1. TOP
  2. 2 モルモットの飼育
  3. 専門獣医師が解説するモルモットのペレットの選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト7!

専門獣医師が解説するモルモットのペレットの選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト7!

 2020/03/24 2 モルモットの飼育 この記事は約 6 分で読めます。 17,322 Views

モルモットフードとは

モルモットの栄養学の詳細は分かっていません。しかし、実験動物ではいくつかの栄養成分の推奨値が出ており、ペットにも当てはめてペレットが作られています。

選び方

ビタミンCが配合されているか?

体内でビタミンCを合成できないために、エサから補給する必要性があります。モルモットは体内でビタミンCを合成するL-グロノラクトン・オキシダーゼという酵素を欠乏していることが理由です〔Guide for the Care and Use of laboratory Animal 1985〕。ストレスや病気になるとビタミンCが大量に消費されるために、通常よりも多く与えます。しかし、ビタミンCは熱、光、酸化により劣化しやすい特徴があり、劣化しないビタミンCが配合されているペレットを選びましょう。ペレットのビタミンCが少ない、あるいは劣化が心配な時には、ビタミンCが多い野菜・果物、あるいはビタミンCのサプリメントも補助的に与えます。

ビタミンCサプリメントの選び方とお薦め商品はコチラ!

成分と繊維質を確認!

繊維質はモルモットの腸内細菌叢の維持に不可欠です。腸内細菌叢は繊維質を分解して、消化・発酵に役立ちます。ペレットの粗繊維は約15%以上必要とされていますが〔Slade et al.1069〕、最低10%〔Cheeke 1987〕や9~18%〔田嶋 1970〕など、その見解には幅があります。多くの商品は、ほぼ15%はクリアーしています。粗繊維が少なく、糖質やデンプンが多いペレットだと、腸炎消化管のうっ滞になりやすくなります。脂質が多いと脂肪肝になります。

モルモットの脂肪肝の詳しい解説はコチラ!

ハードタイプかソフトタイプか?

ペレットの粒の硬さによりハードタイプとソフトタイプの2つに分けられます。それぞれ製造方法が異なります。近年はハードタイプとソフトタイプの中間に位置するブルームタイプという製品もあります。ハードタイプとソフトタイプのどちらがよいのかは、モルモット嗜好性と歯の状態で異なりますので、一概に優越が決められません。ハードタイプは粉末の原料を圧縮して固めたもので、歯の伸びすぎを防ぎます。もともと実験動物用に製造されたペレットはハードタイプがほとんどです。

ペレットハードタイプ
高齢のモルモットでは、ハードタイプのペレットは歯へ負担がかかり、また歯にトラブル(不正咬合)を抱えていると、食べれないかもしれません。切歯(前歯)と臼歯(奥歯)も含めて、歯の状態は動物病院で健診を受けて判断して下さい。ハードタイプはソフトタイプよりも熱をかけ過ぎずに加工しているため、配合されたビタミンの変性が少ないです。ソフトタイプは原料に熱をかけて発泡させたものです。原料に熱をかけることでビタミンが変性します。ソフトタイプはハードタイプよりも柔らかくて食べやすいですが、理想のペレットは、モルモットが粒を歯で砕いて原材料の繊維質がボロボロと崩れ、それらを臼歯でよく擦りあわせて食べるような感じの製品になります。つまり、ソフトやハードにとらわれずに、原材料の粗雑な繊維質が多く配合されていることが重要です。

ペレットソフトタイプ  ペレットソフトタイプ

モルモットの年齢で与え分けよう!

モルモットの年齢別のペレットが販売され、幼体および成長期、成体向けの2つのタイプが流通していますが、その切り替えなども正直あいまいです。幼体から成長期用のペレットの多くは、アルファルファミールを主原料にしているため、カロリーとカルシウム値が高く、繊維質はやや低めになっています。成体用のペレットはチモシーを主原料としているためカロリーも低く、繊維質は多く含まれています。

ペレットが劣化しない袋なのか?

ペレットの長期保存は、腐敗したり、酸化する恐れがあります。光ならびに紫外線、熱、そして空気中の酸素と反応して劣化し、成分が変化することでビタミンやミネラル不足になります。もちろん、嗜好性も悪くなり、食べなくなる可能性もあります。さらにペレットが気密なアルミ袋で遮光されていなかったり、小袋タイプになっていないと、いくらビタミンC配合と記載されてれも、必然的にビタミンCは劣化します。早めに食べきるために小袋が理想でしょう。チャック付き、光を通さないアルミ袋、または脱酸素剤を入れたり、小袋にしたり、様々な工夫がされています。ペレットの成分だけでなく、保存を考えているかも確認して下さい。

お勧め商品

第7位フィードワン モルモットフードハードタイプ 1kg

 

ハードタイプで安さ求めるならコレしかない!モルモットの歯に良いカタサのハードタイプのペレットです。長期保存に適した安定性の高いビタミンCを使用し、植物エキスが糞の臭いを吸着してくれます。そしてこの商品めちゃ安いんですよ、お財布に優しい!

第6位 Oxbow エッセンシャル ヤング モルモットフード 2.25kg

幼体ならコレ!主原料がアルファルファなのでカロリーが高く、幼体~6ヶ月齢までのモルモット専用ペレットです。他にも高齢や病気またはストレスの為に体重が減ってきた場合にも小量与えることができます。ビタミンCの含有量も多く配合されています。

第5位 フィードワン 良質素材 モルモットフード 1kg

 

素材重視ならコレ断トツ!チモシーとセルロースで胃内の毛玉球排泄、アルファルファで嗜好性の高め、コエンザイムQ10とプロポリスで健康をサポート、植物抽出液により糞臭を軽減・・・あやゆる角度でモルモットのことを考えて作られました

第4位 サンコー モルモット・プラス 700g

 

味にうるさい美食モルモット向け!良質なチモシー牧草をふんだんに使い、オオバコ・タンポポの粉も配合したソフトタイプのペレットです。サンコーさんの企業秘密なのか、この商品、モルモットがメチャメチャ食べてくれます。安定したビタミンCも配合され、全年齢対象のペレットです。そして袋の中はうれしい分包タイプになっています。

第3位 ハイペット モルモット 300g

不正咬合予防ロングペレット!長い形状の牧草を配合したペレットです。こんな食感、モルモットは経験ないかもしれませんが、よく食べてくれます。安定したビタミンCも配合され、全年齢対象のペレットです。カルシウムが少ない配合なため、尿結石が心配な場合もお薦めです。

第2位 ジェックス モルモットプレミアム シンバイオテックスブレンド600g

 

軟便が気になるならコレ!モルモットの腸内細菌のことを1番に考えて作られました。生きて働く草食動物のプロバイオティクス善玉菌(C‐3102株配合)と善玉菌を増やすプレバイオティクスを配合しました。着色料・保存料無添加のソフトタイプのペレットで、全年齢対象です。モルモットが食べやすい細長い形状をしています。

第1位 イースター モルモットセレクションプロ 600g

病気徹底予防したいならコレ!耐熱性の皮膜で保護された劣化しない高機能ビタミンC、信免疫力をあげるアガリクス・ブラゼイ・ムリル、健胃作用と利尿効果のあるおおばこ・たんぽぽ粉末が配合されています。病気対策を徹底したc嗜好性がよく、モルモットが目を変えてと食べてくれます。脱酸素剤入りで、アルミ袋使用、中は小袋包装されています。

まとめ

モルモットのペレットは商品数がウサギやハムスターなどと比べてまだまだ少ないです。今後モルモットの人気とともにもっと色々な商品が販売されるでしょう。乞うご期待下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

モルモット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モルモット情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • モルモットを幸せで長生きさせるコツ|ハッピーライフ!

  • 専門獣医師が解説するモルモットのビタミンCサプリメントの選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト6!

  • 初めてモルモットを飼う方へ|飼育の心構え!

  • モルモットのおもちゃの解説とネットで買えるお薦め商品はベスト8

  • 警告!モルモットの脂肪肝に注意

  • モルモットの飼育(特別保存版Ver.5)