではエンテロトキシンによる敗血症も起こることもあります〔Krovacek et al.1993〕。爬虫類由来の人獣共通感染症はサルモネラ菌感染症が有名ですが、エアエロモナス属の細菌も水生環境に広く分布しており、カメを含む健康な爬虫類から頻繁に分離されていますが、情報は非常に少ないです。人獣共通感染症として人への感染のリスクとして、ペットのカメからのエアロモナス菌を感染することが多く、敗血症まで起こることから、現在、その菌種ならびに潜在的な腸毒性(エンテロトキシン)などの詳細な調査が行われています。

カメの菌種は?

ペットのカメから分離されるのはA.enteropelogenesが最も多く、次いでA. hydrophila という報告〔Wimalasena et al.1994〕、また、カメの糞だけでなく、皮膚や飼育環境から分離されたものでは、A.enteropelogenesが52.9%、A.Hydrophilaが32.4%、A. dharkensisが5.9%、A.veroniiが4.9%、A.caviaeが3.9% という報告もあります〔Wimalasena et al.2017〕。現在 A.trota の同義語と考えられているA. enteropelogenes は、人や水生環境を含む健康な動物からほとんど分離されていませんが〔Huys et al.2002〕、A.hydrophilaA.caviae、および A. veronii は、世界中の水環境から検出されており、その中で A.hydrophila は水生動物の腸管内にも存在する菌種です〔Rathore et al.2005〕。人への感染の可能性が全ての種類であり得えます。そして、エロモナス菌の胃腸炎の病因において、エンテロトキシン因子は、潜在的な病原性を決定します〔Janda et al.2010,Kingombe et al.2010 ,Ottaviani et al.2011〕。Wimalasenaら(2017)の調査では、細菌のエンテロトキシンをコードする遺伝子を検出するための PCR検査では、分離株の 46.1% で遺伝子が陽性、53.9%で陰性でした〔Wimalasena et al.2017〕。つまり半分の菌でエンテロトキシンを産出する可能性があるわけです。

治療は?

基本的に抗生物質を投与をしますが、>エロモナス属の細菌の薬剤耐性菌の増加が報告されています〔Piotrowska et al.2014,Usui et al.2016〕。抗菌剤感受性試験では、分離株が、アモキシシリン、アンピシリン、セファロチン、クロラムフェニコール、およびテトラサイクリンを除く、試験したすべての抗生物質に感受性があった報告もありますが〔Wimalasena et al.2017〕、分離菌種および株によるものなので、それぞれの発生において試験を行った上で抗生物質を投与します。カメの免疫が低下して日和見感染を引き起こした可能性が大きいので、温度設定やライト類、エサの見直しをして下さい。人獣共通感染症でもあるため、爬虫類を触った後は手洗いをして消毒をします。台所や洗面台でカメの水換えや用具を洗わないようにし、水ガメの水槽の水には、エロモナス菌が増殖しているため、毎日しっかり水換えをして清潔を保つようにしましょう。

参考文献

■Austin B,Austin DA.Bacterial fish pathogens:disease in farmed and wild fish.Ellis Horwood Ltd.Chichester.West Sussex.England.1987
■Chen J,Zhu N,Kong L,Zhongyang H.First case of soft shell disease in Chinese soft- shelled turtle (Trionyx sinens) associated with Aeromonas sobria–A.veronii complex.Aquaculture406‐407:62–67.2013
■Gosling PJ.Aeromonas species in disease of animals.In The Genus Aeromonas.Austin B,Altwegg M,Gosling PJ,Joseph SW eds.John Wiley &Sons Ltd.Chichester:p175–196.1995
■Heywood R.Aeromonas infections in snakes.Cornell.Vet58:236-241.1968
■Huys G,Denys R,Swings J.DNA-DNA reassociation and phenotypic data indicate synonymy between Aeromonas enteropelogenes Schubert et al. 1990 and Aeromonas trota Carnahan et al. 1991.Int J Syst Evol Microbiol52:1969-1972.2002
■Janda JM,Abbott SL.The genus Aeromonas:taxonomy,pathogenicity,and infection. Clin. Microbiol.Rev23:35–73.2010
■Janda JM,Duffey PS.Mesophilicaeromonads in human disease:current taxonomy,laboratory identification and infectious disease spectrum.Rev.Infect.Dis10:980-997.1988
■Kim KT,Kwak D.A case of aeromonas hydrophila infection due to captivity-induced stress in a spectacled caiman (Caiman crocodilus).J Anim Plant Sci23:1761‐1763.2013
■Kingombe CI,D’Aoust JY,Huys G,Hofmann L,Rao M,Kwan J.Multiplex PCR method for detection of three Aeromonas enterotoxin genes.Appl.Environ. Microbiol76: 425–433. 2010
■Krovacek K,Conte M,Galderisi P,Morelli G et al.Fatal septicaemia caused by Aeromonas hydrophila in a patient with irrhosis.Comp.Immunol.Microbiol.Infect.Dis16:267-272.1993
■McCoy AJ,Koizumi Y,Toma C,Higa N,Dixit V,Taniguchi S,Tschopp J,Suzuki T.Cytotoxins of the human pathogen Aeromonas hydrophila trigger,via the NLRP3 inflammasome,caspase-1 activation in macrophages.Eur J Immunol40:2797‐2803.2010
■Ottaviani D,Parlani C,Citterio B,Masini L et al.Putative virulence properties of Aeromonas strains isolated from food, environmental and clinical sources in Italy: a comparative study.Int J Food Microbiol144:538-545.2011
■Pasquale V,Baloda SB,Dumontet S,Krovacek K.An outbreak of Aeromonas hydrophila infection in turtles (Pseudemis scrtipta).Appl.Environ.Microbiol60:1678–1680.1994
■Piotrowska M,Popowska M.The prevalence of antibiotic resistance genes among Aeromonas species in aquatic environments.Ann Microbiol64:921–934.2014
■Rathore G,Swaminathan TR,Abidi R,Mahanta PC,Kapoor D.Isolation and characterization of motile aeromonads from aquatic environment. Indian J Fish52: 241‐248.2005
■Usui M,Tagaki C,Fukuda A,Okubo T,Boonla C,Suzuki S,Seki K,Takada H,Tamura Y.Use of Aeromonas spp.as general indicators of antimicrobial susceptibility among bacteria in aquatic environments in Thailand.Front Microbiol7:710–716.2016
■Washington JA.Aeromonas hydrophila in clinical bacteriologic specimens.AnnIntern Med76:611-614.1972
■Wimalasena SHMP,Shin GW,Hossain S,Heo GJ.Potential enterotoxicity and antimicrobial resistance pattern of Aeromonas species isolated from pet turtles and their environment.Appl Environ Microbiol60(5):1678–1680.1994
■Wimalasena SHMP,Shin GW,Hossain S,Heo GJ.Potential enterotoxicity and antimicrobial resistance pattern of Aeromonas species isolated from pet turtles and their environment.J Vet Med Sci79(5):921‐926.2017

\ SNSでシェアしよう! /

水ガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

水ガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カメの代謝性骨疾患(MBD)・・・甲羅が変形していない?

  • 水ガメの手足の潰瘍性皮膚炎

  • 爬虫類のマイコバクテリウム感染症

  • 水ガメの目が腫れてきました・・・ビタミンA欠乏症/ハーダー腺炎(Ver.2)